外国語学校 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 外国語学校

外国語学校

外国語学校は、外国語の種類として、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語、韓国語、インドネシア語、イタリア語、ラテン語、ギリシャ語等、幅広くあります。

また形態は学校法人等の法人か個人事業主に分かれます。

外国語学校の需給動向としては、教養・技能授業関連で、不況においても公教育での取り組み・社会からの要請などもあり、今後の伸長が期待される分野でもあります。

ニーズの多様化としては、国際化が進み、学習希望者は多くいます。英会話だけではなく、ビジネスと結びついた教育等、専門家、質的進化が進んできています。

また語学も英語以外を学習する層も増え、種類、年齢層の広がりとともにニーズの多様化に対応できるか否かもポイントになります。

そして競争も激化していて、少子高齢化の状況でもある事と、成長分野であることから新規参入も予測される事が挙げられます。時代の要請に応える教科、体制、経営努力が重要な要素にもなり得ます。

外国語学校のビジネスプラン

外国語学校のビジネスプランとしては、立地に関しては、大都市で人の出入りが多い駅の近辺か住宅地に近い商店街に多くあります。都市型は広域から生徒を集めて学校法人経営しているパターンが多く、住宅地型は教室経営の個人である事も多いです。

立地に左右されることなくビジネスパーソン向けの出張教授で売上を伸ばしているパターンも見受けられます。

教育水準の設定が重要となり、日常会話ベース、ビジネスに直結する実務ベース、英検等の資格取得ベースによって教育内容やターゲットも大きく変わってきます。

そして経営者自身の人物像、教育方針も重要な要素となります。

また会話コースの場合の初級・中級・上級の・実用のクラス分けや学科の設計も重要なポイントになります。

起業のポイントとしては、生徒の収入がメインとなる事もあり、生徒の確保や定着率を綿密に計画する必要があり、生徒を集めるための広告費やその手法であったり、収支バランス、科別の収入のバランス、収益性も大きく考察するポイントとなり重要な要素です。

事前にコンセプト設定、集客手法、講師人のクオリティー確保等を綿密に計画し、事業計画を作成してからもよりスムーズに経営を展開できるようにしっかりとした準備を進めていきたいものです。

また事業計画書の作り方や書き方など無料相談も行っていますのでお気軽にメールやお電話にてお問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く