歯科医院 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 歯科医院

歯科医院

歯科診療所は、患者の収容施設を有しないで、若しくは往診のみによって、又は患者19人以下の収容施設を有して歯科医師が歯科医業を行う事業所を言います。

特性としては、全体の84%が個人になり、診療所の専門分野、立地により受療率や発症率、年齢構成が異なります。需要動向としては、児童・生徒の受信者は横ばいで、高齢者及び矯正歯科の受信が増加傾向にもあります。

歯科の事業計画書作成のポイント

業界の課題としては、都心部を中心に新規開業が増加し、競争の激化は常態化しています。

どのような分野でどのような診療サービスを提供するのかをアピールする事が重要になります。マーケティング戦略を展開し、医療圏内の競合歯科診療所の動向、住民の受信動向、高齢者の動向を調査し、自診療所の強み・弱みを明確にする事から始まります。

保険診療は収益性が低いと言われていますが、技術、情報、信用等、経営資源を総動員して高齢者診療、在宅ケアおよび施設への出張診療、歯周病治療、口腔ケア、自由診療の矯正歯科、人工歯根インプラント、審美歯科などへの取り組みの考察は重要な要素です。

また生産性の向上としては、患者数の増加、診療単価の向上、技術の向上、診療設備の改善、患者サービスの向上、海外旅行者向け相談など、立地・市場の特性に応じて重点的に進める事も重要な要素になります。

その他にも立地条件(対象患者の人の流れを考察)であったり、合同診療所ゾーンの検討、設備環境への配慮、他診療所との差別化、キッズスペースの検討、サービスの拡充として、早朝サービスや夜間診療、土日診療なども考察する点としては挙げられます。

そして地域に愛されるんは絶対的なコミュニケーション能力は必要になります。

小さな子供から高齢者まで万遍なく対応できるコミュニケーションを常に磨く事も重要なポイントになります。競争激化市場でもありますので多岐に渡り綿密に計画する必要があります。

起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備投資をする投資資金、開業準備の必要経費を含めた必要資金から開業資金を計画して、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を考えていきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

計画する事が多岐に渡りますので事前に歯科診療所業界に合わせた事業計画書を事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後も軌道に乗せられるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

当センターでは事業計画書の作成代行や創業融資で独立開業資金、起業資金の資金調達や借入をするための事業計画書作成を専門家がサポートしています。作り方や書き方の方法も無料相談を行っていますのでお気軽にメールやお電話にてお問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く