サッカースクール : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > サッカースクール

サッカースクール

サッカースクールの事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

サッカースクールの事業を始めるにあたり、開業資金事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

またサッカースクールの事業計画書作成ポイントを紹介しています。

サッカースクールの事業計画書作成のポイント

サッカースクールの事業計画書作成

1.サッカースクールの全体感

サッカースクールは、Jリーグ傘下地域のサッカースクール健康・スポーツ業界大手が運営するサッカー教室など様々なパターンがあります。

またサッカーのみを教えるものと他のスポーツ競技も合わせ複数のスポーツクラブとして運営するものなど多種多様です。

サッカースクールは、Jリーグの下部組織と地域に根ざしたクラブチームに大きく大別され、生徒がチーム加入を検討する場合、Jリーグ下部組織に入会する場合もありますが、友達の紹介近くにあるサッカークラブに入会する事も多くあります。

2.業界課題を見ていく

サッカースクール業界の課題としては、国内のサッカースクールはJリーグの百年構想による全国のスクール組織(Jリーグアカデミー)が基盤として確立されているほか、大手民間スポーツ業界では著名な元Jリーガーなどを講師陣に迎えるなど、その圧倒的なブランド力を背景に生徒募集を行うケースが主流であります。しかし一方ではその方針に合わない生徒もいるのも現状です。

また入会費や月謝に費用がかかる、サッカー用具も消耗品のため、練習を続けるのに費用がかかる、練習試合や遠征などで別途交通費などもかかるなど、親目線で見た場合のコスト負担が入会及び継続の足かせになる事も多くあります。

サッカースクールを事業として展開していくには地域の中小スクールとしてはこうした傾向に合わせてその課題を克服するような事が創業動機となる起業の動機ともなり得ますし、事業計画書を作成する事も重要なポイントにもなります。

サッカースクールの事業計画書作成

3.サッカースクールニーズを考える。

今後の展望として、日本代表の活躍等による女子サッカー人気の高まりがあります。

「競技」としてのサッカーに加えて、中高年の健康・ストレス解消ニーズとしての需要も見込めます。

ただし、現在の女子サッカーや中高年の場合は人数、グラウンド面積、試合球などはより身体負担度が少なく少人数で気軽に参加できる仕組みの取り組みも必要と考えられます。

このようにサービスを考えるに当たってターゲットのニーズに合わせたスクール、指導・サービス(仕組み)を考える事によって、スクール運営の幅が広がり、事業を安定させる要素にもなります。

4.考えてみるべきポイント

事業モデルの特性としては、サッカースクールの経営を行うためにはグラウンドが必要になります。このグランド確保が練習や練習試合の開催数を決定する大きな要因ともなります。

また雨天の場合の対応も考察が必要です。

自前のグラウンドを保有しているケースと年間契約で賃借しているケースなどに分かれますが、ほとんどは賃借しているケースが圧倒的に多くあります。

使用グランドは公共施設、小中学校のグラウンド、民間施設などに分類され、またサッカー専用グラウンドと他のスポーツ競技も可能な総合グランドに分かれます。

なおサッカースクールは放課後や夕方、夜間において開催される事が多いため、使用グラウンドはナイター照明設備が必須です。

練習場所などを転々とするスタイルになると、地域性がどうしても弱くなる傾向もありますので、なるべく一定地域内で行える場所を確保したいものです。

サッカースクールの事業計画書作成

5.軌道に乗せていくためには

サッカースクールのビジネスプランとしては、大手のスクールではきめ細かな指導が行き届かないインストラクターのレベルが高すぎて合わないなどに対応して、きめ細やかな指導、運営が出来るような事業を構築する事も必要な要素です。

グラウンドの確保(条件等含め)やスタッフの指導方針、フォローアップ、料金体系、保護者向けの説明会、試合、合宿などの対応も必要な事となり、計画をする必要性もあります。

サッカースクールを1人で始める場合や他のインストラクターに手伝ってもらう場合など、体制面では対応できる場合も多いですが、いざ事業となると生徒や会員の募集方法、経営、資金計画なども考察する事が重要ですし、事業計画書にも落とし込まないと、後手後手の対策となり、生徒や親に対しての不信感を招きかねません。

また親との関係性構築も生徒・会員の継続率や紹介・口コミでの広がりのキーポイントにもなります。

サッカースクールの運営方針以外にも事前に根拠と仮説がある計画を立てて、事業開始後も先手で対策を取る事が健全なるスクール運営でも重要な要素になります。

6.その他の考えるポイント

サッカースクールの事業の取り組みがある程度見えてくると、資金計画を考えます。

事業を始めるまでに必要になる資金と事業開始後に必要になる資金を事前に把握する事で、資金面からくる事業リスクを軽減する事につながります。

その事から、事業開始前、事業開始後にどれくらい資金が必要になるのかを十分に検討する事が大きなポイントとなります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.サッカースクールの全体感を知る。
2.業界課題に目を向ける。
3.サッカースクールニーズについて考えていく。
4.継続的に使用できる練習場所の確保を考える事はポイントになる。
5.軌道に乗せていく事は常に意識する。
6.事業計画全体的に必要なことを考える。

当センターでは、上記のポイントを踏まえた上で創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
学生支援 100万 400万 創業融資
パーソナルジム 120万 450万 創業融資
就活支援 100万 450万 創業融資
モデル支援 300万 950万 システム費
園児支援 出資者向け プレゼン資料
保育園 保育施設増設 理事会向け
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

IT導入補助金を活用したサッカースクールのホームページ制作

サッカースクールの補助金を活用したホームページ制作

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

サッカースクールの事業計画書の作成代行

サッカースクールの事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

サッカースクールの事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

サッカースクールの会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く