不動産賃貸仲介業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 不動産賃貸仲介業

不動産賃貸仲介業

不動産賃貸・仲介業の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

不動産賃貸・仲介業の事業を始めるにあたり、資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

また、以下に不動産賃貸・仲介業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

不動産賃貸仲介業の事業計画書作成のポイント

不動産賃貸仲介業は、自己の不動産を賃貸したい不動産オーナーと賃借したい人を仲介する事業になります。

61bfef75a68773d0cfe0c6258ae3da88_s

 

大きく分けると事業用建物の賃貸と居住用建物の賃貸に分けることができます。

仲介のみを取り扱う場合は少なく、売買の代理や賃貸物件の管理を行っている場合が大多数です。

不動産の賃借需要としては、人口が頭打ちになると予想されており、消費者自体も持家志向から賃借志向への緩やかな変化が進展しており、今後もこの 傾向が続くと考えられています。

そして、地方から人口の都市集中化の継続、過剰となった住居の空室化の上昇、ライフスタイルの変化(独身層、離婚層の増加)、増加する高齢者の別居傾向、戸建てからマンションの住替えなどの追い風でもある事から、堅調にニーズは推移していくものと考えられます。

また、物件の所有オーナーは、基本的に不動産管理会社に任せている事が多いですが、その管理コストが高いのか低いのかを理解できている事も少なく、またその管理コストを抑えて収益を上げたいと考えていても、その方法もわからない事が多くあります。

そして、物件所有オーナーの最も大きな課題としては、空室があり稼働率が上がらない事です。

近年叫ばれ続けている空き家問題からも、空室が増え稼働率が上がらず、結果として収益が悪化している課題を抱えています。

その他では、季節変動要素としては、企業勤務者の転勤時期、学生の進級・進学時期に集中し、閑散期と繁忙期の活動・売上の平準化が1つの課題でもあります。

特に学生向けの賃貸等は、賃料減免等での対策もしばしば見受けられます。

このような様々な課題に対して、どのようにアプローチをしていくのかを事業計画書に反映できるように取り組んでいきたいところです。

45987b576b1f22e10a2bd34a06d4a93e_s

その他では、事業を展開していくにあたり、必須事項である宅地宅建取引業者としての免許の取得、専任の宅地建物取引主任者の擁立や、FCの加盟の有無、大手資本への対抗策、協会への預託や入会金、物件のシステム活用等はありますが事業継続の大きなポイントは、集客、リアル店舗・ネット集客(プロモーション)、成長戦略やビジネスモデルの深堀り、収益構造がキーポイントになります。

不動産賃貸仲介は比較的参入障壁は低いことからも競合との競争優位性を確保することや集客の仕組み化は重要事項でもあります。

事業を中長期的に継続させるための、独自・差別化された集客、インターネットの露出とリアル店舗の連動、取引の形態や収入の条件の仕組みが妥当性・根拠が煮詰まっているものであれば、開業エリアに応じて十分に市場はありますので、どこまで事前に事業計画を煮詰められるかが大きなポイントになります。

また、ここ最近の金利の関係もあり、不動産オーナーとなり賃貸事業を展開する事例も相当数増加しています。

不動産オーナーとなる場合は、空室率を考察した収益を見込める事が可能かどうか、また家賃設定にもよりますが不動産管理会社を入れて運営する事例も多くあります。

事業の取り組み内容がある程度イメージ出来てくると、売上計画や資金計画も検討する必要があります。

事業を始めるまでに必要になる資金と、事業開始後に必要になる資金を計画する事で、事業の継続性を高める事につながります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための事業計画書の作成代行支援を行っています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
シェアハウス 500万 1億 建物建設費
不動産オーナー 300万  4400万  土地・建物購入
内装工事 100万 300万 仕入れ・運転資金
設計事務所 移転物件シュミレーション オーナー説明資料
保育園 保育施設増設事業 理事会説明資料
教室 社内新規事業コンテスト プレゼン資料・採用
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

不動産賃貸仲介の創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

不動産賃貸仲介の事業計画書の作成代行

事業承継における株式譲渡や事業譲渡

不動産賃貸仲介の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

LINEによる創業融資の無料相談また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立もサポート

不動産賃貸仲介の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く