ゲームソフトウェア業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ゲームソフトウェア業

ゲームソフトウェア業

ゲームソフトウェア業の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

ゲームソフトウェア業の事業を始めるにあたり、資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

また、開業計画書を考える4つの視点や以下にゲームソフトウェア業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

ゲームソフトウェア業の事業計画書作成のポイント

1.業界動向は

ゲームソフトウェア業は、主に業務用テレビゲーム、パソコン、家庭用テレビゲーム、スマートフォン、オンラインなどでゲームを行うためのプログラム作成となります。

最近では、ゲームソフトを稼働させるハードが多様化しゲームソフト産業のビジネスモデルも多様化しています。

特に携帯電話をハードとしてユーザーがゲームを介してコミュニケーションを取りながら他のユーザーと交流・協力してゲームを作るソーシャルゲームが成長しています。

ソーシャルゲームの多くはゲーム開始時期は無料で、その後ゲームに必要な様々なアイテムをゲーム利用者が購入することで収益を得る仕組みとなっており、パッケージソフトの販売、ダウンロード販売、利用料としての定期課金などの従来のビジネスモデルとは大きく異なっています。

2.ゲームソフトウェア業界の課題について

ゲームソフトの主流ジャンルは時代の流れとともに大きく変化しています。

ロールプレイングゲーム、アクションゲーム、パズルゲーム、スポーツなどが主要でありましたが、その後は育成シュミレーションゲーム、電車運転シュミレーションゲーム、音楽を素材としたゲーム、実用・教養ゲームなど新たなジャンルのゲームソフトが開発されてきました。

新たなジャンルを確立することは新たなゲームユーザー層の取り込みにつながるため、取り組み・考察が重要な要素となります。

また非参加層を取り込んでいく戦略としてより高い年齢層に受け入れられるゲームの開発も課題として挙げられています。

事業計画を作成する上で業界の課題を整理する事で、創業動機となる起業の動機が明確になる事も多くあります。

3.ニーズはどこにあるのか

ユーザーが求めるゲーム志向を考察するところから始まります。

ターゲットの年齢層を見極めた上で、時流のニーズを掴み、半歩先へとアプローチしてけるかがポイントになります。

また最近では、キャラクタービジネスが流行しているように、ゲームからの発展性としても取り組みたい市場でもあります。

音楽家声優などでのメディア訴求も合わせて考察していきたい部分でもあります。

4.考えるポイント

ゲームソフトウェア業のビジネスプランとしては、自社開発、受託開発かによって大きく変わってきます。

特に自社開発の場合は想定以下の売上だった場合、開発費用を回収できずに収益が悪化してしまいます。

またゲームソフトの内容は実際にプレイしてみないとその魅力や内容がわからない部分も多いことから消費者に対して商品の認知を高め、その魅力をいかに伝えていくかもポイントになります。

様々な広告媒体を活用したクロスメディア戦略もビジネスプランにおいて考慮したい点でもあります。

またソーシャルゲームの場合は、制作費が比較的安価な単純な操作のゲームが主流となっていますので開発期間開発コストを抑えた事業モデルを構築できるかも重要な要素となります。

今後の成長を見越してソーシャルゲームへの移植も見られるようになっています。

ただし、最近ではスマートフォンの普及率が高くなった事も踏まえ、単純なゲームではなく、全般的に複雑化している傾向もあり、開発期間の長期化開発コストの長期化傾向にありますので、この2軸での事業モデルはより重要度を増しています。

5.軌道に乗せるために考えるポイント

起業のポイントとしては自社開発受託開発をバランスよく立案し、事業の継続も考慮した計画が必要です。

またクオリティーの高いソフトウェア開発も人的経営資源に大きく影響を受けます。

業績悪化のリスクヘッジとして、開発工程のアウトソーシング、契約社員、パート、アルバイトを含めた人件費対策も重要な要素にもなります。

社内、社外等の人的資源の確保、教育等のマネジメントスキルも並行して必要な要素となります。

6.その他のこと

事業の取り組みが固まってくると、資金計画を検討する事が重要になります。

事業を開始するまでにどれぐらいの資金が必要になるのか、事業開始後にどれくらいの資金が必要なのかを事前に検討する事で、資金面からくる事業リスクを軽減させる事が可能となります。

そして必要となる資金が不足している場合は資金調達を考えます。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.業界動向を知る。
2.課題点を常に意識する。
3.ニーズはサービス面のリーチ点。
4.ターゲットを見極め半歩先のコンテンツを考える事もポイントになる。
5.軌道に乗せていく事を意識する
6.事業計画に必要なことも計画する。

当センターでは、上記のポイントを踏まえた上で創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
人材マッチングアプリ 100万 400万 創業融資
人材紹介アプリ 350万 950万 アプリ開発費
動画制作 出資者向け プレゼン資料
ゲームアプリ 出資者向け プレゼン資料
飲食店卸 スタートアップ支援 プレゼン資料
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

ゲームソフトウェア業の事業計画書の作成代行

ゲームソフトウェア業の事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

ゲームソフトウェア業の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

ゲームソフトウェア業の会社設立・営業許認可の申請代行

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く