起業家の開業資金の資金調達パターン

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 資金調達 > 起業家の開業資金の資金調達パターン

起業家の開業資金の資金調達パターン

開業をするには、事業を継続していくための準備資金が必要になります。

どれくらい用意すれば良いかというのは、事業内容と黒字化・安定化するまでの期間にもよって様々で準備する資金額の大小もあります。

飲食店や美容室など、店舗オープンする立地条件であったり、店舗内装などの「工夫が求められるもの」は多く資金が必要となり、SOHO系やインターネットを活用する事業などは、開業に資金をそこまで必要としない事もありますので、必要資金の額が少なくなります。

また新規事業を立ち上げる際にも事業資金を計画する事が必要です。

事業のスタイルに合わせた開業資金を考える事となります。

事業計画書の起業家の資金調達パターン

開業資金の資金調達方法

最初に思いつく必要資金の金額が見えてきたら、その資金をどのように準備・調達するのかを考えていきます。

・貯金
・企業や会社からの出資
・知合いからの出資
・家族からの出資・支援
・企業や会社からの借り入れ
・知り合いからの借り入れ
・家族からの借り入れ
・公的金融機関からの借り入れ
・民間の金融機関からの借り入れ
・助成金・補助金の活用

※助成金・補助金の場合は使った経費などに対して補助(返済の必要がない)を受けられるものですので、開業資金として考える場合は、少しニュアンスが違ってきます。

どのように資金を調達していくのかは周囲の協力次第にもなります。

開業資金の資金調達パターン

出資金で全て補える事が一番早く事業を進めていく事が可能です。

その他のパターンとしては、

・自己資金で補う
・自己資金+周囲からの借り入れ
・自己資金+出資金+公的金融機関からの借り入れ
※日本政策金融公庫や制度融資(信用保証協会や市区町村のあっせん融資)
・自己資金+公的金融機関からの借り入れ

上記内容で開業資金を用意して、助成金・補助金で補助を受けられれば、資金計画において、負担が少なくなります。

但し、助成金・補助金はいつでも補助を受けられるわけではなく,期間が限定されているものでもありますので、開業・創業するタイミングが最も重視される事業の場合は、全て活用できるというわけでもありません。
また補助金は申請すれば100%採択されるものでもありません。

基本的には助成金・補助金に頼らなくても事業を始める事ができて、継続できる事業モデルを計画して、助成金・補助金がその時に受けられるものがあれば活用するという形が正しいという結論にもなります。

総じて事業をスタートしていくには「タイミングが重要」となるパターンも多くある事からも、しかるべきタイミングに事業をスタート出来るように事業の計画を考えていきたいものです。

>>次のページ
起業家には必見の創業時に受けられる融資限度額の参考

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く