コンビニエンスストア : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > コンビニエンスストア

コンビニエンスストア

コンビニエンスストアの事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

事業を開始するに当たり、開業資金・創業資金が必要事業資金を確保したい新規事業を始めたい多角化経営、事業転換したい起業家・経営者・担当者様向けに新規事業の事業計画書作成代行・創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が行います。

融資審査をクリアできるまでの事業計画書、その事業計画書に即した面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行を支援しています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

またコンビニエンスストアの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

コンビニエンスストアの事業計画書作成のポイント

コンビニエンスストアの開業パターンとしては、土地や建物を経営者が用意して開業するケースと、土地や建物を本部が用意して開業するケースがあります。

コンビニエンスストアの最大の特徴としては、FCフランチャイズシステムの導入でもあり、本部と加盟店に商標の使用を許諾、経営指導を行い、一定のロイヤリティを得るシステムであり、現在は統一的なブランドイメージのものでチェーン全体を均一化した運営がなされています。

コンビニエンスストアは30代以下の割合が多くを占めていましたが、少子高齢化が進んでいる事やコンビニエンスストア自体が社会的に認知されてきたことから若年層中心の来店客層が徐々に平準化している傾向にあります。

今後においては、価格に敏感な中高年層・主婦層を取り込む戦略が求められているとも言われています。

業界では5万店が飽和店とされており、遠くない将来において手の届いてしまう水準でもあります。

今後出店が見込まれるのは人口が多く成長余力が残る中心部であり、近年の出店・閉店状況から見ると、成長余力が限られているとも言えます。

他店舗と比較した場合のより分かりやすいコンセプトや差別化、サービスの提供もより重要なポイントにもなりそうです。

コンビニエンスストアの場合、初期の費用としては、本部から融資してもらって経営者になったり、独立支援制度を受けて店長を経てから経営者を目指すケースもあります開業資金として「加盟金」「開業準備金」「商品代金」「研修費用」などを合計して約300万円の資金が必要になります。

店舗を提供してもらう場合で200~500万円程度かかると思っていた方が良いです。

ランニング費用としては、資金が少なくても開業できるプランもありますが、その分のお金は返済しなければならないことを頭に入れて、無理のない経営計画が必要になります。

ただし、土地や建物を用意してもらうタイプはロイヤリティが高いというネックがあったりします。

また資金面のみならず、事業の継続としては、やはり立地条件、ターゲット顧客の人口・人通りの量、競合店の状況などは基本的に重要なポイントになります。

商品仕入れ、店舗内のオペレーション、人材採用・教育等、支援を受けられるものもありますが、最近では各店舗での独自の取り組みなどで売上を増加させている店舗なども見受けられます。

起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備投資をする投資資金、開業準備の必要経費を含めた必要資金から開業資金を計画して、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を考えていきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

計画する事が多岐に渡りますので事前にコンビニエンスストア業界に合わせた事業計画書を事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後も軌道に乗せられるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

コンビニエンスストアの創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるためには事業計画書や創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

そして融資は必要書類を提出してから審査があり、申し込めば必ず受けられるものではありませんので、当センターでは融資を受けるために100時間以上はかかってしまう事業計画の作成と面談対策にかける時間を行政書士と税理士の専門家が協力してその時間を軽減します。

また、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

女性起業家ならではのビジネスモデル作りや開業計画書の起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

融資の相談や開業計画書の作り方や書き方の方法から事業資金の設備資金や運転資金の考え方まで無料相談を行っていますのでお気軽にメールやお電話にてお問い合わせ下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く