開業資金の借り入れ : 資金について

ホーム > 資金について > 開業資金の借り入れ

開業資金の借り入れ

開業資金の借り入れの検討を始めるに当たって、

店舗取得費用が足りない

内装・改装費用が足りない

仕入れに必要な費用が足りない

・事業開始後の広告費用が足りない

・従業員の人件費が足りない

当面の生活費を確保したい

など様々な理由があります。
また同じビジネスモデルであっても開業場所や立地条件によっても必要な資金が足りなくなる事もあります。

開業資金としては、業種や開業地域によっても違いはありますが、一般的には初期の費用(イニシャルコスト)で必要になる費用と事業開始後の毎月の費用(ランニングコスト)と、開業資金とは別にご自身の生活費約6~7ヶ月分を計画する事が多くありますが、初期の費用や毎月の費用の優先順位や最低限の費用はなんとか捻出できる計画であっても開業資金としては十分に確保しておきたいものです。

開業資金はコツコツ貯蓄してきた自己資金でカバーリングできれば問題はありませんが、自己資金では足りず、開業資金を自己資金以外で確保して事業をスタートされる事も一般的でもあります。

最も多く考えられる、利用されるものとしては、公的金融機関による借り入れである「創業融資制度」を活用する事例が多くあります。
公的金融機関としては、

・日本政策金融公庫

・信用保証協会

などが挙げられます。
各それぞれ制度の内容や借り入れできる融資額、条件等が異なりますが、創業支援としての開業資金の借り入れに対して、積極的に対応している公的金融機関となります。

当センターのホームページ内にも日本政策金融公庫と信用保証協会についてご紹介もしておりますので参考にご確認下さい。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く