靴屋 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 靴屋

靴屋

靴屋の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

事業を開始するに当たり、開業資金が必要事業資金を確保したい新規事業を始めたい多角化経営、事業転換したい起業家・経営者・担当者様向けに事業計画書作成代行・創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が行います。

融資審査をクリアできるまでの事業計画書、その事業計画書に即した面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行を支援しています。

事業計画書作成代行のサポートはこちら

また靴屋の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

靴屋の事業計画書作成のポイント

靴屋は使用する主体として、紳士靴、婦人靴、子供靴に分けられ、用途によりフォーマルシューズ、スポーツシューズ、インドアシューズ等に分けられ材質により革靴、合成皮革靴、布靴、ケミカルシューズに分けられ、製法により、機械靴、手縫靴に分けられます。

最初に靴屋の事業計画書・開業計画書の作成には4つの視点を踏まえて考える事が重要となります。

資金面では、創業・開業資金の基本的な考え方から抑えておきます。

大枠の事業計画書作成に必要な事を理解して事業計画書のポイントを考えます。

事業計画書とは・・

最近の需要動向の特徴としてTPOにより靴を履き替える習慣の定着、ファッション性に加え機能性に対するニーズの増加、靴の種類によって購入する店を使い分ける傾向の高まり、健康ブームを反映し、スポーツシューズ、ケミカルシューズが伸びている事が挙げられます。

こうした消費者ニーズの多様化・個性化を受け、靴小売業界では量から質への転換が要求され、競争も激化している傾向にあります。

またファッション性の高まりから商品ライフサイクルも短くなっており、いかにニーズにあった商品を適量仕入れ、在庫が切れることなくシーズン中に販売できるかがポイントになります。

靴屋業界の課題としては、現在の靴小売業は大きな曲がり角に立たされています。

大型チェーン店の進出による上位集中、他業界からの参入、ディスカウンターの台頭のなかで、従来の履物店は苦境に立たされることになりました。

これからはシューズショップのイメージアップを図る事とともに、既存店舗の見直し、不採算店舗のスクラップアンドビルドが必要になっています。

こうしたなかで今後の課題を列挙すると、マーチャンダイジングの強化・売れ筋の把握、経営力・企業力の質的アップ、財務力の強化、人的サービス力、教育の強化、在庫管理の強化などが挙げられます。

商品の特徴として、靴は典型的な買回り商品であります。

特に婦人靴は買回り特性が強くあります。購入者は値段の高・安よりも「高くてもよいものを買う」という人の方が多く、デザインが最重要ポイントとなります。

以下、色・値段・素材の感じ・履きやすさ・機能性の順となっており、昨今のファッション化のもとでは一層、この傾向は強まると考えられます。

一方、紳士靴は実用性が購入動機のトップに挙げられています。

こうした中で靴屋は立地産業と言われますが、それぞれの立地にあった品揃えが最重要業務となります。

立地や人の流れ、売る対象の年齢性別、店の規模、競合状況により品揃えを決定しなければ、売れる店舗にはなかなかなりづらいという事も挙げられます。

事業を作っていくにあたってその他には、店舗内装の考察、ターゲット層の明確化、コンセプトの設計、消費者ニーズの把握、ターゲットに合わせた品揃え、時代の変化を読み取る力、シーズン中の品揃え確保、在庫コントロール、企画力、販売力、資金計画などが挙げられます。

起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を踏まえて開業資金を計画していきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

新規事業を始めるためには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

ですが、イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいなままである事も多くあります。

また第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書が必要となります。

事業計画書の定性面と定量面の根拠

事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面での根拠不足と定量面の根拠不足の問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点について作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
  新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
④  新規事業の事業計画書の作成代行

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業、多角化経営、事業転換や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

契約書

業務委託契約書を始めとする各取引先との契約で注意すべき点を踏まえた契約書の作成代行も支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く