起業時の事業資金の資金調達において必要なこと : 事業計画書

ホーム > 事業計画書 > 起業時の事業資金の資金調達において必要なこと

起業時の事業資金の資金調達において必要なこと

起業時の資金集めや資金調達はビジネスプランと資金計画だけでは、うまく集まらない事も多くあります。

それは計画内容そのものというよりもその他に要因があったりします。

起業時の資金調達において重要なこと

もちろん事業を展開していく根拠として、相手に説明するものとしては重要となりますが、何よりも起業家の強い「姿勢」が重要となります。

出資をしてくれる方や金融機関はそうは言っても、様々な起業家を見てきてらっしゃいますし、どのような起業家が本当に事業で成功するという傾向も理解されてらっしゃいます。

事業を成功させていける起業家というのは、共通して、事業を成功・継続させていく強い意志も持ってらっしゃいます。

これは事業が上手く言っている時というよりも、事業が仮に計画していた通りに売上が立たない、赤字になってしまった場合や想定外の出来事や困難な壁にぶち当たった時に乗り越えていける「源」になる部分です。

赤字経営が続くと、先々の事を考えて、「多くの借金を抱える前に撤退しよう」とリスクを回避する方向に動いたりします。

しかし強い意志がある起業家はそういった場合でも諦めずに取り組みを継続したり、またそうならないように事前に取り組みを行って事業を継続していく事ができます。

また想定外の出来事や困難な壁にぶち当たっても、強い意志で諦めずに課題を解決する事ができます。

事業を始めてから後天的に身に付く事もありますが、大抵は事業開始前でもその強い意志は備わっているものです。

イマイチその強い意志をご自身の中で確認出来ない場合は、一度事業内容の見直しや本当にそういった壁にぶつかった時をシュミレーションして見ると自分の足りない部分も見えてきます。

その足りない部分が自分で見つける事が出来れば、それを解決する努力や取り組みは必要です。

その取り組みの繰り返しがご自身の「強い意志」に変わっていくはずです。

その強い意志が備われば、起業時の資金集めにも多いに役立ってくれるものとなりますし、事業を開始してからも大きな力となって継続的に力を貸してもらえる事にもつながります。

今一度資金集めや資金調達する場合には「強い意志」のメンタル面からも確認してみて下さい。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く