ITコーディネータ : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ITコーディネータ

ITコーディネータ

ITコーディネータは、世界に遅れをとっている日本の産業界のIT化を一気に国家戦略として展開するために制定された資格でもあります。

企業のIT化を推進するためにITベンダーと企業の間に立って、適正な情報化をアドバイスするプロフェッショナルとしての意味を持ちます。

他の有資格との併用としての起業・独立が多い職種でもあります。

得意分野が情報系と経営系に偏っているため、それぞれの異なる分野をもつITコーディネーターと協力してコンサルティングを行う事が望ましいとも言われています。

基本的な立ち位置としては、ITと経営を踏まえてのシステム構築の企画作り等が挙げられ、情報セキュリティやIT人材育成支援なども行っていきます。

ITコーディネータの事業計画書作成のポイント

主なITコーディネーターの機能としては、情報システムを基盤として組み込んだ経営戦略を策定を支援する、経営戦略を実現する情報化企画書を作成する、情報化に必要なIT資源の調達を経営戦略企画責任者とともに行い、情報システムの開発および組織への導入時に経営戦略企画責任者の協力者となってマネジメントを行う、運用時にはIT資源および経営活動資金全般における情報の活用度の定期モニタリングする、プロセス上に問題があれば対策を提案するなどが挙げられます。

その中で事業の強みとなるコンテンツを専門特化する事で他社との差別化を図っていきます。

事業のモデルとしては、単発的な支援や顧問契約によるものが中心となります。企業への定期診断、講演、研修を行ったり、執筆活動も収入源になります。

集客としては、人脈等のネットワークを広げ、幅広いビジネスパートナーを確保する必要があります。ホームページの活用した宣伝・セミナー開催等も積極的に行っていく事も重要になります。

継続した事業を考察する場合は、ITの知識のみならず、経営の顧問としてストック型のモデルを確立したり、セミナーや講演などのスポットでのビジネスモデルなども考慮に入れる必要があるため、事前に事業計画を考察し作成していくことも重要な要素になります。

起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備投資をする投資資金、開業準備の必要経費を含めた必要資金から開業資金を計画して、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を考えていきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

計画する事が多岐に渡りますので事前にITコーディネータ業界に合わせた事業計画書を事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後も軌道に乗せられるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

当センターでは事業計画書の作成代行や創業融資で独立開業資金、起業資金の資金調達や借入をするための事業計画書作成を専門家がサポートしています。作り方や書き方の方法も無料相談を行っていますのでお気軽にメールやお電話にてお問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く