創業資金について計画する事とやるべき事

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 資金調達 > 創業資金について計画する事とやるべき事

創業資金について計画する事とやるべき事

創業資金は、創業時に必要となる資金であり、事業を始める前に準備・用意する資金になります。

内訳で考えると自己資金(自分で用意する資金)、出資(支援を受けられる資金)、借入資金(金融機関が借り入れる資金)に分ける事ができます。

創業に必要な資金を自己資金でカバーリングする事ができなければ、出資や借入をする必要があります。

創業資金はどれくらいかかるのか?

創業資金としては、大きく分けると2つに分ける事ができます。

1つ目は、設備資金(事業を始めるに当たって必要な資金)になります。

業種によって様々ありますが、代表的なものとしては、店舗や事務所を取得する費用、内装の工事などに必要な費用、車を使用する場合は車両費、設備、機材、机、椅子などの設備費用、その他消耗品として使用する備品費などが挙げられます。

2つ目は、運転資金(事業を継続するに当たって必要な資金)です。

こちらも業種によって様々ありますが、仕入費(材料費)、家賃、人件費、水道光熱費、広告費、コンサルタント費など様々あります。

これらを事業を展開していく内容に沿って必要な項目や資金を割り出し、合計すると創業資金に必要な資金額となります。

開業・創業する事業内容にもよりますが、設備資金の比重が高くなったり、運転資金の比重が高くなったりします。

「どれくらいの資金が正解」というものはありませんが、事業を継続していくために必要な資金の総額を知る事で、準備するべき事を把握する事が可能となります。

創業資金を借りれられる金融機関

創業資金の借入できるものの代表的なものは、

日本政策金融公庫
信用保証協会
銀行(主に地方銀行や信用金庫)
商工組合中央金庫(商工中金)

が挙げられます。

また不動産を担保に入れて借入できる企業等などもあります。

それぞれの金融機関に応じて借り入れできる条件、借り入れできる期間、利率、融資を申請してから融資を受けられる期間の違いがありますので、ご自身の創業時期に合わせた金融機関を選択する事が必要となります。

創業資金を借り入れる為に必要な事

借り入れする金融機関によって細かな条件等は異なりますが、大抵は、創業するに当たっての事業計画書(創業計画書)の作成と担当者との面談があります。

申請すれば必ず借り入れられるものではなく、審査があり、あくまで返済が見込める創業者・起業家に対して借り入れする事ができますので、おおまかな計画ではなく、第三者が見て「これは事業として継続できそうだな」と思ってもらう必要があります。

そのような事業計画書(創業計画書)の作成から面談対策までご自身で準備するとなると100時間は時間を費やす事にも珍しくはありません。

当センターでは、創業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成代行と面談対策までサポートしています。

>>次のページ
起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く