日本語学校 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 日本語学校

日本語学校

日本語学校は日本語の学習を主な目的として来日し、滞在する外国人を対象に日本語教育を行う教育機関を言います。

市場としては、日本映画の海外進出やアニメ・マンガ本の普及を契機に世界各地で日本語に対する関心が高まり、年々増加傾向としてあります。

もちろん、日本は将来性があり、また自国との関わりの深いものから興味・関心を抱くケースも多く見受けられます。

業界の課題としては、今後ますます進んでいくグローバリゼーションのなかで、諸外国との人的交流の活発化などから、日本語を学ぶ外国人が一層増加するものと予想され、日本語学校の果たす役割が非常に重要になっています。

政府による教育施設の整備、運営の適正化が求められると同時に個々の学校としても業界の地位向上に努めると共に教育的観点に立って日本語教育の質的向上を図る事が今後の課題でもあります。

一方経営効率という面から見ると、学習者数の確保、すなわち収容可能定員に対する充足率が課題となります。

自校の教育内容の質を高め、学びやすい環境づくりをすることは、外国人同士の情報交換が迅速及び詳細であることからも、口コミによる評判が生徒を呼び込む事にもなります。

今後の市場においても日本では深刻な労働人口の課題を抱えている関係もあるため、現状の情勢を踏まえて考えると市場が一気に変わる可能性もある分野でもあります。

日本語学校のビジネスプランととしては、入学時の現金収入がほとんどになり、収容定員に対する充足率が運絵のすべての元になります。

市場としては伸びている関係もあり、生徒数の確保も行いやすい点はあるものの、やはり他校との差別化、優位性を直近の未来と紐づけてどこまで確立出来るかも重要な要素となり得ます。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く