住宅ローンは事業用経費として計上できるのでしょうか?(大阪府大阪市)

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > お客様の声 > 住宅ローンは事業用経費として計上できるのでしょうか?(大阪府大阪市)

住宅ローンは事業用経費として計上できるのでしょうか?(大阪府大阪市)

ご質問内容 住宅ローンは事業用経費として計上できるのでしょうか?

事業計画書、収支計画書を作成する場合に「事業用の経費の内訳」を必ず盛り込んでいきますが、住宅ローンなど、支出がある場合に経費にしてもよいのかがあいまいな場合があります。

また自宅開業や事業用として1室を利用する場合は、「事業用としても良いのか?」という疑問も出てきます。

回答 自宅を事業用として使用していても全てを経費にする事は出来ません。

完全に居住のみであると、事業と無関係となりますので経費にする事は出来ないと考えます。

事業用として使用している場合は、一部事業用の経費とする考え方は可能です。

ご質問内容 一部とはどのような費用でしょうか?

住宅ローンのみならず、自宅を事業用として利用する場合は、その住宅に関連する費用を支払っていますが、どのような費用が該当するのかがわからない事も多くあります。

回答 住宅ローンの金利分、固定資産税、減価償却費分、火災・地震保険分などが該当すると考えられます。

事業用として使用している場合は、事業用として使用している割合算出して、住宅ローンの金利分、固定資産税、減価償却費分、火災・地震保険分から事業用経費とする考え方は可能です。

ご質問内容 電気代や水道代も経費にできるのでしょうか?

自宅に関わる支払いでは、電気代、電話代、水道代なども支払いが発生しますので、それらの費用も該当するのかと考える事ができます。

回答 事業との関連性を考えて事業割合から算出します。

別で事務所や店舗を借りている場合にそこで発生する電気代、電話代、水道代などは事業用経費として該当しますので、同じような考え方で事業用として利用する割合で事業用の経費として該当させられる事が考えられます。

事業との関連性を良く考えて経費に計上する事が必要になります。

>>次のページ
収益モデルやビジネスモデルはどのように作成するのでしょうか? 

一緒に読まれている記事ランキング

不動産物件の決定前に創業融資の事業計画書作成の依頼は可能でしょうか?
会社設立後や2年目で創業融資は可能なのでしょうか?
創業融資・事業計画書作成代行サポート料金
新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
従業員を増やすための融資は可能なのでしょうか?

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート
新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く