創業融資を受けるためには何が必要ですか?

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > > 創業融資を受けるためには何が必要ですか?

創業融資を受けるためには何が必要ですか?

融資申込書などの他に、事業計画書(創業計画書)と担当者との面談が必要です。
相談に行ってすぐに融資を受けられないのでご注意下さい。
また創業計画書もひな形、フォーマットに沿って記載すれば良いというものでもありません
事業の中核を構成する点や事業が成功する根拠を様々な観点から導き出す計画書が必要です。
また担当者との面談もこの創業計画書ベースに進められます。
特別なプレゼン能力が必要ではありませんが、やはり抑えておきたいポイントが多々あります。

融資を受けるための創業計画書ともなると作成に多くの時間が必要となりますが、当センターでは、作成にかかる時間の軽減及び面談対策もご対応させていただいています。
作成にかかる時間をより開業後の黒字経営につなげるためのプラン作成、行動、準備に対して時間を使っていただきたいと思います。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く