住宅リフォーム : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > 住宅リフォーム

住宅リフォーム

住宅リフォーム業の事業計画作成代行と創業融資を専門家がサポート

事業を開始するに当たり、開業資金が必要事業資金を確保したい新規事業を始めたい起業家・経営者・担当者様向けに事業計画書作成代行・創業融資のフルサポートを創業融資の専門家が行います。

融資審査をクリアできるまでの事業計画書、その事業計画書に即した面談対策、新規事業を立ち上げる事業計画書・企画書の作成代行を支援しています。

事業計画書作成代行のサポートはこちら

また住宅リフォーム業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

住宅リフォーム業の事業計画書作成のポイント

住宅リフォームは通常、住宅の増改築や減築、改修等を指しますが、住宅リフォーム市場と呼ばれる場合の一般的な事業の範囲には、住宅機器(キッチン、風呂、トイレ)、インテリア製品(家具、カーペット)、エクステリア(バルコニー、テラス)の設置や販売などを含む場合が多くあります。

最初に住宅リフォームの事業計画書・開業計画書の作成には4つの視点を踏まえて考える事が重要です。

資金面では、創業・開業資金の基本的な考え方から抑えておきます。

大枠の事業計画書作成に必要な事を理解して事業計画書のポイントを考えます。

事業計画書とは・・

創業融資を得るためのリフォーム業の事業計画書作成

市場の需要動向としては、関東地域ではマンションのリフォームが多い傾向にあり、現状では住宅リフォーム市場は伸び悩みはあるものの、新築住宅と並んで、日本の内需拡大に貢献するものとして期待されています。

具体的には住宅ストックの充実と呼ばれるもので、世帯数を上回る住宅数があり、量的充足の時期から既存ストックの更新の時期に入っています。

プレハブ住宅の躯体耐用年数の長期化や性質上建替えが難しいマンションの増加等により、リフォームを必要とする住宅が増加しており、全体の住宅数の5割程が築後10年~30年を経過しています。

そのことからも今後において益々リフォーム需要は発生するとみられています。

また築年数の古い住宅に居住しているのは60歳前後以降の高齢者の割合も多く、団塊世代の定年退職後はバリアフリーのニーズからリフォーム需要は増加する事と予想されています。

業界の課題としては、増改築修理に適した設計・施工技術が未発達と言われており、入居者が居住したままで工事を行う必要がある事から、対象物件もまちまちで工法、部品、材料の標準化が進んでいないため、新築住宅と同程度の工事を行うのに比べて施工期間が長く、コストも高くつくケースがあります。

またリフォーム工事は大工、配管、電気、左官など必要とされる職能は多岐に渡りますがこれらを1度に手掛けられる多能工が不足している現状もあります。

また顧客との事前打ち合わせが不十分であり、設計と仕上がりの相違、契約書の不備や未締結から完成工事価格をめぐってのトラブルが起きるなど、苦情等が発生している事もあります。

このような業界の課題に対して解決できるようなサービスの提供は必要不可欠であり、また信頼に大きく貢献する事からも十分に事業計画書の作成において考慮していきたいところです。

創業融資を得るためのリフォーム業の事業計画書作成

住宅リフォームの業務内容としては、躯体工事として建物本体の増改築、減築があり、修理・営繕としてキッチン、風呂などの水回りの工事、内装の模様替えがあります。

また住宅機器、インテリア製品の販売・取付けとしてシステムキッチン、ユニットバス、家具、カーペット等の販売・取付工事があり、エクステリア関連としては、バルコニー、テラス、手すりなどの躯体付属物、フェンス、門柱などの販売・取付工事などがありますが、単なる施工や製品の販売だけではなく、企画、設計などのリフォームプランづくりから一貫して請け負うのが一般的となりますので、得意分野を踏まえた上で、どのようなサービスを提供していくのか、また組み合わせ等を行い、強みとして訴求していくのもポイントになります。

また最近では集客方法としてのインターネットの活用も大きな存在となっており、安定的な受注をとって行くためにも重要なポイントとなっています。

事業計画を考えるには、その他に営業エリア、対応エリアの計画や、競合状況、競争の優位性、顧客ニーズに対応できる人材の確保、企画提案力、技術力、コストパフォーマンスから売上、資金計画まで多岐に渡って計画する事も多くあります。

起業や独立開業の場合は、創業動機を考察する事、創業計画の作成の中ではポイントを押さえて事業モデルを構築する事や、初期の設備資金をする投資資金と、開業準備の必要経費を含めた費用を考えて、その後の運転資金では、売上計画、粗利、人件費比率の割合、営業利益などを含めた資金計画を踏まえて開業資金を計画していきます。また個人事業主では生活費の観点も計画します。

そして必要となる資金が不足している場合は開業資金の資金調達を考えます。

新規事業を始めるためには、イメージされている事業プランをアウトプットする事が必要です。

ですが、イメージのままであると、事業内容はある程度固まっていても、実際に事業を展開できるまでの詳細があいまいなままである事も多くあります。

また第三者に説明しても誰もが理解出来る事業計画書が必要となります。

事業計画書の定性面と定量面の根拠

事業計画書では取り組みなどの文章記載が中心となる「定性面」と、売上計画・資金計画の数字が中心となる「定量面」で構成します。

ただこの定性面での根拠不足と定量面の根拠不足の問題点があると、融資や出資などを受けられない事業計画となってしまう事が多くあります。
このような根拠が不足している点について作成者自身ではなかなか気づかない事が多くあります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように進めて行く事が重要となります。

当センターでは上記のポイントを踏まえた上で、創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れ、新規事業を始めていくための業計画書の作成の代行をサポートします。

一緒に読まれている記事ランキング

①  日本政策金融公庫の融資
  期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
  新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
④  新規事業の事業計画書の作成代行

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の内容
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

住宅リフォーム業の起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
内装工事 90万 250万 創業融資
店舗デザイン 150万 450万 創業融資
ガラス工事 300万 900万 新事業展開
設計事務所 移転物件シュミレーション オーナー説明資料
工務店 新規事業 役員説明資料
不動産 新規事業 プレゼン資料
LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また収支計画書のテンプレートをご希望の方も友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEでの無料相談はこちら

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可

住宅リフォームの営業許可を申請する場合は建設業法に基づき、都庁・県庁に許可の申請を行います。

営業許可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

当センター 代表 清田卓也がメディア誌の「近代中小企業2015年1月号」特集企画4ページに渡り執筆・掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く