小売業界のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > 創業計画書 > 小売業界のビジネスプランと起業ポイント

小売業界のビジネスプランと起業ポイント

小売業界のビジネスプランと起業ポイント

アパレル・セレクトショップ

生花店とフラワーショップ

古着屋

ハンドメイド

ステンドグラス・ガラス工芸

ベビー服・子供服

メンズ服

インテリアショップ

紳士服

ジーンズショップ

シューズ・靴屋

毛皮・ファー専門店

婦人服・ブティック

テーラー・仕立て屋

呉服店

洋裁店・洋裁教室

アクセサリー店・パワーストーン

宝石店

アートフラワー

生地・手芸店

和装製品・小物

かばん屋・バック店

印鑑

健康食品・サプリメント

リサイクル・中古家具店

香りビジネス・アロマ

ペットフード・用品

昆虫繁殖の販売業

園芸店

並行輸入業

移動販売・移動スーパー

小売業界はこれまで店舗を構えるのが一般的でしたが、現在では無店舗販売(インターネット販売)として事業開始・展開するパターンも増加しています。ただ、業種によっては、店舗を構ている事で消費者からの信用が増す事にもつながるため、その場合は店舗取得費や内外装等、設備投資が大きくなる傾向にあります。

また商品販売するための仕入れが必ず発生する事からも、可能な限り、コストを抑えられる仕入れを実現したいものです。その他では、リピート性が高くなる消耗品に近い商品程、売上基盤が安定するとも言えます。

地域(競合店)、ターゲットに応じて提供商品の取扱いの幅、接客方法も柔軟に対応する事が求められる事からも、実店舗を持つ場合はどの地域・商圏で店舗をオープンさせるのか、またどのような方針で展開するのかを考察する事が重要な要素となります。

実店舗とインターネットを併用して展開する場合は、実店舗でしか購入できない商品、インターネットでしか購入できない商品などを織り交ぜる事で購入する動機を作り、相乗効果を図る事も可能です。

特に販売する商品の特徴・強みをどれだけ、お客様に理解していただくか、また伝える事が出来るのかを念頭に置き、リピート客と新規集客をバランス良く取り組む事が求められる傾向にあります。

その他にもいかにして仕入となる原価を抑える事ができるかどうか、収益性を高められるかによっても事業の安定化につながります。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く