幼稚園 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 幼稚園

幼稚園

幼稚園の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

これから事業を始めるにあたり、「開業資金や創業資金が必要」起業後の事業資金をより多く確保したい」起業家・経営者様向けに、日本政策金融公庫・信用保証協会(銀行融資)から創業融資を受けるためのフルサポートを創業融資専門家の行政書士・税理士が対応します。

また、「後継者の事業承継や新規事業を展開したい」多角化経営・事業転換を検討している」起業家・経営者・担当者様向けに応じて資金調達のアドバイスも含めた新規事業の事業計画書作成代行にも対応しています。

創業融資審査をクリアできるまでの事業計画書・創業計画書、面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行、事業承継診断・事業承継計画書の作成代行と幅広くサポートさせていただいています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

また幼稚園の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

幼稚園の事業計画書作成のポイント

最初に幼稚園事業計画書を作成するにあたり、開業計画書を考える4つの視点を検討し、資金面では、開業時の必要な資金を考えておく事で事業計画書作成のポイントを少しずつ理解していく事が可能となります。

事業計画書の意味

幼稚園は、学校法人と個人経営に大別され、学校法人であれば、私学振興法に基づく公費補助が受けられます。

また学校教育法の幼稚園設置基準を準拠しているかも大事な要素です。

幼稚園は公共的な性格が強く、学校教育法、幼稚園設置基準、法律・行政面から設立や運営上のさまざまな制約があります。

また経営上の大きな特徴としては、収入と支出の金額と時期がだいたい決まっている事も挙げられます。

業界の動向としては、出生率の低下を反映して園児数が減少傾向ではありますが、満3歳児の受け入れと幼稚園教育の3年間に対する認識の高まり、そして設置者間の競争激化が要因の1つとされています。

幼稚園のビジネスプランとして、業界の課題としては、出生児の減少もありますが、ベテラン教員の不足も挙げられています。

今後の展望としては、私立幼稚園経営の成否は170人以上の園児数を確保できるかどうかと言われていますが、安易な入園許可は結果的には園児減につながることも多くあり、入園案内、園児募集要綱の体裁・内容を充実させ、地域での幼児の友達関係、母親の交友関係などを考慮した募集活動の実施、また募集時期を地区によって統一するなどして、保護者への便宜を図る事も必要な要素と言われています。

やみくもに入園料、保育料を下げて園児数を増やすのではなく、いかにしたら幼児教育機関として十分な使命を果たせるのかという観点から園児納入金の金額を考察する事が重要です。

そのため、金額を質で上回る教育を行っていくことがこれからの私立幼稚園の役目でもあり課題として挙げられます。

その他、入園料、保育料等が保護者の所得水準からして妥当性があるもので設定する事が必要となり、経費科目においては、人件費等の計画も適正さが求められます。

起業のポイントとしては、施設設備の中長期経営計画が必須の業界であり、資金面と短期資金での計画も重要な要素です。

また地域の保護者の所得水準、人件費・経費とのバランスを考察するマーケティング要素も重要です。

父母のニーズ、地域制を踏まえた教育内容が完備されていることも大事な要素ですし、園児の発育段階を十分考慮もされているかも重要な要素となります。

そして公共性が強いため、地域社会、家庭や小学校との連携も適切さも考える必要があり、他との優位性や競争力も兼ね備える事が重要でもあります。

起業や独立開業の場合は、創業動機となる起業の動機を考える事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を踏まえて開業資金を計画していきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

新規事業を始めるためには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

ですが、イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいなままである事も多くあります。

また第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書が必要となります。

事業計画書の定性面と定量面の根拠

事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面の根拠不足や定量面の根拠不足である事業計画書の多くの問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点を作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

認可外保育施設から認可保育園への移行に必要な事業計画書作成もサポート!
一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  事業計画書作成代行のサポート
  創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート
新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
学生支援 100万 400万 創業融資
就活支援 100万 450万 創業融資
保育所 認可保育園 行政向け
園児支援 出資者向け プレゼン資料
保育所 保育施設増設 理事会向け
事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるにあたり、事業の立ち上げ資金と事業開始後に赤字から黒字にするまでの経費や生活費を検討する必要があります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ、事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

事業推進のための後継者や事業承継における「事業承継融資」

事業を引き継いでから新たなサービス・新規事業を展開するための設備資金・運転資金が必要になった、親族や親族外の承継における株式買取りで資金が必要である、などの事業承継前・事業承継後において活用できる融資制度があります。

事業を円滑に且つスピード感持って展開するために、新たな資金調達を実施し、更なる事業の推進を実現する事が可能です。

後継者・事業承継融資支援パック

融資を受けるためには

起業、創業期、事業承継、新規事業展開において融資を受けるために創業計画書事業計画書の作成と担当者との面談が必要です。

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業、多角化経営、事業転換、社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成にも幅広くサポートしています。
特に異業種からの新規参入の場合は、市場マーケットやビジネスモデルなど事前に確認する事も多くあるかと思いますが、様々な業種・業界の経験豊富な事業計画書作成の専門家が効率良く支援します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く