ダンススクール・スタジオ : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ダンススクール・スタジオ

ダンススクール・スタジオ

ダンススクール・スタジオの事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

これから事業を始めるにあたり、開業資金・独立資金が必要事業資金を準備したい新規事業をスタートさせたい事業の多角化経営、事業転換したい起業家・経営者・担当者様向けに資金調達のアドバイスも含めた新規事業の事業計画書作成代行や、日本政策金融公庫・信用保証協会(銀行融資)からの借り入れとなる創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が支援します。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

またダンススクール・スタジオの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

ダンススクール・スタジオの事業計画書作成のポイント

まず最初にダンススクール・スタジオ事業計画書を作成するにあたり、開業計画書の4つの視点を考慮する事が重要となります。資金面では、開業時に必要な資金の考え方を抑えておきます。

大枠の事業計画書作成に必要な事を理解して事業計画書のポイントを考えます。

事業計画書の意味

ダンススクール・スタジオは、ヒップホップやジャズなどのダンス経験のある講師が複数の生徒に対して指導する形式をとるため、講師自身のこれまでの経験や実績、ダンススキルやレッスンスキルなど講師個人の要素がサービスの価値となります。

1.ダンススクール・スタジオ業界は

ダンススクール・スタジオは、以前より将来ダンサーを目指す子どもや、趣味としてダンスを楽しみたい社会人に向け、長年ダンスを学んできた講師や、プロダンサーとしての経験がある講師から直接指導を受けられる業態として知られていました。

そんな時代背景の中で、平成24年度からヒップホップダンスが中学校の必修科目になったこともあり、一部の子どもが習う習い事から急速に「ダンススクール・教室」の必要性が高まりました。

必須科目化による急速な需要の増加は一過性であったものの、ダンスによる体力・筋力の向上効果などの認知が広がったことにより、少子高齢化で健康志向が高まる時代背景と一致し、業界としても非常に需要が高まっています。

教室としては、一元客というよりも、インターネット、SNS、口コミ、紹介等を通じて「探してくる」顧客が多いため、路面店というよりも通勤の利便性が高い駅近のビルの一角でレッスンを行っている傾向が見受けられます。

2.ダンススクール・スタジオの課題を考えていく

ダンススクール・スタジオの課題としては、複数人を同じ時間内に指導するため、進捗にバラつきが出来てしまうため、生徒一人一人のケアが必要になることが挙げられます。

それぞれのレベルは違うものの、生徒全体が達成感と向上心を味わえるレッスン構成でなければ、教室に対しての満足度を感じられず継続を諦めてしまうと言った声も聞かれるようになりました。

そのため、ダンス教室の経営には、ダンサーとしての経験があるだけではなく、生徒にあったレッスン内容の構成や指導が行える講師を採用できるかが重要になります。

今後としてはいかに顧客となる生徒を継続して利用される仕組みを作れるかがポイントになると考えられます。

事業を展開する場所にもよりますが、単価設定が健康目的の体操教室などと比べても高い傾向にありますので、大半は本格的にダンスを学びたい子どもや社会人の男性・女性となります。

また口コミで教室の評判が広まりやすい事もあるため、レッスンメニューの差別化やダンスの知識・指導方法のスキルアップ、怪我の処置方法、コミュニケーションスキル向上が課題としても挙げられます。

そういった課題を整理していくと、創業動機となる起業の動機につながる事が良くあります。

3.ダンススクール・スタジオのお客様のニーズを考える

最初は、近隣住民へのポスティングやチラシの配布、ポスターの掲示や習い事情報誌・サイトへの掲載を通して集客を実践していく流れになります。

以前からある業態とはいえ、急速に認知度が高まっている事もありますので新しく生まれたニーズを的確にキャッチアップし、顧客の満足度を引き上げる事が重要となります。

また顧客によっては、本格的なプロを目指したレッスンはもちろん、趣味としての「楽しさ」を求める消費者ニーズも大きく存在しています。

事業立ち上げの商圏や年齢層に応じて求めるニーズも様々ありますので、事業を展開する前に消費者ニーズをしっかりと考える事が必要となります。

4.ダンススクール・スタジオの事業で深く考えてみるポイント

スタジオが確保できれば一通りの設備で開業できる事もあり、今後の新規参入の増加から差別化も大事な要素となります。

また一定の教室に満足を感じた顧客・生徒はであっても、進学や仕事の繁忙によって継続する可能性も低下する傾向となりますので、新規集客を見据えた事業展開は重要な要素となります。

ダンススクール・スタジオ市場自体は今後も拡大が予想されますので、ターゲット層の選定、新規顧客層をどのように集客していくのかなどのマーケティング計画は抑えておきたいものです。

顧客の需要動向としては、しっかりとした顧客ニーズを掴み、サービスを提供する事が出来れば、継続的な生徒となります。

繁忙期と言えば年明けや、新年度や9月頃など新生活に伴い新しい事を始めたい時期に生徒数が多くなる傾向があります。

また今後は新たなダンスの流行が生まれることや、運動学的知見も発表される事も想定され、更なるニーズの多様化も考えられます。

そのように顧客・生徒ニーズをどのように掴んでいくのかが考察するポイントにもなります。

5.ダンススクール・スタジオ事業を軌道に乗せるためには

教室の利便性が欠かせない要素になりますので立地条件を考慮する事が重要になります。

また競合比較となった場合の対策としても、WEB・SNSの活用も考慮しておきたい点です。

その他にも事業のターゲット層と競合からの回避、教室の内装・外装、設備等、教室のコンセプトを表現した雰囲気作り、ウェアなどの物販の考察、レッスンスキル、コミュニケーションスキルから売上、原価、その他経費まで含めた資金繰り計画を事前に作り込む必要があります。

ダンススクール・スタジオは事業を始めやすいがゆえに事業計画があいまいであったりすると、後発に追い抜かれてしまい兼ねませんので継続した計画を考察する事も重要な要素となります。

6.ダンススクール・スタジオでその他のポイント

ダンススクール・スタジオの起業や独立開業の場合は、開業動機・創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益がどれくらい残るのかを考えます。そして大枠が出来上がれば、資金計画としての開業資金を計画をして作成します。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が自己資金だけでは不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

また新規事業として始めるには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいな事業計画書の作成となってしまいます。

事業計画書は第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書の作成が必要です。

また事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面の根拠不足や定量面の根拠不足である事業計画書の多くの問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点を作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.ダンススクール・スタジオの業界傾向を把握する
2.ダンススクール・スタジオ業界の課題を理解しておく。
3.お客様のニーズを常に考える。
4.新規集客とターゲットニーズを理解する事も重要。
5.事業を軌道に乗せる計画を考える。
6.事業計画内容の根拠を整理する。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  事業計画書作成代行のサポート
  創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート
新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

事業の成功者が活用する「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための開業資金・創業資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

ダンススクール・スタジオの起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業、多角化経営、事業転換や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

契約書

業務委託契約書を始めとする各取引先との契約で注意すべき点を踏まえた契約書の作成代行も支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10 HULIC&New SHINBASHI 713
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く