フットサル場 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > フットサル場

フットサル場

フットサル場の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

フットサル場の事業を始めるにあたり、事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

また、開業計画書を考える4つの視点や、以下にフットサル場の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

フットサル場の事業計画書作成のポイント

創業融資を得るためのフットサル場の事業計画書の書き方

1.フットサル場の動向を押さえる

フットサル場は、5人制の室内サッカーであり、サッカーの約1/9の広さのコートで激しい接触プレーもなく手軽に楽しめるスポーツとして競技人口が急増しています。

また屋内だけではなく、屋外やビルの屋上などにも建設されるパターンも多くあります。

形態別では屋外のフットサルコートの方が多い傾向にあります。

最近では一時のブームが沈静化しつつあり、またフットサル場の数も増加したため、これからは他との差別化が重要な要素と考えられます。

2.フットサル業界の課題とは

フットサル場業界の課題としては、サッカーとフットサルの関係は野球とソフトボールの関係に似ていて、フットサルがその親的存在のサッカーを上回れるのかという点です。

フットサルはサッカーの冬場トレーニングを起源とするスポーツではありますが、日本では冬においても高校サッカーや天皇杯など冬季に開催されていることからフットサルが代替機能を果たすとは考えにくいという考え方もあります。

フットサルは、その手軽さ、安全性という強みを十分に生かし、女性、小学生、中高年層などの間でサッカーを上回る人気となるよう期待するところでもあります。

最近では一時の建設ラッシュが沈静化してきており、屋外から屋内へ、新設から効果的な運営へ徐々に軸足をシフトしたフットサル場の建設・経営が求められるところでもあります。

事業計画書作成においても、業界の課題を整理する事でそれが起業の動機(創業動機)につながり強み(セールスポイント)を構築する事が可能となります。

創業融資を得るためのフットサル場の事業計画書の書き方

3.フットサル業界のニーズ

フットサル人口は日韓サッカーワールドカップ以降に急増しており、Fリーグ開幕以降も増加を続けています。

基本的には都市圏やFリーグの所在地に集中している一方で、以外にFリーグのチームがあっても施設数が少ない地域も存在しています。

またフットサルはサッカーと市場動向と密接な関係があります。

サッカーは体力的にハードなスポーツであり、基本的には40代以降のサッカー参加率は低下していきますが、逆に女性の参加率が比較的高い傾向でもあるため、潜在ニーズが隠れていることが想定されます。

またフットサルの場合は、屋内・屋外の両方で整備可能でもあることから寒冷地区でも事業を継続していくにあたって十分な可能性を秘めているとも考えられます。

4.考えてみるポイント

準備できる資金との関係もありますが、屋内型、屋外型、屋上型の設備環境を踏まえて、立地・ターゲットとする顧客層や、地元チーム(ジュニア、ジュニアユース、ユース、社会人、プロ)との関わりをどのように持つのかが重要となってきます。

とりわけ地元チームとの連動は収益の安定性を生み、また地元での知名度向上、ブランディングにも大きくつながります。

この事から、フットサル場の事業を構築していくに当たっては単にサービス面だけを考えれば良いだけでなく、予定地の近隣住民の状況や周辺環境の考察も重要になります。

想定外のところで事業の展開スピードが遅くなる事も有り得ますので、事前に事業計画を作成するには、あらゆる角度から事業を計画通り進められるようにアウトププット、計画が必要になります。

創業融資を得るためのフットサル場の事業計画書の書き方

5.事業の継続性

起業に当たっては、ターゲットの技術レベルに合わせた講師やその採用方法、企画の構成、少子高齢化はあるものの、サッカー人口は年々増加している事と、最近では女子サッカーの盛り上がりの影響もあり、今後益々市場としては広がって行くことは予想される為、ターゲットの設定を臨機応変に考察する事も重要です。

また利用する設備、駐車場の環境設備面、運営管理システム、チラシ、ポスターのリアル集客面やホームページやフェイスブック当のWEB集客面、各種メディアへの広報、口コミ等の活用など初期の段階から、事業を開始した後も安定的に集客していく仕組みを考える事も重要です。

特にこれからは差別化及び顧客ターゲットから選ばれる理由を明確化して強みとして訴求していく事がフットサル場経営で大きな重要なポイントになります。

サービス面、環境面、また顧客ターゲット層が快適に使用出来て、コミュニケーションの場所として活用されるようなフットサル経営が今後ともしても重要視されています。

また、フットサルをオープンに必要な資金計画も検討する事が重要となりますが、設備導入や事業の運転資金を事前に検討する事が重要であり、そこから資金計画として開業資金を計画する事となります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れするための事業計画書の作成代行支援を行っています。

その他では、新規事業の事業計画書の作成代行にも対応しています。

まとめ

1.フットサル場の動向を押さえる
2.フットサル業界の課題を意識する
3.顧客ニーズは重要
4.地域との関わりを考える事もポイントになる。
5.事業の継続性をイメージしていく

当センターでは、上記のポイントを踏まえた上で創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 事業計画書の意味
④ 起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは
⑤ 成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
④ 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

IT導入補助金を活用したフットサル場のホームページ制作

フットサル場の補助金を活用したホームページ制作

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

フットサル場の事業計画書の作成代行

フットサル場の事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

フットサル場の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立もサポート

フットサル場の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く