新規事業を実施する上での業務提携・事業提携の重要性 

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 新規事業 > 新規事業を実施する上での業務提携・事業提携の重要性 

新規事業を実施する上での業務提携・事業提携の重要性 

これから新規事業の立ち上げを検討するに当たって、他社との業務提携・事業提携は1度検討するべき重要事項と言えます。

業務提携・事業提携を実施する事で様々な効果・メリットが生まれる事もよくあります。

新規事業を実施する上での業務提携・事業提携の重要性

業務提携・事業提携はなぜ行われるのか

基本的に自社で完結するもの、完結を見込めるものであれば、業務提携・事業提携は必要がないものと考えられます。

ですが、新規事業ともなると、大抵は新たな分野、業種・業界に参入する形になりますので自社の強みや特徴だけではスピード感持って事業展開をするのが難しい事もよくあります。

特に自社の課題(弱みやウィークポイント)や業界課題に対して自社のリソースだけではカバーリング・事業の継続が難しくなる事がよくあります。

業務提携・事業提携のメリット

そもそも自社だけでは到底難しい・業務が回らないポイントであれば明確ですが、それだけではなく、自社だけではカバーリングが難しい業界課題等は見えずらく、実際に事業が走り出してから見えてくる事もよくあります。

その点を自社だけでカバーリングしようとすると、そのための商品・サービス開発や、人件費の投下等のコストも必要になります。

そして、その分野のスキルや習熟度を上げるまでにも時間が必要となります。

また新たなコストの投下ともなると、新規事業自体、ある意味コスト面のリスクが高くなるにも関わらず、更に固定費を上げる形になってしまう事からコスト面のリスクが更に高まってしまいます。

上記のようにスピード感持って展開出来、コスト面のリスクも最小限に抑えられる事から大きな効果・メリットがあると言えます。

「誰」と業務提携・事業提携するのか

一番身近なところでは、関係取引先、知り合いの企業等で連携が取れるのであれば、気心知れた関係でもあるのでコミュニケーションも取りやすい点はあります。

ですが、新規事業を展開するにあたって必要な技術・ノウハウ・サービスを持っているわけでもない場合もあります。

そういった場合は、取引先・提携先候補として、その分野に対する強みや特徴を持っている新規の企業を探して提携する事で、高い効果性が見込める事があります。

新規で提携するからこそ、最初から相手企業から全ての信用を勝ち取れるわけではないため、新規で展開する事業内容を第三者の目で評価を受ける機会になったり、一定の距離感があるからこそ妥協や譲り合いはなしに、新規事業を本当の意味でブラッシュアップしていく事が可能にもなります。

新規事業へのスタンスが重要

関係取引先・知り合いで実施する場合や新規で業務提携・事業提携する場合の双方においてどちらも最も重要なのがその新規事業を本気で展開していく「スタンス」が挙げられます。

これがない事にはいくらビジネスモデルや事業プランが評価できるものであったとしても、いつ始めるのかが不透明な場合、信用・信頼に欠けるものとなりますので本来協力を得られるものも得られなくなってしまいます。

アイデアベースから始まるものも多くありますので、すべての新規事業において「期日」を切るのは難しいものの、新規事業を立ち上げる理由を明確にし、コミュニケーションを重ねる度に「期日」が見えてくるように話を進めていく事が出来れば、業務提携・事業提携企業からも信用・信頼も得られ、本当に素晴らしい新規事業の立ち上げを実施する事も可能となります。

>>次のページ
『 新規事業の事業計画書の作成代行

 

一緒に読まれている記事ランキング

日本政策金融公庫の融資
事業計画の起業の動機
期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方
起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可・認可

新規事業の営業許可はこれから立ち上げる事業内容に応じて許可・認可の申請が必要になる事もあります。

営業許可・認可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

契約書

業務委託契約書を始めとする各取引先との契約で注意すべき点を踏まえた契約書の作成代行も支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く