コーチング業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > コーチング業

コーチング業

コーチング業の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

コーチング業の事業を開始するにあたって、事業を始めるまでの資金、運転資金などの開業資金事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

また、開業計画書を考える4つの視点や以下にコーチング業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

コーチング業の事業計画書作成のポイント

コーチング業は、基本的には顧客に対して、1対1や1対複数人に向けて、指導をする形式をとるため、コーチングの知識やスキル、経験、これまでの実績など個人のマンパワーがサービスの大きな付加価値になる傾向にあります。

1.コーチング業界は

コーチング業は、コーチング業は、様々な目標を達成させるためにサポートをする事を主な仕事とし、無造作に目標達成をするだけでなく、場合に応じて顧客の「能力」を引き出しながら、成長を促進し、目標を達成させていく役割を持っています。

国内でのコーチン業は、2000年を過ぎたあたりから注目が集まり、早くには企業の従業員の人材育成やマジメントに対して、コーチング技術が取り入れられるようになり、特に「モチベーション」「ビジョン」「目標設定」などの分野で認知が広がりました。

そして、そのコーチングスタイルは、人材管理・マネジメントだけではなく、様々な分野へと展開していきました。

2.コーチング業の課題を考えていく

コーチング業界の課題としては、当のコーチングを受ける顧客や従業員が役に立つものでないと、どんなに良いメニューや方法を用いたとしても効果を実感しづらい事が挙げられます。

そのため、素晴らしい技術やメソッドであったとしても、顧客が明確な「目標を設定している」事が重要であると言えます。

その他では、「机上の空論」であったり、「現場の実体と合わない」等、現実と乖離していると感じる事も見しばしば見受けられます。

今後はいかにして、対象の顧客が、「目標を達成させるために役立つもの」であったり、「現実的な取り組みである」と感じられるメニューの開発や、提供の方法が求められ、ニーズも多様化していく傾向にあると考えられます。

そのようにして顧客の課題を整理していくと、提供するべきメニューやサービスも形成していく事が可能となります。

3.コーチング業の顧客ニーズを考える

コーチングのニーズとしては、最も大きなものとして、「目標を達成できる」事にあります。

これまでの取り組みでは実現出来なかった目標を、コーチングの力を借りて達成出来れば大きな喜びや成果を得られる事になります。

また、その他では、これまでとはちがう「特別感」や「手法」が求められる事にもあります。

そして、それは重要である「コミュニケーション」などのベースの力に加えて、視野の広さや視点の高さ、業界への理解からくる具体的なアドバイスを求める声もあります。

その他では、これまでの豊富な経験や、様々な視点、実績があれば、より現場に即したサービスを受けられる事にもつながるため、信用・信頼を得やすい事も挙げられます。

以前からある業態とはいえ、人柄や人間力も評価の対象となるため、マニュアル的なアプローチだけではない取り組みが必要であると言えます。

4.コーチング業の事業で深く考えてみるポイント

コーチング業において特に必要な許認可等はなく、また決まった場所で執り行う事も少ないため、大きな設備投資をしなくても事業を始められるため参入障壁は低いと言えます。

その事からも独自のメソッドやスキルでアプローチする事は重要であるあるものの、競合他社はどのように展開しているのかを確認し、自身の差別化ポイントを明確に設定する事が大事な要素であると言えます。

また、一定の成果を達成できた場合は、自然と顧客が離れていく事にもなるため、常に新規集客の仕組みを考察しつつ事業展開を計画する事は重要であると言えます。

コーチング業は、益々多様化するニーズに応じて市場の拡大が想定されるため、よりどのような顧客層をターゲットに選定するのか、またどのような期待に応え続けるのか、そして継続して利用してもらうためには何が必要なのかを考えておく必要があります。

また、取引額の大きい特定の顧客を獲得出来ると、事業基盤が安定します。

事業を推進していくに当たり、どのような顧客ニーズに対してサービスを提供すれば、取引が安定するのかも十分な検討が必要と言えます。

とは言え、現状は顧客ニーズもより細分化されていくため、サービスの検証・改善を繰り返し、顧客の傾向やニーズを探っていく事も重要なポイントであると言えます。

5.コーチング事業を軌道に乗せるためには

コーチング業は業種に応じて様々な取り組み方がありますが、基本的には出張スタイルが多いため、大きな設備投資が必要にならないケースが多くあります。

ですが、取り組みによっては、特定の設備やスタジオなどを完備する事で、特別感の演出も可能であったり、より効果を発揮できるコーチングを提供する事も可能になります。

提供するサービスと他社との差別化の中でどのように自社のサービスとして提供していくべきなのかを検討する事が重要です。

その取り組みに応じて必要な毎月の経費も変動するため、方向性を決めた上で、どれくらいに売上を確保しなければならないかを事前に整理していく事が重要です。

また常に、新規顧客を獲得していく事が求めれるため、プロモーションの計画も十分に検討する必要があります。

個人をブランディングする事で評判を得やすい傾向にあるビジネスでもあるため、WEBサイトの活用、SNSでの情報発信はもはや欠かせないものであると言えます。

そして、既存顧客からの紹介や口コミによる獲得も視野に入れ、事業を推進する事で事業の継続性も高まります。

その事からも常に検証・改善を繰り返し、事業を推進しながらブラッシュアップしていく事も重要であると言えます。

6.コーチング業でその他のポイント

コーチング業の起業や独立開業の場合は、創業動機を考える事や新規集客戦略など、ポイントを確認しつつ事業モデルを構築します。

そして、事業の大枠の取り組みがイメージ出来れば、事業に必要である資金計画を考えます。

その資金計画において、事業を開始するまでの必要となる設備資金と、事業開始後に必要になる運転資金の両側面を検討して収支計画書を作成します。

また、事業を開始してから必要になる毎月の経費として、運転資金を考える事になり、そこから資金計画として開業資金を計画する事となります。

そして、個人事業主では生活費は忘れてはいけない重要ポイントです。

そして全て必要となる資金に対して自己資金だけでは足りない場合は、資金調達を検討する事となり、日本政策金融公庫の融資や銀行の融資を中心とした借り入れを検討する事となります。

これから事業を始めるにあたり、計画する事が多岐に渡り、事業開始のスケジュールから逆算して事業計画の作成を進め、事業開始後の成功確度を高められるように取り組む事は重要であり、その1つの1つの積み重ねがいろんな気づきを得られる事につながります。

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントに応じて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成をサポートしています。

その他では、新規事業の事業計画書の作成代行にも対応しています。

まとめ

1.コーチング業界傾向を知る
2.コーチング業界の課題に注力してみる
3.顧客ニーズを検討する
4.差別化とサービス提供内容は深堀する
5.提供方法とプロモーションも計画する
6.資金計画も併せて検討する

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための事業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 事業計画書の意味
④ 起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは
⑤ 成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
④ 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
コーチング業 100万 300万 創業融資
パーソナルトレーナー 200万  700万  創業融資
フィットネス 200万 700万 創業融資
フィットネス 新規事業 金融機関説明資料
フィットネス 新規事業 プレゼン資料・採用
教室 社内新規事業コンテスト プレゼン資料・採用
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

IT導入補助金を活用したコーチング業のホームページ制作

IT導入補助金を活用したコーチング業のホームページ制作

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

コーチング業の事業計画書の作成代行

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

コーチング業の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く