ダンススクール・スタジオ : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ダンススクール・スタジオ

ダンススクール・スタジオ

ダンススクール・スタジオの事業計画書や創業融資の創業計画書や補助金の申請を成功報酬なしで作成代行

ダンススクール・スタジオの創業融資の創業計画書や事業計画書の作成代行を専門家がサポート

ダンススクール・スタジオの事業を始める・会社を立ち上げるにあたり、スタジオ物件取得や内装などの開業資金や事業資金が必要で、創業融資による資金調達を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックの融資支援サービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービス、経済産業省管轄の小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請・採択を受けられたい方向けに補助金向け事業計画書の作成サービスで事業計画書の作成代行を実績豊富な専門家が支援しています。

ただ、事業計画書の書き方や創業計画書の作成ともなると難しいイメージがありますが、当センターでは、600以上の事業計画書のコンサルティング、金融機関の面談同席で培ってきたノウハウがあり、法人を経営している行政書士を始めとした専門家が対応し、金融機関から評価をいただいている創業計画書や事業計画書を支援させていただいているため、ご安心してご相談・ご依頼いただけます。

また、創業融資を受けるためには、創業計画書・事業計画書の作成と、その計画書を踏まえて金融機関と面談を行う必要があります。

その事からも、頭の中にあるイメージのアウトプットをお手伝いし、また特に苦手意識がある収支計画なども、当センターでお話を伺いしながら作成を代行させていただいていますので、ご依頼者様からも喜ばれています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

創業融資・事業計画書作成のメール無料相談また、以下にダンススクール・スタジオの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

1.ダンススクール・スタジオ業界の動向は

ダンススクール・スタジオは、ヒップホップやジャズなどのダンス経験のある講師が、複数の生徒に対して指導する形式をとるため、講師自身のこれまでの経験や実績、ダンススキルやレッスンスキルなど講師個人の要素がサービスの価値になる傾向にあります。

これまでのダンススクール業界は、将来ダンサーを目指す子ども、趣味としてダンスを楽しみたい社会人に向け、長年ダンスを学んできた講師、プロダンサーとしての経験がある講師から直接指導を受けられる業態として知られていました。

そんな時代背景の中で、平成24年度からヒップホップダンスが中学校の必修科目になったこともあり、一部の子どもが習う習い事から急速に「ダンススクール・教室」の必要性が高まりました。

必須科目化による急速な需要の増加は一過性であったものの、ダンスによる体力・筋力の向上効果などの認知が広がったことにより、少子高齢化で健康志向が高まる時代背景と一致し、業界としても非常に需要が高まっています。

スクールとしては、インターネット、Facebook、Instagram、口コミ、紹介等を通じて「探してくる」顧客が圧倒的に多いため、通勤や通学の利便性が高い駅近のビルの一角でレッスンを行っている傾向が見受けられ、中にはその特徴を強みとして事業を展開している事業者もあります。

2.ダンススクール・スタジオの課題はどこにあるのか

ダンススクール・スタジオの課題としては、複数人を同じ時間内に指導するため、進捗にバラつきが出来てしまうため、生徒一人一人のケアが必要になることが挙げられます。

それぞれのレベルは違うものの、生徒全体が達成感と向上心を味わえるレッスン構成でなければ、教室に対しての満足度を感じられず継続を諦めてしまうと言った声も聞かれるようになりました。

そのため、ダンス教室の経営には、ダンサーとしての経験があるだけではなく、生徒にあったレッスン内容の構成や指導が行える講師を採用できるかが重要になります。

事業を展開する場所にもよりますが、単価設定が健康目的の体操教室などと比べても高い傾向にありますので、大半は本格的にダンスを学びたい子どもや社会人の男性・女性となります。

また、口コミで教室の評判が広まりやすい事もあるため、レッスンメニューの差別化やダンスの知識・指導方法のスキルアップ、怪我の処置方法、コミュニケーションスキル向上が課題としても挙げられます。

3.ダンススクール・スタジオのお客様ニーズを整理する

ダンススクール・スタジオ業界は、ここ最近急速に認知度が高まっている傾向にあるため、それに伴い新しいニーズが生まれています。

その事から、今どのようなニーズがあるのかを的確に把握する事は重要であると言えます。

また、顧客によっては、本格的なプロを目指したレッスンはもちろん、趣味としての「楽しさ」を求める消費者ニーズも大きく存在しています。

事業立ち上げの商圏や年齢層に応じて求めるニーズも様々ありますので、事業を展開する前に消費者ニーズをしっかりと考える事が必要となります。

4.ダンススクール・スタジオの事業でより深堀して考えるポイント

スタジオが確保できれば一通りの設備で開業できる事もあり、今後の新規参入の増加からどのように差別化していくのかも大事な要素となります。

また、満足を感じている顧客・生徒であっても、進学や仕事の繁忙によって継続できない事もあります。

ダンススクール・スタジオ市場自体は、今後も拡大が予想されるため、どのようなターゲットを新規集客していくかを十分に検討する事が重要となります。

基本的には、近隣住民へのポスティング、チラシの配布、ポスターの掲示、習い事情報誌、WEBサイト掲載、Instagram、Facebookを通して集客を実践していく傾向にあります。

その他では、顧客の需要動向として、定期的に通うスタイルのビジネスモデルになる事から生徒ニーズに対して、一過性ではない継続したサービスをどのように提供するのかも検討材料となります。

繁忙期と言えば年明けや、新年度や9月頃など新生活に伴い新しい事を始めたい時期に生徒数が多くなる傾向があります。

今後は新たなダンスの流行が生まれることや、運動学的知見も発表される事も想定される事から、更なるニーズの多様化も視野に考察する事が重要となります。

5.ダンススクール・スタジオ事業を軌道に乗せるためには

スクールの立地の利便性が欠かせない要素であるため立地条件を考慮する事は重要です。

また、競合比較となった場合の対策としても、自社の強みをより多く発信するためのWEBサイトやSNSの活用も考慮すべきポイントです。

スクールの内装・外装、設備等、教室コンセプト、ウェアなどの物販の考察、レッスンスキル、コミュニケーションスキルの活用など、収益化に直結する要素を検討する事で、スピード感を持って事業を軌道に乗せる事につながります。

そして、生徒数が多くなれば自然と売上が増加します。

その事からも1人でも多くの生徒を定期的に通ってもらえる仕組みを取り入れる事も早期収益化につながります。

6.ダンススクール・スタジオでの資金計画の考え方

ダンススクール・スタジオの起業や独立開業する場合は、どのようなダンススクールのビジネスモデルにするかも検討が必要と言えます。

最近では、スタジオを持たないスタイルから事業を開始するパターンも多く見受けられます。

自身の事業展開をどのように考えるかで事業を始めるための必要資金も変わってきます。

基本的には、事業を始めるまでの必要資金=設備資金として、物件取得費用やスタジオ内装工事費用などを計画します。

また事業開始後に必要となる毎月の経費=運転資金として、特に赤字になっても事業を続けられる必要資金を収支計画書を作成して計画します。

そしてその合計資金が必要な事業資金となり、自己資金や資金調達で集めていく事になりますが、その必要資金をどの地点で着地させるかをよく検討する事で事業の始め方が決まってきます。

資金ありきで事業を始めると、本当にご自身がやりたかった事業展開が出来ない事は多くあります。

本当にやりたい、絶対できる事業プランを計画して、どこで資金の折り合いをつけていくのかをよく考えていく事が重要であると言えます。

その検討を繰り返す事で、資金計画として開業資金を計画する事が可能となります。

そして、その必要資金に対して、自己資金として準備できる資金では不足する場合、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討し、日本政策金融公庫の融資や銀行の融資を中心とした借り入れを考えます。

逆にこのような観点が不足していると、事業計画書の多くの問題点にあるような事業計画の書き方となってしまうため、事前の検討が必要であると言えます。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための事業計画書の作成代行支援を行っています。

まとめ

1.ダンススクール・スタジオの業界傾向を把握する
2.ダンススクール・スタジオ業界の課題を理解しておく。
3.お客様のニーズを常に考える。
4.新規集客とターゲットニーズを理解する事も重要。
5.事業を軌道に乗せる計画を考える。
6.資金計画をよく検討してみる。

>>次のページ
1000万円の創業融資の支援を成功報酬なしの一律料金でサポート

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

起業家・経営者様の事業計画書の作成をサポート

ダンススクール・スタジオの創業融資の創業計画書や事業計画書の作成代行を行政書士が支援

当センターの料金・価格表
創業融資・事業計画書サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 145,000円
※成功報酬なし
・事業計画書作成
・事業計画書ブラッシュアップ作成
145,000円
200,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
 事業の進捗管理・モニタリングサポート 100,000円/月~
当センターの住所・対応エリア
創業融資てづくり専門支援センター事務所
G1行政書士法人内
東京本社】
東京都千代田区丸の内1-1-1 パレスビル5階
【大阪支社】
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8 淀屋橋MIビル3階
対応エリア
G1行政書士法人の本社がある千代田区丸の内を中心に、東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県
大阪支社がある大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県
その他の地域では、名古屋・広島・福岡をはじめとして日本全国にも対応しています。
事業の成功者が活用している「創業融資」

ダンススクール・スタジオの創業融資サポート・融資支援・相談・依頼・コンサルティング

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

ダンススクール・スタジオの事業計画書の作成代行・相談・依頼・コンサルティング・サポート

小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請サポート

ダンススクール・スタジオの小規模事業者持続化補助金・IT導入補助金・ものづくり補助金の申請をサポート

LINEでの無料相談を行っています

ダンススクール・スタジオのLINEの無料相談(創業融資てづくり専門支援センター)

また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立・立ち上げもサポート

ダンススクール・スタジオの会社の設立・立ち上げ・営業許認可の申請代行

契約書

業務委託契約書を始めとする各取引先との契約で注意すべき点を踏まえた契約書の作成代行も支援しています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

創業融資・事業融資の資金調達セミナーを開催しています。日本政策金融公庫の担当者も登壇!

当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒100-0005
東京都千代田区丸の内1丁目1番1号
パレスビル5階

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く