資金調達を計画する時に知っておきたい考え方

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 資金調達 > 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方

資金調達を計画する時に知っておきたい考え方

資金調達を考えた時に知識として持っていた方が良い内容をまとめています。
初めての資金調達では良く分からない事からどのように考えていけば良いのか、また融資を検討した場合にどれくらい融資を受けられるのかわからない事も多くあるかと思います。
これからの資金調達計画に向けてお役立て下さい。

資金調達の考え方

資金調達は必要資金が不足する時に考える事とは別に、現在事業が回っている時でもより事業を加速させたい場合にも考える事も多くあります。

融資を受ける事業家の共通点
独立開業資金の視点

開業時の必要資金
創業資金について計画する事とやるべき事
起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは
開業資金を計画する
起業家の開業資金の資金調達パターン
開業計画書を考える4つの視点
起業家が融資を選択する理由
起業家には必見の創業時に受けられる融資限度額の参考
10坪開業の創業融資
開業後・起業後の創業融資による資金調達

創業融資については

創業融資を検討する場合は、事業計画書と担当者との面談が必要になります。
また申請できる融資制度も様々ありますので現状に合った融資制度を検討する事をおすすめします。

初めての事業計画書の作り方
担当者との面談
創業融資の制度
日本政策金融公庫の融資
信用保証
制度融資の制度
設備資金
運転資金

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

事業推進のための後継者や事業承継における「事業承継融資」

事業を引き継いでから新たなサービス・新規事業を展開するために設備資金・運転資金が必要になった、親族や親族外の承継における株式買取りで資金が必要であるなどの事業承継前・事業承継後において活用できる融資制度があります。

事業を円滑に且つスピード感を持って展開するために新たな資金調達を実施して、更なる事業の推進を実現する事が可能です。

後継者・事業承継融資支援パック

融資を受けるためには

起業、創業期、事業承継、新規事業展開において融資を受けるために創業計画書事業計画書の作成と担当者との面談が必要です。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く