開業時の必要資金 : 事業計画書創業融資の業界別の専門支援

ホーム > 事業計画書創業融資の業界別の専門支援 > 開業時の必要資金

開業時の必要資金

開業資金の考え方の基本

①事業を始めるに当たって設備に使う資金(物件取得費用、設備費用、資格取得費用、会社設立費用、消耗品など)

②仕入れが必要な場合は初期の仕入れ費用

③事業を始めて黒字化するまでの補填する資金

①については、リアルに事業計画を考えていくと、どんどん必要なものが出てきますので、イメージはつきやすくある程度までは計画できることが多くあります。

②についても具体的に仕入れを検討していくとおおよその必要な資金を計算する事は可能です。

③の場合は、発想がなかった、もしくはあいまいな場合が多くあります。

理由としては、売上計画や経費計画を具体的に出さないとなかなかイメージじずらい部分でもある事が挙げられます。

運転資金の不足分としても言い換える事はできますが、事業を継続するにあたって、絶対的に考えるべき事であります。

開業資金を考察していくと・・

ある程度の開業資金の全体像が見えてくると、それに応じた売上計画や資金計画を立てる必要性が見えてきます。

具体的には「起業してから何か月目で黒字化しなければいけないのか」が見えてくる事が挙げられます。

そこから売上計画の練り直しが始まり、どうしても不足する分が見えてくると、当初考えていた毎月の経費等の見直しも考えられるようになります。

そうした取り組みを繰り返す事で、本当に必要な資金が見えてくるようになり、自己で用意できる資金から差し引けば、不足分の開業資金を把握する事ができます。

またはじき出した開業資金も再度客観的な視点を持って見直しを行うと、より具体的な必要資金額が見えてきます。

例えば見積もり額が高過ぎないか、他に削れるものはないか、また他に必要なものはなかったのかなどの考察を繰り返す事で本当に必要な開業資金が把握できるようになります。

そのようにして何度も何度も売上計画、経費計画、初期に必要な設備投資する資金の練り直しが、事業をスタートしてからも継続できる事業計画と変わっていく事になります。

>>次のページ
開業資金を計画する

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く