収益モデルやビジネスモデルはどのように作成するのでしょうか?(東京都渋谷区)

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > お客様の声 > 収益モデルやビジネスモデルはどのように作成するのでしょうか?(東京都渋谷区)

収益モデルやビジネスモデルはどのように作成するのでしょうか?(東京都渋谷区)

ご質問内容 収益モデルやビジネスモデルはどう作成するのでしょうか?

事業計画を作成する場合に必ず盛り込む内容で、「収益モデル」「ビジネスモデル」があります。

日常で使ったりする言葉ではありますが、「収益モデルやビジネスモデルの作成」と言われるとあまりピンと来ない場合も多くあります。

回答 基本的には可視化(図解)する

「収益モデル」「ビジネスモデル」は売上や収益を得る流れの構造と言われますが、構造と言われてもなかなかピンときません。

そのため「図で説明・補足する」という認識を持っていただければ、イメージも湧いてくると思います。

ご質問内容 図で説明するとはどのような事でしょうか?

今まで企画書や提案書などをあまり作った事がない場合は、図で説明するといってもどのように説明すれば良いのかまだ、ピンとこないかと思います。

回答 ○、□、矢印などを使います。

売上や収益の流れを説明・補足するものになりますので、○や□の中に文章を記載して、矢印を用いて作成していきます。

インターネットで「収益モデル」「ビジネスモデル」のキーワードで画像検索すると「あー、見た事ある!」となると思います。

ご質問内容 具体的にどのように作成するのでしょうか?

イメージや雰囲気が理解出来ても実際、自分の事業プランで作成すると考えるとどのように作成していけば良いのかがまだピンと来ない場合も多くあります。

回答 お金の流れ、動きを中心に作成します。

収益モデル=ビジネスモデルはどのように売上や収益を得るかの流れになりますので、誰からどのような手段で売上になるのか、収益を得るのかを整理して○や□や矢印を用いて作成していくと、どのように作成すれば良いのかが見えてきます。

下書きからでも構いませんので、どんどん図解して収益モデル、ビジネスモデルの作成を進めていただければと思います。

>>次のページ
『 事業の継続性はどのように考えるのでしょうか?

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く