新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 新規事業 > 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考

これから新規事業を立ち上げる際に考えておきたい検討すべき事項が多岐に渡ってあります。
もちろん専門的な考え方も数多くありますが、小難しい事はある程度の骨子が出来上がった後でも十分に根拠を持たせる事は可能です。
隣接業種や異業種への新規参入としての新規事業を検討するにあたって、重要となるべき8つの項目を挙げていますので新規事業立上げ時にお役立て下さい。

新規事業プランの立ち上げ時に検討すべき8つの思考

新規事業の立ち上げ時に検討すべき8つの項目

新規事業で誰と何を立ち上げるのか
サービスをリリースするに当たって重要視したい点
提供サービスの価格設定で大きく変わる
新規事業を立ち上げる時の課題
新規事業にITを活用するメリット
新規事業を実施する上での業務提携・事業提携の重要性
新規事業の立ち上げに必要な許可・認可業種は?
頭の中のイメージや計画の期日を決定するための事業計画書

事業を推進するにあたり、どのフェーズ(これから初めて事業を始めるのか、すでに本業があって新規事業を立ち上げていくのか、または新たな柱を立てるために新規事業を立ち上げるのかなど)にあるかによって新規事業の立ち上げ方は変わってきます。

特に今すぐに立上げなければいけない理由がない限り、新規事業立上げの優先順位が後回しになってしまう傾向にありますが、上記8つの方向性の中で、形になっていくものが出来れば、自然と新規事業立上げまでのスピードも速くなります。

イメージや構想は常に持ちつつもアウトプットをしておく事でブラッシュアップにも磨きがかかります。

またアウトプットする上でも以下も参考となるかと思います。

事業計画書の主項目別の作り方・考え方はこちら

事業モデルや事業計画を考える時に主項目別に考えて行く事が必要になります。
事業計画の強み
集客方法
マーケティング計画

既に事業を始めて事業を推進している本業においてもビジネスチャンスはそう滅多にあるわけではないと思います。

新規事業においても同じ事が言える事からもビジネスチャンスが見え次第、是非良い事業となるように推進していただければと思います。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く