美容室を開業する時に把握しておきたい開業資金の内訳

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 資金調達 > 美容室を開業する時に把握しておきたい開業資金の内訳

美容室を開業する時に把握しておきたい開業資金の内訳

事業計画書を作成していく過程で、美容室の店舗をオープンするまでに必要な資金と店舗開業後で必要となる資金を合計したものが美容室の開業資金となります。

美容室の開業資金を考える場合、事業計画に合わせて計画する事が必要となります。

美容室の店舗の広さと家賃の考え方

店舗:○○坪
※セット面、シャンプー台の数は坪数によって変わります。

家賃:坪単価×坪数
※事務所や店舗などの家賃計算は坪単価で考えるのが一般的

美容室の開業資金

【店舗オープンまでの開業資金の内訳】

・店舗取得費用:保証金など(家賃の10カ月分程)
※店舗取得するにあたって一括して前払いするコスト

・仲介手数料:不動産屋などに支払うコスト
※大抵は家賃一ヶ月分の費用

・造作譲渡費用:前賃貸者・所有者に設備を譲り受ける際に支払うコスト
※居抜き店舗は一般的に造作譲渡費用が考慮する必要あり

・店舗の前家賃:基本当月分と翌月分の先払いが必要
※計画時に前家賃の計画の漏れがある場合が多い

・内装工事費:内装関連や水回り関連などのコスト
※店舗の状況やこだわりにより大きく変わり、一般的には坪単位、㎡単位で概算見積もりで計画

・設計費:内装のデザイン・設計を依頼した場合に設計士に支払うコスト
※内装設計は材料やその工賃のみではない

・営業許認可費用:理容所・美容所開設に必要な申請等に必要な資金
※理容師・美容師免許、理容所または美容所の検査手数料、管理理容師・管理美容師の届出など都道府県で変わります。

・看板費用:看板などの制作・設置コスト

・設備費:美容機器、美容器具、事務などで使用するコスト
※パソコンなど

・備品費:業務用資材などに必要なコスト

・販促費:店舗開業までに使用する販売を促進するためのコスト
※プレオープン、開業前のちらし代など

・仕入れ費:材料などのコスト

・コンサルタント費用:開業支援等を利用する場合のコスト

・求人広告費:スタッフを採用する場合の求人コスト

美容室の開業資金は店舗オープン後の必要資金よりも店舗オープンするまでの資金の比重が大きくなる傾向があります。

ただし、店舗規模(席数、シャンプー台の数など)で店舗オープンまでに必要となる資金が変わりますので、事業規模に応じて開業資金を計画する事になります。

美容室の店舗オープンまでの必要資金から事業計画書を計画する

美容院・美容室の場合は飲食店等に比べると開業資金が高くなる傾向があります。

店舗内装のこだわりや、美容機器の使用、水回りや電気系統の工事費などが上乗せ費用になっていきます。

また場合によってはコンサルタント等への謝礼金なども考察する必要もあります。

そういった美容室の店舗オープンまでに必要な資金を概算でイメージしていくと、その後の事業内容の計画も、よりスムーズに進める事が出来るようになります。

もちろん開業資金全体を考える場合は、開業後の運転資金の必要額も考えて合計して最終的には開業資金として計画していきます。

事業計画書の作成では、事業内容など「定性面」とお金などの「定量面」を並行して考えていく事が必要となります。

そして、事業計画内容全てにおいて一貫性や根拠が必要となりますので開業までのスケジュールから逆算しながら作成を進める事も重要です。

一緒に読まれている記事ランキング

①  美容院 美容室の創業融資の創業支援
  日本政策金融公庫の融資
  期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
  起業家の開業資金の資金調達パターン
  創業融資の融資限度額の参考

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く