新規事業で誰と何を立ち上げるのか

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 新規事業 > 新規事業で誰と何を立ち上げるのか

新規事業で誰と何を立ち上げるのか

新規事業を始めるに当たって、「誰」と「何」を初めていくかを検討する場面は往々にしてあります。

誰であれば、自分が展開したい新規事業が出来るのか?または、どのような新規事業であれば、事業パートナーと一緒に出来るのか?を考えていく事によって展開する新規事業内容も大きく変わる事もありますし、事業継続にも大きく影響を与えます。

新規事業を立ち上げる時に誰と何をやるのか

新規事業内容を決めるのが先に

大抵は、やはり「新規事業」が先に来る事が多くなります。

事業は当然、「人」ありきであるものの、事業パートナー優先で事業を考えると、その「人」の限界を超えたビジネスが出来なくなってしまいます。

また事業は「タイミング」でもあるため、仕掛けられる機会・チャンスもいつでもあるわけではありません。

その事からも事業パートナーのポテンシャル以上のパフォーマンスを発揮してもらう上でも、事業機会・チャンスをより確実に形にしていくにも、新規事業内容を先行で考える事で、結果的に事業パートナーにも協力が得られ、事業の継続にもつながります。

どのような事業パートナーを選ぶのか

新規事業内容が固まれば、今度はどの事業パートナーを選択するかが重要な要素となります。

・最も信頼のおけるパートナーの協力を得る

・前職つながりや紹介でパートナーを見つける

・新規で採用活動をする

その他にも様々な方向性はありますが、大枠では上記3つに集約されていくと考えられます。

一番理想であるのは、最も信頼のおけるパートナーの協力を得る事かもしれません。

ですが、そのパートナーはその新規事業に対して大きな影響力(パフォーマンス)を発揮してくれるのかどうかを考える必要があります。

特に立ち上げメンバーともなると、事業の中核を担う事にもなりますので、そのパートナーがパフォーマンスを発揮できるかどうかを重点的に検討する必要があります。もしかすると他の適材適所で活躍してくれるポジションもあるかもしれません。

次に「前職つながりや紹介でパートナーを見つける」事も往々にしてよくあります。それは展開していく新規事業がこれまでの仕事や業務に対して深く関わっている事が多い事が挙げられます。

この場合は、最も信頼のおける事業パートナーと比較しても、距離感があるため、事業の中核を担う人材と言うよりは、適材適所で最大のパフォーマンスを発揮してくれる人材に該当する事が多いようです。

ですが、今後の事業の方向性、ビジョンをしっかりと理解してもらえるように何度もコミュニケーションを取る事で最も信頼できる事業パートナーにも十分なり得ます。

最後に「新規の採用活動」による事業パートナー探しですが、ここは慎重に検討する事が求められます。

これまでに一緒に仕事をした事がない場合だと、事業を始めてから思ってもみなかったところで課題が生じる可能性もあります。特に新規事業の場合だと、成功確率も幾分かは低下してしまうのが現状のため、尚更慎重に事を運んでいきたいところです。

新規で採用する場合では、最初から新規事業でスタートするよりも、まずはトライアル期間等を設けて、今後の展開を考察する事も検討したい点になります。

事業パートナー選びはよく考える

このように新規事業を展開するに当たって、どのパートナーと組んでやっていくのかを考える事が重要となるものの、その時々の環境等もありますので、全て理想通りにはいきません。

ですが、「人」で妥協する事はあまり得策ではありません。

中には事業を早く展開した気持ちが先行して、人の部分を置き去りにする事もしばしば見受けられます。

事業の成功・継続は人にある事も重々理解した上で新規事業を展開していきたいものです。

代表者自身も運営・現場に関わる

稀に、新規事業を展開するに当たって、全てを立ち上げメンバーや従業員に任せて、その代表者自身は実質何もしないという形態を見る事があります。

絶対ダメとは言えませんが、代表となる事業責任者が全てを掌握しなければ継続できる新規事業も継続出来なくなってしまいます。

可能な限り、代表でも事業の運営、現場、実務に関わる事で、その後に必ず必要となる「適切な意思決定」ができる環境を作り上げる事も重要な要素と言えます。

>>次のページ
『 新規事業を立ち上げる時の課題

一緒に読まれている記事ランキング

日本政策金融公庫の融資
起業の動機
創業融資・事業計画書作成代行サポート料金
成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方
起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート
新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

既存業種・異業種からの新規参入などの新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可・認可

新規事業の営業許可はこれから立ち上げる事業内容に応じて許可・認可の申請が必要になる事もあります。

営業許可・認可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

契約書

業務委託契約書を始めとする各取引先との契約で注意すべき点を踏まえた契約書の作成代行も支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く