通所介護・デイサービス : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 通所介護・デイサービス

通所介護・デイサービス

通所介護・デイサービスの事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

通所介護・デイサービスの事業を始めるにあたり、開業資金や事業資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

事業計画書作成代行のサポート

また、通所介護・デイサービスの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

通所介護・デイサービスの事業計画書作成のポイント

通所介護・デイサービスは、要介護状態になった場合にもその利用者が可能な限り、その居宅にて有する能力に応じて自立した日常生活の世話・機能訓練を行うものと言えます。

提供されるサービスでは、在宅サービスと呼ばれるものに該当し、通称デイサービスと呼ばれています。

通所介護・デイサービスを始めるには居宅サービス事業者としての指定を都道府県から受ける事が必要となります。この指定は事業所ごとに必要となります。

1.通所介護・デイサービス業界は

通所介護・デイサービスでは、時流もあり通所介護事業者は増加傾向にあります。

介護サービスの利用者が高まる中で従来型の施設サービス提供の限界が生じている事からも施設サービスから在宅サービスに移っている事が大きく影響されていると考えられます。

2.通所介護・デイサービスの課題を考えていく

通所介護・デイサービスの課題としては高齢化の進展に伴い、介護対象者は増加傾向にあります。介護期間も長期化している傾向にあり、介護需要は年々増加していますが核家族化や高齢化に伴う老々介護等によりいっそう厳しい状況であると言えます。

ですが介護の職場は3Kとも言われ、介護業界は慢性的な人手不足に陥っています。介護事業は職員がいなければ事業が成り立たない事からも職員の確保や定着は大きな課題となります。

また参入障壁の低い業態でもある事から今後の競争が激化する事も考えられます。

介護事業は一般法人も医療法人も参入可能なマーケットになる事からも今後はより良いサービスを提供できる法人がシェアを勝ち取れるとも言える状況です。

そういった課題を整理していくと、起業の動機につながる事が良くあります。

3.通所介護・デイサービスのお客様のニーズを考える

通所介護・デイサービスは比較的他のサービスへの代替性が高く、利用者による選択の幅が広いサービスとも言えます。

利用してもらうにはそれ相応の魅力が必要になる事からも介護職員のホスピタリティも含めた同業他社との差別化が魅力になり、口コミ効果による集客も重要なポイントになると考えられます。

商圏や年齢層に応じて求めるニーズは様々あるため、事業を展開する前に消費者ニーズをしっかりと考える事が必要となります。

4.通所介護・デイサービスの事業で深く考えてみるポイント

また建物やリハビリ等の機器、駐車場が事前に必要になりますので事業規模を明確にした設備計画や投資効果を十分検証しなければならない点にあります。

法定基準の範囲内であれば自宅や空き店舗、空き家の利用も可能になりますので資金負担を抑える方法としても検討する事も考えるべきポイントとなります。

5.通所介護・デイサービス事業を軌道に乗せるためには

通所介護・デイサービスは公定単価×時間が売上金のベースになりますので事業者の規模、利用者の介護度、サービス提供の時間ごとに単価が異なりますので事業計画書の単価設定はしっかりと考察する事が重要です。

またサービス基準で設備規模、人員配置等のコストが増減するため、事業所がどの位置づけで事業展開をしていくのかによって今後の軌道に乗せるスピード感も変わってきます。

地域での介護を必要としている対象者数と介護、他施設状況も含めて稼働率も事前に計画する事も求められます。

6.通所介護・デイサービスでのその他のポイント

事業の大枠の計画ができてくると、資金計画も検討します。

事業開始前、事業開始後の必要資金を事前に収支計画書として計画する事で、資金の観点からの事業リスクを軽減する事が可能となります。

その事からも事業開始前にどれぐらいの資金が必要になるのか、事業開始後にどれだけ資金を確保しておかなければいけないのかを事前に計画する事で事業の継続性を高める事につながります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.通所介護・デイサービス業界傾向を調べる
2.通所介護・デイサービス業界の課題を理解して何が出来るのかを考える。
3.お客様ニーズを明確に洗い出す。
4.新規集客手法は妥協せずによく検討する。
5.開業後、軌道に乗せるための取り組みを忘れない。
6.その他の重要なポイントを踏まえて根拠構築する。

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

通所介護・デイサービスの事業計画書の作成代行

通所介護・デイサービスの事業承継における株式譲渡や事業譲渡

通所介護・デイサービスの事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」など気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立や営業許可もサポート

通所介護・デイサービスの会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く