モバイルコンテンツとアプリ販売業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > モバイルコンテンツとアプリ販売業

モバイルコンテンツとアプリ販売業

モバイル・アプリ制作業の事業計画書や創業融資の創業計画書や補助金の申請を成功報酬なしで作成代行

モバイルコンテンツ・アプリ制作の事業計画の作成代行と創業融資の創業計画書を専門家がサポート

バイルコンテンツ・アプリ制作の事業を始める・会社を立ち上げるにあたり、開業資金や事業資金が必要で創業融資による資金調達を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックの融資支援サービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービス、経済産業省管轄の小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請・採択を受けられたい方向けに補助金向け事業計画書の作成サービスで事業計画書の作成代行を実績豊富な専門家が支援しています。

事業計画書の書き方や創業計画書の作成ともなると難しいイメージがありますが、当センターでは、600以上の事業計画書のコンサルティング、金融機関の面談同席で培ってきたノウハウがあり、法人を経営している行政書士を始めとした専門家が対応し、金融機関から評価をいただいている創業計画書や事業計画書を支援させていただいているため、ご安心してご相談・ご依頼いただけます。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

創業融資・事業計画書作成のメール無料相談また、以下にモバイルコンテンツ・アプリ制作の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

モバイルコンテンツ・アプリ制作の事業計画書作成のポイント

モバイルコンテンツ・アプリ制作では、携帯電話向けのモバイルコンテンツになり、現状でもスマートフォン向けの着うた、着メロ、アプリなどのゲームやモバイルコマース(物販サービス、トランザクション)、モバイル広告などを行っている事業になります。

ガラケーと言われる携帯端末からスマートフォンの普及率の向上に応じて、モバイルコンテンツ関連事業に参入する企業も増加傾向にあります。

モバイルコンテンツ、モバイルコマース、モバイル広告の市場の中ではモバイルコマースの成長性が最も著しいとも言われています。

現在、商品によっては、パソコンからの購入ではなく、スマートフォンからの購入が圧倒的に上回っている事などからも更に市場は拡大する事が予想されています。

需要の動向としては、消費者ニーズの多様化が大きく起因しており、通話・電子メールの利用から、アプリケーションサービス(LINEなど)を中心により大きく市場が拡大されていると言われています。

情報発信のニーズとしては、着うた、着メロ、地図などの検索機能、ゲーム機能、天気予報、ニュース、辞書、コミュニティ、物販、金融など多岐に渡っています。

最近の事例では、生活支援・応援系サービス、人材マッチングサービス、業種特化型のWEBマガジンサービス、課金支援系などが多い傾向にあります。

モバイルコンテンツ関連企業の収益性は、コンテンツ開発の付加価値によるものが大きくあります。

コスト面では人件費や外注費がメインであることと、開発期間やリリース後の需要などによって、局地的に労働力が必要になる事も多くあります。

コンテンツの品質を落とさずに、これらのコストを抑える事が収益性の向上につながります。

業界の展望としては、ビジネスニーズへのより細かな対応が挙げられており、パソコンに変わる新たな情報端末として、期待されています。

操作性やモバイル検索連動広告などの市場も拡大していくと予想されます。

また、モバイルコマース市場も競争が激化していることからも今後はターゲットの明確化と消費者ニーズの把握、保有技術やコンテンツ作成の強みの再確認、客観的な投資効果の確認など戦略的に行っていくことが必要であると考えられています。

最近では、サービス展開方法として、free商法が採用されている事も多く、どれだけ潜在的なユーザーを多く確保できるか、またその顧客への段階的なアプローチが出来るのかなどもサービスを拡充、安定化させる上でも重要なキーポイントになりそうです。

アプリ系サービスとなると、一番重要になるマネタイズ(課金など)の仕組みも考える事が重要になります。

可能な限り収益を生む仕組みに対する障害を取り除き、利益化するビジネスモデルを構築したいものです。

そして、モバイル・アプリのビジネスモデルでは、どこまで事業をスケールさせられるかが、大きな関心事でもあります。

スケールさせられる判断基準としては、「マーケット市場の規模」「今後の市場の成長」「広げやすさ」の観点が挙げられます。

未開拓分野も多い市場ではありますが、いくらまだ世の中にないサービスであったとしても、ニッチマーケットであると、市場のシェアが大きく取れないため、サービスを提供する前から、売上の上限が見えてしまいます。

そして、今後の市場の成長が見込めるのであれば、更にシェア獲得が見込め、また、サービス導入・利用の促進も併せて見込める事になります。

また、広げやすさとして、マーケット市場の規模も関連しますが、ターゲットとするユーザーの「課題の解決」がどこまで出来るのかがポイントとも言えます。

「他のサービスにはない、絶対そのサービスを導入したい」というものであれば、より多くのターゲットユーザーの利用を見込む事が可能です。そのため、競合他社で提供されているサービスに対して、詳細のリサーチをする事が重要です。

そのような観点も踏まえて、サービスを設計出来るのであれば、開発・ローンチしてからの成功確率も高まると言えます。

その他では、コンテンツの開発力や人材、資金、情報力の資源の確保、全体の収益性、不採算案件等のジャッジ等の指標なども考察する重要なポイントにもなります。

今後も伸びていく市場ではありますが、参入障壁も低い事から、いかに消費者ニーズをくみ取り、半歩先を行くコンテンツ展開が出来るかが大きなポイントにもなるため、アイデアの他にも経営に必要な人の資源、資金計画まで多岐に渡って綿密に計画していく必要があります。

逆にこのような観点が不足していると、事業計画書の多くの問題点にあるような事業計画の書き方となってしまうため、事前の検討が必要であると言えます。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための事業計画書の作成代行支援を行っています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

起業家・経営者様の事業計画書の作成をサポート

モバイルコンテンツ・アプリの創業融資の創業計画書や事業計画書の作成代行を行政書士が支援

当センターの料金・価格表
創業融資・事業計画書サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 107,000円
※成功報酬なし
・事業計画書作成
・事業計画書ブラッシュアップ作成
80,000円
160,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
 事業の進捗管理・モニタリングサポート 20,000円/月
当センターの住所・対応エリア
創業融資てづくり専門支援センター事務所
G1行政書士法人内
東京本社】
東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI 713

【大阪支社】
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8 淀屋橋MIビル3階
対応エリア
G1行政書士法人の本社がある港区を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県
大阪支社がある大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県
その他の地域では、名古屋・広島・福岡をはじめとして日本全国にも対応しています。
事業の成功者が活用している「創業融資」

モバイルコンテンツとアプリ販売業の創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

モバイルコンテンツとアプリ販売業の事業計画書の作成代行

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請サポート

モバイルコンテンツ・アプリの小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請をサポート

LINEでの無料相談を行っています

モバイルコンテンツ・アプリのLINEの無料相談(創業融資てづくり専門支援センター)

また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立・立ち上げもサポート

モバイルコンテンツとアプリ販売業の会社の設立・立ち上げ・営業許認可の申請代行

モバイルコンテンツとアプリ業界のお客様の声

「開業する時に何を考えるかをすごく考えさせられました」

(埼玉県 ゲームアプリ製作 男性)
ゲーム業界に長く携わり、いづれ今までにないゲームアプリを世に生み出していきたい!と考えていたものの開発する資金が不足していたためお願いすることにしました。
事業計画を作っていくにあたり、開発会社との交渉など変更も多くありましたが、事業計画にアウトプットしたイメージをしっかりと持つことができたため、迅速に進めることができました。
業界色が強いこともあり、なかなか理解をしてもらいにくいものもありましたが、細かく作成していただいたので、しっかりと伝えることができました。
ありがとうございました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く