エステ・ビューティサロン : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > エステ・ビューティサロン

エステ・ビューティサロン

エステ・ビューティサロンの事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

エステ・ビューティサロンの事業を始めるにあたり、店舗取得費用、内装設備費用、機械などの設備費用の開業資金や事業資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

また、以下にエステ・ビューティサロンの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

エステ・ビューティサロンの事業計画書作成のポイント

エステサロンの事業計画書の作成をサポート

エステ・ビューティサロンは「全身美容」と訳される事も多くあり、「人の皮膚を清潔、もしくは美化し、体形を整え、または体重を減らすための施行を行う事」と定義できます。

また、売上構成としては主に施術とエステ器具・化粧品などの物販によって構成され、施術では美顔、痩身・ボディトリートメント、脱毛が中心の構成となっています。

近年の動向としては、メンズエステも徐々にシェアが増加しています。

1.エステ・ビューティサロン業界の動向とは

エステ・ビューティサロンは女性の社会進出とともにバブル期以降に発展した市場でもあります。

女性の社会進出や高齢化社会の進行、ストレス増大などを背景に、特に女性の「美と健康」に対する潜在的ニーズを受けて広がっています。

美顔、痩身・ボディの市場では、周辺の美容サービス産業との競合が増加している傾向にありますが、年齢を重ねるにつれ、エイジングケアに興味がある消費者も増加傾向にあります。

エステ・ビューティサロンの開業に当たっては、特別な技術や資格は不要で、また高額な機器がなくても開業が可能であることから、参入が比較的容易と言われています。

ただし、その背景から十分な教育や資格制度も整っておらず、エステサロンの提供サービス水準の低い店舗なども参入しているとも言われています。

近年は、多様化した顧客ニーズをとらえるために最新設備による施術、スパ、美容鍼灸といったエステ業界として新しいコンセプトの店舗開発で差別化を図る事業者や海外展開を志向する企業も増加しています。

2.エステ・ビューティサロン業界の課題を考える

12d89c0c223fa0cba6aadffa65dd9805_s

エステ・ビューティサロン業界の課題としては、一時期の消費者トラブル(キャッチセールス、低額から高額なコースへの極端な変更、施術毎に関連商品の販売など)があり、イメージが低下していた時期から、様々な業界の取り組みで、安全性の高いエステサロンの営業が推進されている事からも消費者のイメージも大きく変わってきました。

しかし、顧客の中では依然そのイメージがあるとも言われていますので、店舗として「信用・信頼・安全」を継続して発信していく取り組みが重要な要素となります。

また、他にもエステティシャンの技術レベル・接客レベルの向上も業界課題として挙げられています。

その他では、エステ・ビューティサロンでは、料金をいただく代わりにサービスを提供する「労働集約型」のサービスモデルである事からも、一人当たりの売上の上限があり、また、経費においても人件費が多くの割合を占める事からも、効率を考えた価格設定、サービス提供方法を考えていく必要がある事が挙げられます。

3.エステ・ビューティサロン業界の消費者ニーズになるもの

エステ・ビューティサロンのニーズとして、「美への追及」は失われる事がない本能的な欲求と言われています。

消費者は、ホームケアだけでは満足できず、また、美容に関する知識も専門ではないため、身体のケアには限界があり、期待する効果が出ない場合、美容に対する取り組みを諦めてしまう事もあります。

また、インターネットではたくさんの情報が発信されているため、何を信じて何を選択すれば良いかもわかりづらい状況です。

そして、消費者ニーズの多様化から、美しくなるプロセスパターンが増加しているため、事業を展開するにあたって、どのような消費者のニーズ、プロセスに対してサービスを設計、選択するのかを考えていきます。

その他では、立地条件に応じて競合との差別化要因を確立していく事も重要となります。

4.エステ・ビューティサロンで考えてみるポイント

エステ・ビューティサロンでは、美容室・化粧品などに付帯サービスとして併設されているサロン、エステ専門店があり、マーケットシェアでは専門サロンが圧倒的に多く、業界の主流でもあります。

併設サロンの特徴としては、小規模で美顔中心の営業、施術1回ごとの料金のつど払いシステムなどが挙げられます。

専門サロンでは、比較的店舗規模が大きく、専門特化するサロンから、エステ全般を取り扱うサロンまで営業種目に幅があり、長きに渡りコースを設けて一括・分割契約とするという料金体系などがあります。

提供するサービス内容の考察と共に、料金設定と、支払い方法も並行して検討する事が必要となります。

事業計画書を作成するに当たっては、どのポイントに焦点を当てて強み(セールスポイント)や特徴を考察するのかが重要となります。

これまでに培ってきた技術、ノウハウ、資格なども大きな強みになりますので、他店との差別化としてどのポイントを消費者に訴求していくかも考える事が必要となります。

5.エステ・ビューティサロンを軌道に乗せていくポイント

f957c3f23e5ba9b73d66a7963264db90_s

エステ・ビューティサロンによってサービスの種類や施術方法、料金体系は様々あり、一般的な料金・施術時間はターゲットや地域に応じても違いが大きくあります。

特に開業時から顧客を獲得していくにあたっての料金設定とサービス内容を商圏のターゲットニーズに合わせて設計する事が必要となります。

そして、そのターゲットとなるお客様を集客するにあたり、地域へのポスティング、ビラ配布、立地に応じた看板やPOPの工夫もエステサロンならではの取り組みとして挙げられます。

また、最近では、インターネット・スマートフォン利用ユーザーが増加している事から、インターネットを活用した集客の取り組みも重要度が高いと言えます。

6.エステ・ビューティサロンでその他に考えるてみるもの

エステ・ビューティサロンの起業や独立開業の場合は、起業の動機(創業動機)を考察し、創業計画を作成していきます。

創業計画においても事業を継続していくためのポイントになる部分について取り組みを明確にして計画する事が重要となります。

また、大枠の取り組みが出来上がれば、事業の推進に必要となる収支計画書を作成して開業資金を計画する事となります。

開業資金を計画するにあたり、サロンをオープンするまでの必要となる資金=設備資金と、事業開始後・サロンオープン後に必要になる運転資金を考え、その合計が開業資金で必要になる資金となります。

エステ・ビューティサロンの設備資金としては、店舗を取得する費用、内外装費、導入する設備や機器、その他の備品で構成される事が多くあります。

また、運転資金としては、事業開始後に必要になる経費で構成されますが、人件費や家賃の比率が高くなる事から事前に概算の計画を立てて、月当たりでどれくらいの経費が必要になるのかを把握しておく事が必要となります。

その必要な経費を把握し、毎月の売上をどれくれいまで伸ばせるのかを検討する事で、過剰になりそうな経費を抑える事を検討する事も可能となります。

また、個人事業主では必ず生活費の観点も考慮して計画します。

そこから自己資金だけでは不足する場合は、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討する事となり、日本政策金融公庫の融資や銀行の融資を中心とした借り入れを考えます。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて何度も何度も見直し・ブラッシュアップを重ねし、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.エステ・ビューティサロン業界の全体の動きを見る
2.エステ・ビューティサロン業界の課題に目を向けてみる
3.消費者ニーズはどこにあるのかを深堀りする
4.自店の強みを明確にして訴求する事を考える
5.事業を軌道に乗せていくための集客方法を考える
6.開業資金がどの程度必要になるのかを把握する

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

エステ・ビューティサロンの創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

エステ・ビューティサロンの事業計画書の作成代行

LINEでの無料相談を行っています

LINEによる創業融資の無料相談また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

エステ・ビューティサロン業界のお客様の声

「事業モデルを考える事に専念できました!」

事業を始めて本当に痛感しますが、お願いした事業計画であってもその通りはいきません。
ただ事業コンセプト、お金の使い方、税金面での考え方は一貫しているので、またそこで悩む時間は大幅に短縮しました。
その分新しい仕掛けにかける時間も多く作る事ができました。
また私は税金の細かな計算をするのが苦手で今回一緒に事業計画書を作成して、大変参考になり、勉強にもなりました。

エステサロンのお客様の声

「ターゲットを考える事はすごく重要でした」

すでに経験、技術には自信を持っていましたが、肝心なターゲットを明確にする事があいまいでした。
事業計画を考える中でそこに気付けたのは非常に大きかったです。
一人で考えていたらと思うと、恐ろしい限りです。

会社設立もサポート

エステ・ビューティサロンの会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く