デジタルコンテンツ・映像 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > デジタルコンテンツ・映像

デジタルコンテンツ・映像

デジタルコンテンツ・映像の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

デジタルコンテンツ・映像業を開始するに当たり、開業資金・事業資金が必要、新規事業を始めたい、多角化経営、出資を受けたい起業家・経営者・担当者様向けに日本政策金融公庫・信用保証協会(銀行融資)の創業融資のフルサポートや、新規事業の事業計画書作成代行を創業融資・事業計画書作成の専門家が支援します。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

またデジタルコンテンツ・映像の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

デジタルコンテンツ・映像の事業計画書作成のポイント

まず最初に事業計画書の意味を考え、事業計画書を作成するにあたり、開業計画書を考える4つの視点を検討する事で事業計画書作成のポイントを少しずつ理解していく事が可能となります。

デジタルコンテンツ業は「映像」「音楽・音声」「ゲーム」「図書・新聞・画像・テキスト」の4分類に分類され、その各分野で利用者が購入する段階でデジタルとなっているものをデジタルコンテンツと言い、顧客にデジタル化されたコンテンツを提供するために制作を行う業種と言えます。

現在も様々な方面に広がりをみせている業態ですが、違う面から見るとわかりづらい業態でもあります。

ただ多くは、急速に伸びている分野へのデジタル配信が多くあり、インターネットやスマートフォン等でのPRや配信関係するものが多くあったりします。

また市場で受け入れられるためにコンテンツのクオリティーや新しさ、斬新さ、感動、共感などの人の心に訴えるコンテンツも重要な要素となります。

デジタルコンテンツ業界の課題としては、デジタル化が標準化されていない、従来の紙媒体とのデジタル配信のビジネスモデルに大きな乖離がある、著作権、コピーなどの問題が挙げられます。

他には人材の育成面も重要視されており、主たる利用者向けの感性を理解してコンテンツを企画し、制作していける人材の育成が重要です。動きも早いため新しい技術への対応力、取り組みができる体制作りも考慮に入れる必要があります。

その点を踏まえた上でのビジネスプランを考察する事は重要になります。

今後としては、今も伸びているインターネット配信やスマートフォン、アプリ当の流通が更に加速していくものと見込まれています。

そして海外展開、コンテンツ産業への進出も行いやすい事からも積極的な展開が期待されます。

制作から債券の回収までの時間が短いものがより、企業の収益性は確保する事ができます。

また今まで世の中に出てきた自社と同一のカテゴリー、分野のデジタルコンテンツを分析する事も重要な要素です。

その他にも成長性の高い分野への進出・開拓、他社との差別化要因、強み、新たな技術への対応、開発、知的財産権の取り組み、法的チェック機能、人材育成・教育から資金計画まで多岐に渡って重要な要素が多くあります。

その時代になぜそのデジタルコンテンツがヒットしたのか、その理由、根拠を探ることで自社のコンテンツのレベルアップ、流通形態の考察等によりコンテンツ強化にもつなります。

起業や独立開業の場合は、創業動機となる起業の動機を考える事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を踏まえて開業資金を計画していきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

新規事業を始めるためには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

ですが、イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいなままである事も多くあります。

また第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書が必要となります。

事業計画書の定性面と定量面の根拠

事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面の根拠不足や定量面の根拠不足である事業計画書の多くの問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点を作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  事業計画書作成代行のサポート
  創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート
新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
人材マッチングアプリ 100万 400万 創業融資
人材紹介アプリ 350万 950万 アプリ開発費
動画制作 出資者向け プレゼン資料
ゲームアプリ 出資者向け プレゼン資料
飲食店卸 スタートアップ支援 プレゼン資料
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

デジタルコンテンツ・映像の事業計画書の作成代行

デジタルコンテンツ・映像の事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

デジタルコンテンツ・映像の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

デジタルコンテンツ・映像の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く