システムインテグレータ : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > システムインテグレータ

システムインテグレータ

システムインテグレータの事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

事業を開始するに当たり、開業資金が必要事業資金を確保したい新規事業を始めたい多角化経営、事業転換したい起業家・経営者・担当者様向けに新規事業の事業計画書作成代行・創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が行います。

融資審査をクリアできるまでの事業計画書、その事業計画書に即した面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行を支援しています。

事業計画書作成代行のサポート内容

またシステムインテグレータの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

システムインテグレータの事業計画書作成のポイント

システムインテグレータはSIer(エスアイアー)とも呼ばれ、情報システムの企画から構築、運用までに必要なサービスを一括して提供するものと定義されています。

平成に入ってアウトソーシングブームを背景に大きく発展した業界でもあります。

システムインテグレータは重層的な下請け構造を形成しており、コンピュータメーカー系列会社である「メーカー系」、ユーザー企業の情報システム子会社である「ユーザー系」、資本的には独立した「独立系」に分類されます。

市場では独占的な企業は存在せず、国内の売上高上位5社で4割のシェアとなっており、弱い寡占状態でもあります。

最初にシステムインテグレータ事業計画書・開業計画書の4つの視点を踏まえて考える事が重要となります。資金面では、開業時に必要な資金の考え方から抑えておきます。

大枠の事業計画書作成に必要な事を理解して事業計画書のポイントを考えます。

事業計画書の意味

【市場動向】

契約先は製造業、同業者、金融・保険業が大多数を占めますが、飲食店、宿泊業が大きく伸びています。

一方業務種類は受注ソフトウェア開発が大多数を占めています。

【業界の課題】

技術革新・新商品開発の中でカギとなる技術は、RFID、オープンソースソフトウェア、情報セキュリティ、クラウドコンピューティング、アジャイルソフトウェア開発が挙げられています。

RFIDとは、微細な無線チップを使って、人間や商品を識別したり、管理したりする仕組みの事で、生産や物流をはじめ、環境や安全など幅広い分野において活用が期待されています。今後の普及にはさらなる低価格化や規格の標準化が不可欠となります。

オープンソフトウェアはこれまでOS等での利用が主流でありましたが、最近ではミドルウェアやフレームワーク、業務アプリケーションの領域でも利用が拡大しつつあります。

情報セキュリティは近年、企業における情報セキュリティへの取り組みが重要視されており、特に個人情報保護、ウィルス・スパイウェア対策、Webアプリケーションセキュリティの3点が大きな課題となっています。具体的にはシンクライアント、Webアプリケーションファイヤーウォール、検疫ネットワークなどの技術が注目されています。

クラウドコンピューティングは利用がどんどん進んでいる分野であり、ユーザー側のITの所有から利用へという考え方の変化が進みつつある事を示している事になります。

アジャイルソフトウェアは、短い反復を繰り返す事でリスクを最小化しつつ、迅速に開発する事を目的としたアジャイルソフトウェア開発が近年注目されています。ユーザーから高まる短納期対応の手段として今後も期待されています。

また経営高度化の動向が挙げられており、代表的な知識集約産業であるシステムインデグレーターでも、業務が属人的に処理され、組織的な取り組みに欠けている企業も多いと言われています。そのためシステム品質、コスト、納期を的確に管理するためにプロジェクト管理を徹底し、付加価値を高めたサービスを指向する必要があると考えられます。

一方、プロジェクトマネジメント、情報セキュリティ、個人情報保護などの取組み比較的進んでおりますが、生産性の向上、知識の共有化などでは改善が必要とも言われています。

他にも国際化への対応や、人材育成への対応もキーワードとして挙げられています。

【一般的なシステム開発工程】

要件定義:システム化する範囲や対象業務を明確にする

基本設計:外部設計あるいは概要設計とも呼ばれる。要件定義を元にユーザーからみたシステムに必要な機能の概要を設計する

詳細設計:内部設計とも呼ばれ、基本設計をもとに技術的観点で詳細な仕様を設計する

開発:プログラミングあるいは、製造とも呼ばれる。詳細設計をもとにソフトウェアの実装を行う

テスト:プログラムの単体でのテストである単体テスト、単体のプログラムを結合しシステム全体が設計された仕様どおりに動作するかのテストである結合テストなどを行う

運用・保守:本稼働後の運用支援や、障害等への対応を行う

【事業を構築していくに当たってのポイント】

メーカー系、ユーザー系では親企業からの受注が多くなり、また独立系においても特定の大口固定客からの受注に依存していることが多くなります。

業界的にはいかに安定的に受注を確保できる顧客基盤を持つことが一番重要視されています。

ソフトウェア開発の受託事業では、一般的に売上高は小さい傾向にあります。一方情報システムの企画から構築、運用までの一括請負を行うシステムインテグレーション事業では、全体の売上高は大きくなりますが、仕様を明示しない顧客と完成後にトラブルになるリスクもあります。

リスク回避のためには、見積価格の正確さやプロジェクト管理力、仕様変更時の顧客との折衝力などが必須事項となり、それを支えるシステムエンジニア等の優秀な人材の確保もポイントとして挙げられています。

また独自商品(パッケージソフト等)や特定の得意分野などを持っている場合は、価格競争に巻き込まれる事が少なく、強みとなる事が多くあります。

加えて同業のシステムインテグレータと連携することで、得意分野・商品を組み合わせて付加価値を高めるなど、アライアンス戦略も重要な要素と言えます。

今後はインフラ系事業の整備と共に益々競争が激化する環境下においては、付加価値を高めて他業者との差別化を図るためにも顧客に対して、課題解決策を提案する「ソリューション型営業」もキーポイントとなってきます。

また個別の受注案件に対しても採算性の向上に取り組む事も必要な事となります。

【資金】

システムインテグレーション事業は、契約にもよりますが、システム完成時の入金が多くなります。

したがってシステム開発の途中段階では入金がなく、開発人件費支払のための資金が必要となります。

また開発人件費はシステム開発期間を通じて一定ではなく、システム開発工程ごとに変動します。

開発段階では投入人員が多くなり、多額の資金が必要となります。

事業計画書を作成する時のポイント

事業を計画するに当たっては、現状の需要と課題に着目していくとより良いサービス・商品を導き出していく事が可能となります。

また機会や懸念、競合との状況、バランスなど総合的に勘案していくとより具体的な事業計画書となります。

起業や独立開業の場合は、創業動機となる起業の動機を考える事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を踏まえて開業資金を計画していきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

新規事業を始めるためには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

ですが、イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいなままである事も多くあります。

また第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書が必要となります。

事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面の根拠不足や定量面の根拠不足である事業計画書の多くの問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点を作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
  新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

システムインテグレータの起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業、多角化経営、事業転換や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
人材マッチングアプリ 100万 400万 創業融資
人材紹介アプリ 350万 950万 アプリ開発費
動画制作 出資者向け プレゼン資料
ゲームアプリ 出資者向け プレゼン資料
SIer 出資者向け プレゼン資料
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEの無料相談

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く