建築設計事務所 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 建築設計事務所

建築設計事務所

建築設計事務所の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

建築設計事務所の事業を始めるにあたり、事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

以下に建築設計事務所の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

建築設計事務所の事業計画書作成のポイント

1.建築設計事務所の動向

建築設計事務所は、建築物の計画立案、建築設計、建築設計監理、建築工事監理なを業務とする事務所となりますが、意匠設計、建築構造設計、建築設備設計の分野があり、専門とする分野を持っている建築事務所も多く見受けられます。

建築設計事務所市場の規模としては減少傾向にあり、競争はより激化している傾向にありますが、多くの起業の始まりは、人と人とのつながりとして既存の取引先からの紹介を受けることが多くあります。

建築設計事務所業界としては、構造設計事務所、設備設計事務所、積算事務所などに分けられますが、職務別には建築設計一般、構造設計、設備設計、積算見積もり、企画調査、工事監理、都市計画などに分類されます。

また広範な法律知識高度な技術力・独創性・提案力などが求められる業種でもあり、そのため専門分野に特化している事務所も多くあります。

2.建築設計事務所業界の課題を把握する

業界の課題として、建築設計事務所では他業種からの参入、設計料のダンピング、人件費、外注費の上昇などにより苦境にたたされているのが現状です。

このような中で建築設計部門をもつ他業界よりも優位な立場で事業展開を行うには、今まで以上に技術のレベルやモラルのアップを図ることが重要です。

また事業運営上の課題としては、事業主の基本コンセプトを理解し、的確に反映できる資質社会的な信用一般設計のみならず構造・設備・意匠など、各分野の優秀なスタッフの存在、設計管理に関しての有資格者の存在などが挙げられます。

そのような課題を整理する事で、創業動機となる起業の動機が明確になる事も多くあります。

コンサルティング業務を通じて顧客の掘り起こしを行ったり、金融機関・建設業者とタイアップして顧客の紹介を受けたりするなどの戦略や体制構築も事業計画書の作成においても重要です。

創業融資を得るための建築設計事務所の事業計画書の書き方

3.建築設計事務所で深く考えるポイント

また元請け、下請け型、紹介、コンペ方式、ホームページでの新規受注などの受注方法があり、どの分野をメイン、強みとしたモデルを作れるかがポイントとなります。

また必要な資金としては、人件費外注費のウェイトが高くなります。

設計から着工までの期間の長期化による立替資金、受注獲得競争が激化する中での回収条件の悪化による補填資金なども発生する事が予想されますので、計画を考える中で考察すべきポイントになります。

現状の建築業界の動向を考えていくと、綿密な受注計画、収支計画、事業計画の立案能力が大きく求められます。

業務知識や技術力は前提として、人脈、ニーズの発掘方法など広範から考察していく事が求められます。

4.建築設計事務所を軌道に乗せていくためには

建築設計事務所の起業ポイントとしては、業務知識、技術力、人脈、ニーズの発掘といった新規開拓力も求められ、得意とする専門分野でのアプローチの仕組みを構築する事も重要な要素となります。

創業融資を得るための建築設計事務所の事業計画書の書き方

5.建築事務所の事業でその他考えるポイント

事業の取り組みがある程度固まってくると、資金計画も併せて検討する事が重要となります。

事業を開始する前に必要になる資金と、事業開始後に必要になる資金を十分に検討する事で資金面からくる事業リスクを軽減する事が可能となります。

その事からも、事業開始前にどれくらい資金が必要になるのか、事業開始後にどれくらいに資金が必要になるのかを把握しておく事がポイントになります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.建築設計事務所の動向をチェックする
2.建築設計事務所業界の課題を知る。
3.資金関連と受注関連の計画性の考察が求められる。
4.建築設計事務所を軌道に乗せていく事を考える。
5.その他にも考えるべきポイントを整理する。

当センターでは、上記のポイントを踏まえた上で創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
リフォーム 200万 200万 創業融資
電気工事 500万 900万 創業融資
収益物件 500万 3500万 事業融資
シェアハウス 2000万 6000万 事業融資
ホテル 出資者向け プレゼン資料
保育園 保育施設増設 理事会向け
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

IT導入補助金を活用した建築設計事務所のホームページ制作

建築設計事務所の補助金を活用したホームページ制作

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

建築設計事務所の事業計画書の作成代行

建築設計事務所の事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

建築設計事務所の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立や営業許可もサポート

建築設計事務所の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く