パン屋・ベーカリーショップ : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > パン屋・ベーカリーショップ

パン屋・ベーカリーショップ

パン屋・ベーカリーショップの事業計画書や創業融資の創業計画書や補助金の申請を成功報酬なしで作成代行

パン屋・ベーカリーショップの創業融資の創業計画書や事業計画書の作成代行を専門家がサポート

パン屋・ベーカリーショップの事業を始める・会社を立ち上げるにあたり、店舗取得や内装設備などの開業資金や事業資金が必要で、創業融資による資金調達を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックの融資支援サービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービス、経済産業省管轄の小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請・採択を受けられたい方向けに補助金向け事業計画書の作成サービスで事業計画書の作成代行を実績豊富な専門家が支援しています。

ただ、事業計画書の書き方や創業計画書の作成ともなると難しいイメージがありますが、当センターでは、600以上の事業計画書のコンサルティング、金融機関の面談同席で培ってきたノウハウがあり、法人を経営している行政書士を始めとした専門家が対応し、金融機関から評価をいただいている創業計画書や事業計画書を支援させていただいているため、ご安心してご相談・ご依頼いただけます。

また、創業融資を受けるためには、創業計画書・事業計画書の作成と、その計画書を踏まえて金融機関と面談を行う必要があります。

その事からも、頭の中にあるイメージのアウトプットをお手伝いし、また特に苦手意識がある収支計画なども、当センターでお話を伺いしながら作成を代行させていただいていますので、ご依頼者様からも喜ばれています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

創業融資・事業計画書作成のメール無料相談また、以下にパン屋・ベーカリーショップの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

パン屋・ベーカリーショップの事業計画書作成のポイント

パン屋・ベーカリーショップは、店舗で焼いたパンを顧客に対して販売する形式をとるため、味や目新しさ、トレンドなど商品自体の要素や、パン職人の受賞経験、実績など個人の要素がサービスの価値となります。

1.パン屋・ベーカリーショップ業界は 

パンは、日本人にとっては馴染みが深く、以前より大手チェーンが多くの地域で展開していたり、喫茶店・カフェでも販売されていることから、一般消費者からの認知が非常に高く、普及しています。

そのため、パン屋として事業を展開していくには、商品や店舗の付加価値の要素が重要となる業態とも言えます。

人気のあるパン屋は職人が海外で修業を積んでいたり、オリジナルの目玉商品を取り扱っている事や、受賞経験があるなど、話題性のあるパン屋が多く見受けられます。

職人それぞれの拘りにもよりますが、一通りの設備とパン製造スキルで開業できるため、今後も新規参入の増加が想定されます。

そして、話題となればインターネット、SNS、口コミ、紹介等を通じて「探してくる」顧客が多くなりますが、消費者が幅広いため、人通りの多い路面店や住宅街の一角で一元客や近隣住民を対象にサービスを提供している傾向にあります。

2.パン屋・ベーカリーショップの課題を考えていく 

パン屋・ベーカリーショップの課題としては、既に市場が成熟している上、参入障壁が高くない事からも新規参入が多い業態がゆえに「付加価値を作りづらい」ことが挙げられます。

しかし、オリジナル商品を開発しやすい業態でもあるため、話題性のある商品やこだわりの商品など、商品の魅力が広まれば近隣住民だけでなく広い商圏から顧客を呼び込むことも可能になります。

その事から、自店の商品を広く訴求できるインターネットやSNSの活用は利用しやすく、話題性も作り出しやすいという傾向があります。

その他では、事業を展開する場所にもよりますが、大手チェーン店やコンビニパンと比べても料金が割高になる傾向にありますので、大半は社会人の男性・女性、主婦層となります。

また、口コミで評判が広まりやすいため、サービスメニューの差別化や新商品の開発・パン作りのスキルアップ、コミュニケーションスキル向上が課題としても挙げられます。

そういった課題を整理していく事で、起業の動機(創業動機)を導き出しやすくなります。

3.パン屋・ベーカリーショップのお客様のニーズを考える

最初は友人、知り合いなどへ呼びかけ、口コミで集客していくパターンや、近隣住民へのポスティング、通勤客へのチラシ配り、SNS発信等を通して集客を実践していく流れになります。

以前からある業態とはいえ、トレンドに影響される事も多くあるため、多様化するお客様ニーズのキャッチアップや、他店の動向なども日々チェック・リサーチしていく事も需要な取り組みと言えます。

また、顧客によっては自宅や職場用に食事パンを購入したい場合はもちろん、イートインやカフェとしての利用を求める消費者ニーズもあります。

その事からも毎日、自店舗に購入してくれるお客様を1人1人大事に育てられる仕組みを作れるかがポイントになると考えられます。

4.パン屋・ベーカリーショップの事業で深く考えてみるポイント

現代の食文化ではパンは必要不可欠な食べ物となっているため、一度購入して満足すれば、繰り返して購入いただけますが、リピート購入は流動性も高い事から、継続して実施できる新規集客を見据えた事業展開が必要です。

パン屋・ベーカリーショップ市場自体は今後も拡大が予想されますので、ターゲットとするお客様の趣味趣向を把握し、お客様の求めるパンを提供しつつ、自店舗で価値あるパン、受け入れてもらえるパン作りを見据えた計画立案が必要です。

その事からも、店舗オープン後の新規集客が、日々実現できるかどうかのマーケティングを開業する店舗周辺で実施しておきたいものです。

また、店舗の繁忙期は季節の食材が増える秋や春になりますが、サッパリとした口当たりの物が好まれる夏になると顧客の足も遠のく傾向も考えられます。

今後は新たな製法やトレンドの食材が出てくる事も想定され、更なるニーズが多様化していく事が想定されます。

その事から、お客様ニーズを掴み、どのような商品を提供していくのかを十分に考察する事が重要となります。

5.パン屋・ベーカリーショップ事業を軌道に乗せるためには

店舗の利便性が欠かせない要素になりますので、店舗を構える立地条件は十分に検討が必要です。

また、近隣店舗等との競合比較となった場合の対策としても、情報発信ツールとなるWEB・SNSの活用も是非とも考慮しておきたい点となります。

その他にも、自店の強み(セールスポイント)、価格設定、単価を引き上げる方法、食品ロス対策、店舗の内装・外装、設備等、店舗コンセプト、カフェやランチメニューの考察、パン作りのスキル等も考察するポイントとなり、その結果事業を軌道に乗せるまでのスピードを早くする事が可能です。

パン屋・ベーカリーショップは事業を始めやすいがゆえに計画があやふやになっていると、後々苦労する事も多く出てしまうため、漏れがないように取り組みを進めていきたいものです。

6.その他のポイント

パン屋・ベーカリーショップの起業や独立開業時に事業計画書を作成する場合は、商品企画や店舗等の計画は必要不可欠のため、十分に検討をする事が多いものの、肝心な資金計画があいまいになる傾向があります。

事業を始めるまでに必要な設備資金(物件取得費、内外装費、設備・備品等)から事業開始後の運転資金(材料費、人件費、家賃、広告費、その他経費等)を事前に計画する事が非常に重要となります。

特に日々の売上は乱高下しづらいものの、店舗オープン当初は経費ギリギリの売上の推移となる事も珍しくないため、当初の資金計画があいまいだと、思ってた以上に利益が残ららくなってしまうという事も発生してしまいます。

その事から、継続的にパン屋・ベーカリーショップを運営していくために収支計画書を作成していきます。

そうする事で、事業を展開するための開業資金を計画するが可能となるため、事業を始めるまでだけではなく、事業開始後も起業のための開業資金がどれくらい必要になるのかを把握する事で確度の高い事業を推進する事につながります。

そして、その必要な資金に対して、自己資金が不足する場合は、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討し、、日本制作金融公庫や銀行の融資を中心とした借り入れを考えていきます。

十分な資金があってこそ、成功する事業も成功につなげる事が可能です。

また、広告費等先行投資できる資金があれば、スピード感持って、事業を軌道に乗せる事にもつながります。

逆にこのような観点が不足していると、事業計画書の多くの問題点にあるような事業計画の書き方となってしまうため、事前の検討が必要であると言えます。

その事からも店舗オープン前に十分な計画を持って事業計画を作成しておきたいものです。

まとめ

1.パン屋・ベーカリーショップ業界傾向を理解する
2.消費者の課題を理解しておく
3.お客様ニーズを把握する
4.新規集客の取り組みを明確にしておく
5.事業を軌道に乗せる取り組みも考える
6.開業資金・資金計画も十分に検討する

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れするための事業計画書の作成代行支援を行っています。

>>次のページ
1000万円の創業融資の支援を成功報酬なしの一律料金でサポート

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

起業家・経営者様の事業計画書の作成をサポート

パン屋・ベーカリーショップの創業融資の創業計画書や事業計画書の作成代行を行政書士が支援

当センターの料金・価格表
創業融資・事業計画書サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 145,000円
※成功報酬なし
・事業計画書作成
・事業計画書ブラッシュアップ作成
145,000円
200,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
 事業の進捗管理・モニタリングサポート 100,000円/月~
当センターの住所・対応エリア
創業融資てづくり専門支援センター事務所
G1行政書士法人内
東京本社】
東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル5階

【大阪支社】
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8 淀屋橋MIビル3階
対応エリア
G1行政書士法人の本社がある千代田区丸の内を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県
大阪支社がある大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県
その他の地域では、名古屋・広島・福岡をはじめとして日本全国にも対応しています。
事業の成功者が活用している「創業融資」

パン屋・ベーカリーショップの創業融資サポート・融資支援・相談・依頼・コンサルティング

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

パン屋・ベーカリーショップの事業計画書の作成代行・相談・依頼・コンサルティング・サポート

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請サポート

パン屋・ベーカリーショップの小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請をサポート

LINEでの無料相談を行っています

パン屋・ベーカリーショップのLINEの無料相談(創業融資てづくり専門支援センター)

また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立・立ち上げもサポート

パン屋・ベーカリーショップの会社の設立・立ち上げ・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目1番1号
パレスビル5階

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く