開業後・起業後の創業融資による資金調達

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 資金調達 > 開業後・起業後の創業融資による資金調達

開業後・起業後の創業融資による資金調達

まだ日本政策金融公庫や制度融資の借り入れをしていない場合は、開業・創業してからでも借り入れする事はできます。

先行で個人事業主として開業・創業している場合や、同じく先行で会社設立(登記)してから本格的に事業を展開するに当たっても借り入れする事は可能です。

借り入れをする様々な理由はあります。

開業・創業後に借り入れする理由・目的

・事業が軌道に乗って行きそうな気配がするので必要な資金調達がしたい
・大きな売上を上げるために仕入れが必要の為、資金を調達したい
・既に事業を行っているが新規事業を立ち上げたいため、資金の調達がしたい
・本店は好調で、2号店を出店したいので借り入れしたい
・とりあえず会社設立(登記)をしてこれから、事業を本格的に行っていきたいので借り入れしたい
・副業として個人事業主で事業を行っていたが、これから本業でやっていきたいため、資金調達したい

など様々です。

このように事業を更に展開していくに当たって、資金面の課題がクリアになれば更に事業を拡大できる事もよくある事です。

基本的にはどのような理由・目的であっても、日本政策金融公庫や銀行に借り入れする場合は事業計画書の作成と担当者との面談がありますので、担当者に借り入れした資金をきちんと返済できる根拠を示す事が必要となりますので、しっかりとした事業計画書を作成する事が求められます。

どのような事業計画書が必要となるのか

今まで事業を行ってきていますので、利益を出せてきたという実績の根拠は示す事が出来ますが、借り入れする事業の展開とどのように関係しているのかを示す事が必要です。

またこれから展開していく事業はある意味ゼロの状態からスタートする事と考え方は同じになりますので、その事業に使える現在の資本や資金がどれだけあるのかを示す事も重要となります。

単にこれから展開する事業計画書を作成すれば良いというわけでなく、様々な視点から考えて事業計画書の作成を行う事となります。

>>次のページ
事業計画書の多くの問題点

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く