自動車整備業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 自動車整備業

自動車整備業

自動車整備の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

自動車整備の事業を始めるにあたり、店舗取得費用や設備などの開業資金や事業資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

事業計画書や創業計画書の作成では、お話を伺いながら作成を代行しており、大変気になる金融機関の担当者との面談対策もサポートしています。

事業計画書作成代行のサポート

また、開業計画書を考える4つの視点や以下に自動車整備業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

自動車整備業の事業計画書作成のポイント

自動車整備業の事業計画書の作成

1.自動車整備業の動向を把握

自動車整備業は、整備工場の設備を完備し、地元密着で企業を主要顧客としたり、個人の車両の整備車検などを中心に対応する事で、事業展開をしているケースが多くあります。

また、併設で自動車用品販売を行っていたり、中古車や新車などの販売も行っているケースもあります。

自動車整備業界の動向としては、リーマンショック以降で整備市場は底に転じましたが、リーマンショック以前の値には回復しておらず緩やかな減少傾向にあります。

要因としては、人口減少や高齢化の影響があり、特に若者の自動車離れが進んでいる事も影響していると考えられています。

その事からも、自動車保有台数が頭打ちの傾向があり、それに従って業界全体としては市場は減少傾向にあります。

2.業界の課題に目を向けてみる

また、自動車の平均使用年数や平均車齢は長期化傾向にあります。

そのため、自動車の利用者数は低下していても、今後も車を長く使う傾向にある事から、自動車整備業界としては、一定数の需要が確保できると考えられ、短中期的に見れば市場規模の急激な落ち込みは考えづらいですが、長期的に見た場合に市場の縮小が予想され業界を取り巻く環境は厳しくなる事も考えられます。

また、地域によって差はありますが、自動車の修理=高いというイメージも強く、気軽に車に関しての相談や修理の依頼がしづらかったりする傾向があります。

今後は消費者に対して、正しい情報を発信し続ける事が重要であると考えられます。

3.ニーズはどこにあるのか

移動手段の多様化が進んでいる中で、消費者は基本的な性能を理解して利用したいという考えが前提にあり、エンターテイメント性、安全性、利便性を求める意識が高まっています。

ただ、車の持ち主であっても、車の状況がわかるわけではありません。

ですが、愛車を長く利用したい事から、可能な限り、車の状況を理解した上で修理や整備をしたいというのが本音です。

また、車検、板金、購入などで相談する会社・窓口がそれぞれ違う事がよくあります。

そういったわずらわしさを解消したいニーズも多分にあります。

そのような中で、自動車整備業として顧客のニーズのどの部分に焦点を当てるのか、をいかに汲み取り、差別化できる強み(セールスポイント)をとなるサービス設計を考える事も重要な要素と考えられます。

自動車整備業の事業計画書の作成代行

4.考えてみるポイント

また、並行して認証工場数は年々増加傾向にあります。

その中で他社との差別化のサービスの打ち出し、特定車両への強みを訴求して売上を伸ばしている企業も見受けられますので、新規参入を考える場合、地域性差別化要因セットで考察する事も重要にもなります。

基本的には、消費者のニーズをくみ取り、適切にサービスを提供する事をより深く考えていく事が重要となります。

自動車整備業では、大前提となる技術・整備工場としての品質保持・向上も重要であるため、品質を落とさないように従業員の雇用・教育も考えなくてはなりません。

そのような観点も事業計画書にわかりやすく反映していくと、事業計画の精度が高まります。

5.事業を成長させていくには

顧客ニーズからは、消費者ニーズの多様化より顧客の利便性を重視したサービス展開やディーラーにはない、柔軟な対応を求められてる事もあり、事業を構築していくに当たって考察するポイントとして挙げられます。

今やインターネットでたくさんの情報を入手する事が可能なため、適切な対応、妥当性、理由のわかる価格設定、見積もり提出なども顧客とつながっていくためには重要な事です。

自動車の保有が長期化する事で、費用をおさえるための民間の自動車整備工場を探す傾向が強くなっていますので、こういった顧客へアプローチする事が新規顧客獲得へとつながります。

その事から、新規集客の取り組みとして、見込み客への案内、広告展開口コミ戦略など、どのような手法を採用して取り組んでいくのかも重要な考察するべきポイントとなります。

最近では、ホームページの活用による自動車整備依頼を獲得して、業績を伸ばしている企業も見受けられます。

特に、自動車整備の場合は、特定の車両やサービスに特化すると、他社とわかりやすく差別化が出来るため、短納期や特定の車両(外車等)に特化していたりするケースもあり、顧客からの口コミやインターネットの情報発信として、「あそこは○○が得意・強い」となれば安定的な集客が見込めるようにもなります。

自動車整備業の事業計画書の作成を行政書士がサポート

6.他に考えてみるポイント

他の関連業務を併設する場合は、品揃えや在庫管理など仕入れの安定的なルートを含めた計画を綿密に行う事が必要であり、無理な展開は、本業の足を引っ張りかねません。

その他にも市場の特性やマーケット、商圏、顧客の今まで見てきたニーズの考察・対応、サービス設計、価格考察から売上、資金計画まで綿密に事業を計画する事が必要となります。

自動車整備業の起業や独立開業時に事業計画書を作成する場合は、起業の動機(創業動機)を明確にしつつ、事業の内容を構成する要素をそれぞれ検討し、事業を始めるまでの必要となる設備資金、事業開始後に必要な経費となる運転資金を合計して、必要資金を割り出し、資金計画として開業資金を計画する事が必要です。

自動車整備業の設備資金としては、物件取得費、内外装費、導入する機械設備、車両、その他備品が主なものとして挙げられます。

また、運転資金では、外注先の業者に支払う経費、人件費、家賃などが主に経費の割合が高くなります。

経費以上の売上が見込めるのであれば、運転資金を細かく計画してなくても良いですが、毎月どれくらいの売上が見込めるのかをシミュレーションした上で、どれくらいの経費計画とするのかを事前に検討する事が重要です。

その設備資金と運転資金の合計額がわかれば、どれくらいの開業資金が必要になるのかが把握できます。

そして必要となる開業資金に対して自己で用意できる資金だけでは足りない場合、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討する事となり、日本政策金融公庫の融資や銀行の融資を中心とした借り入れを考えます。

また、事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただ、この定性面・定量面を作成するにあたり、事業計画書の多くの問題点があると、融資を受けられる事業であっても、融資を受けられなくなってしまいます。

そして、そのような問題が、作成者自身ではなかなか気づかない事も多くあります。

自動車整備業をスタートするにあたり、計画する事も多岐に渡りますので、事業開始のスケジュールに応じて準備・作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要でもあります。

まとめ

1.自動車整備業の動向を視野に入れる
2.課題は常に意識する
3.ニーズを把握しサービス設計に生かす
4.地域性、差別化要因、従業員雇用・教育を考える事もポイントになる
5.新規集客の取り組みも計画する
6.開業資金も可能な限り明確にする

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

その他では、新規事業の事業計画書の作成代行にも対応しています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資・事業計画書作成代行サポート料金
③ 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
④ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
⑤ 新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
⑥ 新規事業を立ち上げる時に収支計画書の作り方を考える
⑦ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?
⑧ 収支計画書の作成だけでも依頼は可能でしょうか?
⑨ 新規事業を立ち上げる時の課題
⑩ 成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

自動車整備業の事業計画書の作成代行

自動車整備業の事業承継における株式譲渡や事業譲渡

自動車整備の事業承継サポート

創業融資てづくり専門支援センターの専門家

事業計画書の作成代行は、起業家・経営者様と一緒になって作成することから、「パートナーとしての信頼」が必要だと強く感じており、有資格者の専門家として最低限の信用・信頼はあっても、「上から目線で偉そうにしている」「感じが悪い」などというご心配に対して、そのようなイメージを少しでも払拭いただけるように事業計画書作成代行・創業融資専門家の行政書士、税理士のご紹介をさせていただいています。

当センターの事業計画書・創業融資の専門家のご紹介

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」など気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

自動車業界のお客様の声

「日曜でも相談に乗ってもらえてスピード感持って進める事ができました!」

日曜、また平日の遅くまで対応していただいて、一気にスピード感を持って進める事ができました。
これで自分の思いを形にする事ができます!

「立地で悩んでいたところ、事業計画を見つめなおして、場所を決めました。
(東京都 港区 自動車 男性)
店舗場所を悩んでいた時だったので、事業計画書を参考にして決める事ができた事は本当に大きかったです。
ありがとうございました。

会社設立や営業許可もサポート

自動車整備業の会社設立・営業許認可の申請代行

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可

自動車整備業で営業する場合は運輸局に認証を受ける事が必要です。

許認可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く