コインランドリー業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > コインランドリー業

コインランドリー業

コインランドリー業の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

コインランドリーの事業を始めるにあたり、開業資金や事業資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

また、以下にコインランドリー業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

コインランドリー業の事業計画書作成のポイント

コインランドリー業は、一般に硬貨を入れると作動する自動洗濯機や乾燥機を完備したセルフサービスの店舗を指す事になります。

現状のコインランドリーの分布では、都市型と郊外型がほぼ半々と推定されています。

また遊休地所有者などは約6割を占めており、専業者は20%程となっており、コリンランドリーが副業ビジネス化している傾向にもあります。

コインランドリーを利用する消費者の課題感としては、各世帯で家事や洗濯に費やせる時間が減少しており、近年では、共働きや単身世帯が増えてきているため、平日仕事からの帰宅時間が遅くなると洗濯をはじめとした家事に十分時間を割くことができない課題があります。

また、アレルギーを持つ子供も増加しており、ダニや花粉、排気ガス等のアレルギーに対して家庭用の洗濯機では、完全にダニを死滅させることは不可能に近く、また、外で干すことで花粉や排気ガスが布団等に付着してしまう課題があります。

その事からも、コインランドリーを利用したいニーズとして、効率良く大量のまとめ洗いをしたい、子供の安全を考えて可能な限りアレルギー対策ができるようにしたい事が挙げられます。

一方コインランドリーを経営する側も消費者のライフスタイルにあわせ、様々な店舗形態を取り入れています。

併設する店舗・施設の例としては、有人クリーニング店、スーパー、コンビニエンスストア、ファーストフード店、スポーツ・カルチャー施設、書店、ビデオ・CDレンタルショップ、ガソリンスタンド、カフェ、図書館併設などが挙げられます。

そして、業界の課題としては、「衛生」と「環境」への配慮、対策となります。

コインランドリーの利用頻度に対するアンケートによるとコインランドリーを利用したことがない人の中には「機器が不衛生」や「洗濯前に洗濯槽を洗浄する」などの声があります。

また、環境面ではドライクリーニングに使う溶剤について健康被害や緩急汚染を起こす可能性があることから溶剤の適正使用の指導が行われています。

他にはコインランドリーは「狭く、汚く、誰が洗ったのかわからない」というイメージが強くある事から、今後は郊外型が増加する事が予想されます。

そして、インストラクターなどを常駐させる有人店舗も増えています。人件費はアップしますが、その分利用者に案士感を与えることで顧客増加による売上増が期待できます。

コインランドリーは都市型がおおむね10坪以下、郊外型は10~30坪程度が多くあります。

設置機器のうち、洗濯機と乾燥機は必須であり、特殊機器としてはドライクリーニング機、スニーカーランドリー、布団洗濯機、布団乾燥機等があります。

洗濯機の台数は都市型で3~5台、郊外型で6~8台、乾燥機の台数は都市型で4~6台、郊外型では7~8台の設置例が多い傾向にあります。

料金設定は、基本的には洗濯量によって料金が決まっている事が多くあります。

その事から、設置する台数、料金設定から売上計画を検討する事が重要となります。

その他にも立地条件、商圏の範囲、店舗面積、設置機器、洗濯時間、顧客への安心感の訴求などを考察する事が必要となりますが、事業を展開するにあたり、差別化できる強み(セールスポイント)を考える事も忘れずに検討する事が重要となります。

また、コインランドリー事業では、初期の設備資金の投資額が大きくなる傾向にあります。

その事からも、資金計画として開業資金を計画する事で事業の継続性を高める事につながります。

設備資金では、物件取得費、内外装費、導入する設備費用を中心とした計画が必要となります。

運転資金では、人件費は抑えられる傾向にあるため、家賃や水道光熱費を中心に計画を立てていきます。

設備資金と運転資金の両側面から検討する事で、開業資金がどれくらい必要になるのかが明確になります。

また、開業資金に対して、自己資金が不足する場合は、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討する事となり、日本政策金融公庫の融資や銀行の融資を中心とした借り入れを考えていきます。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れするための事業計画書の作成代行支援を行っています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
コインランドリー 500万 980万 創業融資
コインランドリー 1000万  950万  創業融資
コインランドリー 補助金申請 補助金資料
不動産賃貸業 物件取得 金融機関説明資料
設計事務所 事業シュミレーション オーナー説明資料
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

コインランドリーの創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

コインランドリーの事業計画書の作成代行

LINEでの無料相談を行っています

LINEによる創業融資の無料相談また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立もサポート

コインランドリーの会社設立・営業許認可の申請代行株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く