老人ホーム : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 老人ホーム

老人ホーム

老人ホームは団塊世代の高齢化に伴い、特別養護老人ホームの伸びの鈍化をカバーしながらも今後も有料老人ホーム市場は拡大していく事が考えられます。

有料老人ホームの事業計画書作成のポイント

高齢者人口の増加による高齢社会が進展する中で介護老人福祉施設への入所待機者は40万人を超していると言われていますが、需要に見合った施設の整備が遅れています。

さらに供給側では介護スタッフが不足気味でもあります。

今後は民間事業の有料老人ホームは高齢者の様々なニーズに対応するためにもその経営は社会的にも重要な位置を占める事になると予測されています。

老人ホームの入居金、月額の資金としては、利用者が入居時に入居一時金を支払って個室や共有部分の修身利用権を取得する利用権方式が多くあり、入居金は自宅の売却、不動産売却、預貯金の取り崩し、有価証券の売却等が当てられ、月額費用は年金などが当てられています。

また入居を考える理由としては、介護の世話を子供に迷惑をかけたくない、子は子、親は親、日常生活のサポートが受けられるなどのニーズが多くあります。

老人ホームで問題となるのが、部屋の個室化などのプライバシーが守られていない、居室が狭い、夜間に人が配置されていない、廊下が狭く、車椅子の移動に支障をきたす、行動制限はやむをえない場合に限定していない、記録の保存がされていない、などが挙げられています。

環境面も事前にしっかりと計画したいものです。

有料老人ホームの事業を計画するに当たって、その他にも立地条件、施設・設備面の適正化、入居者ニーズに適したサービス、専門性、従業員の確保、教育から資金計画まで幅広く準備をしていく事が必要となります。

また法令等の行政の取り組みに応じて市場が大きく変わっていく事もありますので、企業や行政とのネットワーク化・提携、顧客の必要なサービス、ニーズ、情報収集を行いサービスを展開していく事であったり、利用者のみならずその家族ともコミュニケーションを取る仕組みを作り、利用者ニーズを更に汲み取りサービスの向上を自律的に行えるシステムを確立する事も重要な要素となります。

今後拡大が予想される市場ではありますが、そのニーズに合わせた適切な事業を展開する事が必要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための事業計画書の作成代行支援を行っています。

事業の成功者が活用している「創業融資」

老人ホームの創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

老人ホームの事業計画書の作成代行

老人ホームの事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

老人ホームの事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く