保育所・保育園 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 保育所・保育園

保育所・保育園

保育所・保育園の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

事業を開始するに当たり、開業資金が必要事業資金を確保したい新規事業を始めたい多角化経営、事業転換したい起業家・経営者・担当者様向けに事業計画書作成代行・創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が行います。

融資審査をクリアできるまでの事業計画書、その事業計画書に即した面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行を支援しています。

認可外保育施設から認可保育園への移行に必要な事業計画書作成もサポート!
小規模保育事業認可申請に必要な事業計画書作成もサポート!

小規模保育事業認可申請の詳細はこちら

また保育所・保育園の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

保育所・保育園の事業計画書作成のポイント

保育所認可保育園(東京都は認証保育園)認可外保育施設に分類され認可保育園は国が定めた基準を満たし、都道府県知事に認可されている保育所となります。

また地方自治体が運営している保育所(公立)と社会福祉法人などが運営している保育所(私立)があります。

認可外保育施設は認可を受けていない保育施設の総称で託児所、ベビーホテル、病院や企業内などに設置される事業所内保育施設、東京都が独自に認定している「認証保育所」なども含まれます。

認可保育園の保育料は公立・私立を問わず市町村が定めた同一の基準に従って定められます。

ただし各保育料負担は保護者の収入と子供の年齢によって決まるため、同じ保育所に預けていても人に応じて違います。

また保育所・保育園は独自の会計基準があります。

国や地方公共団体からの補助金制度もあるため、財務面においても十分活用する事ができます。

最初に保育所・保育園の事業計画書・開業計画書の作成には4つの視点を踏まえて考える事が重要です。

資金面では、創業・開業資金の基本的な考え方から抑えておきます。

大枠の事業計画書作成に必要な事を理解して事業計画書のポイントを考えます。

事業計画書とは・・

創業融資を得るための保育所・保育園の事業計画書の書き方

1.保育所・保育園の動向を考える

動向としては、リーマンショック以降、収入が減少した家族共働きを余儀なくされ、それに伴い子供を預けざるを得なくなった母親が保育所を利用するケースが増加しています。

また女性の社会進出や共働き世帯の増加により保育の需要は拡大傾向にあります。

2.保育所・保育園業界の課題を考える

待機児童の問題が大きく取り出たされていますが、根本には少子化問題も存在しています。

双方とも行政の取り組みとしてもポイントになるものの、子育てをサポートする保育の充実より出生率も高まり、また待機児童の問題解消につながるため、保育所・保育園として何が出来るのかを考えていく事は求められるところでもあります。

創業融資を得るための保育所・保育園の事業計画書の書き方

3.保育所・保育園業界の顧客となる消費者ニーズを考える

次に保護者ニーズとしては、少子化の進展により幼児の減少傾向は明らかではありますが、保育の需要は拡大傾向です。

また硬直的な保育時間に対する不満から保育体制に対する柔軟な対応のニーズも高まっています。

「子供が病気の時も預かってほしい」「休日や祝日に預かってほしい」「保育所での子供の様子をもっと欲しえてほしい」などが挙げられます。

また待機児童の問題も挙げられ、保育所への入所ができない状況が女性の出産をためらう原因になっている場合もありますので対応が急務と叫ばれてもいます。

事業計画を作成するに当たっては、上記情報は一般的に広く知れ渡っているものの、その前提を考慮してどのような課題・ニーズに対してアプローチしていくのかを考える事が求められています

4.保育事業で考察が求められるポイント

保育所・保育園のビジネスプラン構築するに当たり、児童にとって適切で快適な環境が作られているか、安全、衛生管理は確保されているのかという視点は大前提で必要となります。

また保育士の確保はもちろんですが、経営者、保育士、スタッフ間とのコミュニケーション密に取れる仕組みも求められています

その他にも父母と子供が求める保育ニーズを積極的に応える環境・仕組みが重要となり、特に年代、時代の変化とともに保育に対するニーズ、付加サービスも変わるため考察が求められるポイントにもなります。

また法改正、規制緩和などの流れにも対応する必要があるため、常に将来を見据えた保育所・保育園の運営を行う事が重要な要素ともなり得ます。

創業融資を得るための保育所・保育園の事業計画書の書き方

5.保育所・保育園事業でその他の考えるべきポイント

保育所・保育園の起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備投資をする投資資金、開業準備の必要経費を含めた必要資金から開業資金を計画して、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を考えていきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。その点から必要資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考察します。

また最近では小規模保育事業とは 平成27年4月から始まった子ども・子育て支援新制度の中で、市町村の認可事業(地域型保育事業)の1つとして新たに作られています。

各市町村で認可基準に違いがありますが、大規模な保育事業が難しくても小規模保育事業を見据えて認可外保育施設からスタートする事業者も増加しています。

保育所・保育園では、認可基準等なども踏まえて計画する事が多岐に渡りますので事前に保育所・保育園業界に合わせた事業計画書を事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように臨機応変に対応できるようにしていきたいものです。

まとめ

1.保育所・保育園の動向を考える
2.保育所・保育園業界の課題を考える
3.保育所・保育園業界の顧客となる消費者ニーズを考える
4.保護者ニーズに対応できるかを考える事もポイントになる。
5.保育事業を軌道に乗せるためのポイントを考える。
6.開業・創業・起業するための事業計画に必要なものを総合的に考える。

当センターでは、上記の保育所・保育園の事業ポイントを踏まえて、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

認可外保育施設から認可保育園への移行に必要な事業計画書作成もサポート!
LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

保育所・保育園の設・新規事業・理事会向け事業方針説明の事業計画書

保育所・保育園の増設に当たっての理事会向け事業方針説明・事業計画書作成に対応させていただいています。

また異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。

特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
学生支援 100万 400万 創業融資
就活支援 100万 450万 創業融資
保育所 認可保育園 行政向け
保育所 小規模保育 行政向け
保育所 保育施設増設 理事会向け
事業計画書作成サポート内容と料金

創業融資で資金調達するための事業計画書、創業計画書の作成コンサル、面談対策、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

また事業展開に応じた営業許可の申請や会社設立など幅広くご対応しています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プランはこちら

無事認可外保育施設から認可保育園の認可を取ることができました!
(千葉県 保育園 女性)
認可保育園の移行に準備を進めていましたが、どうしても事業計画書を作成する時間が取れなかったことと、何から手を着けていいかがわかりませんでした。
ご指示いただいた情報に対して方針や取り組みなどを書き出していくうちにしっかりとした園の方針が整理されていたのには驚きでした!
無事、市からの認可が下りて、大変満足しています。
これからも先生のご協力をお願いしたいと思います。

保育園の事業計画書作成のお客様の声

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く