女性の起業家が知っておきたい女性の創業の課題について

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 女性の起業 > 女性の起業家が知っておきたい女性の創業の課題について

女性の起業家が知っておきたい女性の創業の課題について

女性の創業時に当たっては、ビジネスプランや事業計画を作成する事以外にも様々な課題が見受けられます。

特に女性ならではの課題を知り、対策を取る事でより現実的なビジネスプランを作り上げていく事が可能です。

人の課題

起業してからどの段階においても「人・物・金」の問題は取り上げられますが、起業時においても「人」の問題も多くあります。

とりあえず開業・起業のタイミングに間に合わせるように人の採用計画を作って行動していきますが、思うような人が採用できなければ、そのタイミングに合う人を採用してしまう「妥協」をしてしまう事もあります。

一期一会の考え方もありますので、一概にそれが悪いと言っているわけではありませんが、やはり、自分の理念であったり、方向性に合った人を採用する事が重要な要素になります。

事業が順調であったり、コミュニケーションが取れている時は問題にはなににくいですが、事業が思うような方向に進まなかったり、コミュニケーションを取る時間や回数が少なくなるとどうしても、ぶつかってしまったり、自分には違う事を考え始めたりすると、「溝」ができてしまう傾向が多く見受けられます。

そのような時でも理念や方向性に十分理解をしてくれている人であれば、乗り越えられますが、そうでない場合は乗り越えるのに時間が多く使ったり、最悪の場合はその人が辞めてしまう事にもなりかねません。

いくら雇用の関係が絶対であっても、「溝」ができてまま仕事をするのはお互い気分良いものでもありませんし、雇われる側も仕事に求めるものはお金だけではありませんので、その他の要素は必ず求めます。

特に起業時・創業時は苦しい局面も多く訪れる事も多いため、是非人の採用については十分検討が必要になってきます。

自分の理念や方向性を理解してくれる人は身近にいたり、また同じ職場、仕事をしてきた人が多い傾向にもあります。

体調の課題

創業前に事業のリスクヘッジや、「あれも一緒にやってみたい」という事で、2つの事業を並行して事業を開始するパターンも見受けられます。

それはそれで事業がうまく回れば問題ないですが、事業の経験がない、もしくは、2つ事業の柱を作ってしまったがために、どちらも深堀できていない事業プランになってしまっているがために事業を開始してから、軌道修正の連続が続く場合があります。

始めたらからには2つとも成功させたい、課題を改善したいという想いもあいまって、毎日夜遅くまで改善案を考えたり、準備に時間を取られたりと、生活のリズムが変わって、無理した結果、体調を崩してしまう事もあります。

気持ちは多いに理解できますが、体は資本でもありますし、変わりは効きません。

それこそどちらとも中途半端になってしまっては、改善のスピードも遅れます。

2つの事業はリスクであるというわけではなく、2つするのであれば、それぞれの事業計画をしっかり作り込む事、そして、その相互の関係性を考えて、無理なくスケジュールをこなす事ができる、実現可能な計画を立てる必要性があるということです。

また目先の売上を追って行くことはとても重要な事ですが、まずはできる範囲から達成していく事で一つ一つの課題を修正し、結果的に成果を生み出す事もできるようにもなります。

起業前の事業計画が重要な要素にもなりますが、目先だけではなく先を見据えてしっかりと計画を立てていきたいものです。

>>次のページ
『 女性起業家が創業時にやっておきたい事

 

一緒に読まれている関連記事ランキング

30代前半での起業と創業融資
期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
日本政策金融公庫の融資
新規事業の事業計画書の作成代行
男性起業家より女性起業家の方がよくある傾向

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く