M&A仲介・斡旋業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > M&A仲介・斡旋業

M&A仲介・斡旋業

M&A仲介・斡旋業は、企業の合併と買収を意味し、具体的な手法としては、株式の取得、企業の合併、会社分割、株式交換・移転、事業譲渡、株式公開買付、第三者割当増資などがあります。

企業間のM&A仲介業務や、M&Aを行おうとする企業へのアドバイザリー業務ならびにその周辺業務を指します。

M&A仲介・斡旋業の事業計画書作成のポイント

主に都市銀行系、地銀系、信金系、証券系、会計事務所系、独立系に分類する事ができます。銀行系の事業者は貸付業務等を通じて取引先と接触する過程で事業戦略の相談を受けることがあり、その手段としてM&Aの活用を提案することから発展してきました。

また会計事務所系の多数存在しますが、後継者不在の企業に年間1件程度の取引斡旋を行っている比較的小規模な事業者が多くあります。

最近の需給動向としては、以前は検討される事は少なかった後継者を外部から取り入れるための中小企業のM&Aも最近は増加傾向にあります。

M&A仲介・斡旋業界の課題としては、中小企業のM&Aの増加に伴って売り手、買い手の双方にとって納得のいく対象企業の評価手法の開発が課題となっています。

主にブランドや引き継ぐ商圏の価値といった無形資産の評価については意見が分かれやすくありますのでその点を踏まえたビジネスプラン作りが重要なポイントにもなり得ます。

有効な譲渡企業の情報を収集し、よい企業とのマッチングを図るかが成約件数増加のための課題となります。またM&Aマーケットの底辺拡大に伴い、銀行・証券等の金融機関がM&A仲介業務をはじめとする投資銀行業務に進出するといった方向性を打ち出すなど多くの事業者が業界に重点を置き、また新規に参入しようとしています。

地方においても中小企業の存続や雇用の確保のためには解決が急がれ、とのツールとしてのM&Aの手法は将来的にも普及していくものと思われます。

また案件獲得の効率化が最大の経営の課題でもありますので、収益向上策を戦略的に考察していく事も重要になります。

M&A仲介・斡旋業の事業を計画するにあたり、その他にも、どのような分野や業種、企業規模が強みなのか、有効な情報収集をするための人的ネットワークの形成、上場企業のM&A、後継者問題のM&A、各種団体等の認定する資格などから報酬設定、セグメントのターゲット層、業界・分野のスペシャリストの確保から売上計画、資金繰りまで様々な観点で計画していく事が必要になります。

起業や創業の場合は、創業動機を考える事、創業計画書の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や必要資金から開業資金を計画する事なども重要です。

計画する事が多岐に渡りますので事前にM&A仲介・斡旋業界に合わせた事業計画書を事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後も軌道に乗せられるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

また事業計画書の作り方や書き方などの方法も無料相談を行っていますのでお気軽にメールやお電話にてお問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く