ステンドグラス・ガラス工芸 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ステンドグラス・ガラス工芸

ステンドグラス・ガラス工芸

ステンドグラス・ガラス工芸業界の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

ステンドグラス・ガラス工芸の事業を始めるにあたり、店舗取得や設備などの開業資金事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

事業計画書作成代行のサポート

また、開業計画書を考える4つの視点や以下にステンドグラス・ガラス工芸業界の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

ステンドグラス・ガラス工芸業界の事業計画書作成のポイント

ステンドグラスは、様々な形や色のガラスを組み合わせアート作品のように、ドアや窓などの大きなものから、フォトスタンドやライトカバーなどを販売するため、デザイン、技術、経験など個人の要素がサービスの価値となります。

またガラス工芸はガラスを用いたガラス造形・ガラスアート・グラスアートとも呼ばれる業種であり、日用品、骨董・アンティーク、美術品・工芸品など幅広い創作表現方法や創作物となります。

1.ステンドグラス・ガラス工芸業界は

ステンドグラス・ガラス工芸業界は、以前より既成のガラス製品では物足りない、新居に拘りのガラスのドアを取り入れたい、オリジナルのデザインで自宅や社内を彩りたい、ガラスを用いた日用品などによる装飾など、特別感を得られるサービスを実施する業界として知られていました。

そんな時代背景の中で、大きな作品から、フォトフレームなど小さな作品が普及してきたことにより、名入れやオリジナルの絵でオーダー出来るとして、プレゼント用としても非常に需要が高まっています。

店舗としては、一元客というよりも、インターネット、SNS、口コミ、紹介等を通じて「探してくる」顧客が多いため、路面店というよりも自身の工房を店舗として郊外に構え、サービスを提供している傾向が見受けられます。

2.ステンドグラス・ガラス工芸業界の課題を考えていく

ステンドグラス・ガラス工芸業界の課題としては、作品作りに高い技術を要するため、職人の「人材不足」が挙げられます。

特に企業からの依頼で大量に受注した場合や、大きな作品の受注を受けた場合等、納品までに時間がかかる事に加え、その間の他の依頼に対応できなくなってしまい、例え継続して集客が行えたとしても効率よく対応が行えない可能性もあります。

今後としてはいかに顧客から継続して受注を受ける仕組みを作り、安定した経営を続けられるかがポイントになると考えられます。

事業を展開する場所にもよりますが、既成のガラス窓やインテリア商品に比べても高い傾向にありますので、大半は社会人の男性・女性または企業からの依頼となります。

また口コミや実際に作品を見た顧客への評判が広まりやすい事もあるため、デザインや技法の差別化や、名入れなどのサービスの差別化、カラーの知識・スキルアップ、コミュニケーションスキル向上が課題としても挙げられます。

3.ステンドグラス・ガラス工芸業界のお客様のニーズを考える

最初は友人、知り合いがお客さんになって口コミで集客していくパターンや、小さな作品のWEBSHOPでの販売や、委託販売を通して集客を実践していく流れになります。

以前からある業態とはいえ、WEBの発達やSNSの写真共有等を通して、認知度が高まっていることもありますので、新しく生まれたニーズを的確にキャッチアップし、顧客の満足度を引き上げる事が重要となります。

また顧客によっては、本格的なアート作品はもちろん、贈り物用として差別化を求める消費者ニーズも大きく存在しています。

自身が展開する事業場所やターゲットの商圏、年齢等に応じて、ニーズも多種多様存在しているため、事前に消費者ニーズをしっかりと把握・整理していく事が重要となります。

4.ステンドグラス・ガラス工芸業界の事業で深く考えてみるポイント

これまで身に着けてきた経験や技術が必要なこともあり、簡単に新規参入ができる業界ではありませんが、すでにステンドグラス・ガラス工芸品を制作・販売している企業も多数あるため、差別化も大事な要素となります。

また、大きなものほど、一度購入したら作品を気に入って満足したとしても、すぐに継続利用するケースは少ない傾向にありますので、新規集客を見据えた事業展開は重要な要素となります。

手作りの温かみやオリジナリティが求められる事が増え、ステンドグラス・ガラス工芸市場自体は今後も拡大が予想されますので、ターゲット層の選定、新規顧客層をどのように集客していくのかなどのマーケティング計画は抑えておきたいものです。

顧客の需要動向としては、しっかりとした顧客ニーズを掴み、サービスを提供する事が出来れば、継続的な会員客となります。

繁忙期と言えば贈り物としての需要が増える3月~4月や年始に記念品のオーダーをするニーズが強くなります。

また今後は新たな技法による制作や流行のデザイン、色使いが出てくる事も想定され、更なるニーズの多様化も考えられます。

そのように顧客・会員ニーズをどのように掴んでいくのかが考察するポイントにもなります。

5.ステンドグラス・ガラス工芸事業を軌道に乗せるためには

ステンドグラス・ガラス工芸事業は作品のデザイン力や技術に加え、値段設定の分かりやすさや、工房に行けない場合の注文のしやすさ等も考慮することが重要になります。

その事からも、競合比較となった場合の対策としても、WEBサイトやSNSでの情報発信の活用も検討していく事が重要であると言えます。

その他にも、競合回避方法、工房及び店舗の内装・外装、設備等、作品のコンセプトを表現したWEBSHOP作り、付属品などの物販の考察、カタログデザイン、コミュニケーションスキルの活用も検討する事が必要なポイントになります。

ステンドグラス・ガラス工芸業界は技術と経験があれば事業を始めやすいがゆえに、事業の計画があいまいであったりすると事業を軌道の乗せるまでに多くの時間が必要となってしまうため、事業計画の内容を明確に固めていく事が重要になります。

6.ステンドグラス・ガラス工芸業界でその他のポイント

事業計画の取り組み内容が明確になってくれば、事業資金を検討する事が重要となります。

事業を始めるまでに必要になる資金と、事業開始後に必要となる資金を計画します。

ステンドグラス・ガラス工芸事業は比較的設備投資が少ない傾向にある業態でもありますので、特に運転資金に対してどれくらい必要になるのかを検討する事が必要となります。

その必要資金に対して自己資金で補えない場合は資金調達として融資を検討する事になりますが、より現実な資金調達とするためにも、適切な資金計画を立てていきたいものです。

事業を始めるまでに、計画する事が多岐に渡るため、事前に事業開始スケジュールを踏まえた上で、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.ステンドグラス・ガラス工芸業界の事を考える。
2.ステンドグラス・ガラス工芸業界の課題を整理して理解する。
3.お客様ニーズは常に検討する。
4.新規集客の重要性を理解し取り組みを明確にする。
5.事業を軌道に乗せるためのポイントを明確にしておく。
6.その他の事業計画を構成する内容を整理する。

当センターでは、事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

また創業融資で日本政策金融公庫にチャレンジして融資を受けられなかったとしても銀行向けで再度創業融資をチャレンジする事も可能です。

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

ステンドグラス・ガラス工芸の事業計画書の作成代行

事業推進のための後継者や事業承継における「事業承継融資」

ステンドグラス・ガラス工芸の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

ステンドグラス・ガラス工芸の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く