ラーメン屋 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > ラーメン屋

ラーメン屋

ラーメン屋の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

ラーメン屋の事業を始めるにあたり、ラーメン店舗費用や設備などの開業資金事業資金が必要創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書を作成する創業融資フルパックのサービスでサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げ出資向け事業計画書を作成されたい方向けには事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行実績豊富な専門家がサポートしています。

また、開業計画書を考える4つの視点や以下にラーメン屋の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

ラーメン屋の事業計画書作成のポイント

創業融資を得るためのラーメン屋の事業計画書の書き方

1.ラーメン業界を知る

ラーメン屋は、いまや「日本の国民食」といわれるほどに、手ごろな値段で食べられる日常食のため、年齢・性別問わず、幅広い顧客に根強い人気があります。

比較的容易に開業もできるため新規参入が多い一方で廃業も多く、開業から2年以内に15%のラーメン店が廃業しているという現実もあります。

従来のラーメン店は勤労者や学生等の昼食を満たすための存在意義が強い傾向があります

2.ラーメン屋の課題は何なのかを知る

ラーメンの味はある程度スープを作る経験を重ねた職人であれば、真似のできるものであり、試行錯誤を重ねてオリジナリティーの高いラーメンを開発してもすぐに真似をされてオリジナリティーが薄れてしまう事が挙げられます。

また、人気店が新たなに出店してくるケース人気店で修行した職人が独立して出店してくるケース低価格のチェーン店が出店してくるケースなど、商圏争い・顧客の奪い合いと常に戦っていく必要がありますので、ラーメンの味だけではない、顧客ニーズに対応した店作り・サービス提供も求められます。

創業融資を得るためのラーメン屋の事業計画書の書き方

3.ラーメン屋のお客様ニーズを深く考えてみる

そんな時代の流れの中でも待たされてもそのラーメンを食べたいという消費者ニーズの多様化が生まれています。

ラーメン屋のビジネスプランとしては、まず長く愛されるためにどの層にターゲットを絞り込んでいくのかが最重要のテーマになります。

従来の顧客層のサラリーマン、学生をしっかりと捕まえるのか、女性層の拡大も想定するなどで、大きくコンセプトが変わってきます

またコンセプトに応じて店舗作りにも大きく関わってきます。

4.より考えてみるポイント

収益性、安全性、生産性、成長性の観点からもビジネスモデルを構築する必要もあります。

また味や風味が受け入れられ、「行列店舗」となってからでも次の一手をどのように展開していくのかという中長期の計画も同時に進めて行くことも重要になり、業界の傾向としては、人気店になってからは急スピードで拡大していく流れもあります。

また出店計画においても立地条件は十分に検討する事が必要です。

その商圏にある消費者はどのような人たちなのか、またその人たちはどのようなラーメンを求めているのかなど、場所によって違いが生じる事も十分ありますので検討が必要となります。

創業融資を得るためのラーメン屋の事業計画書の書き方

5.ラーメン屋を軌道に乗せていくために考える視点

また同業種の店舗中華料理店等の競合も十分に把握する必要があります。

競合の状況を知る事で直接的な対策とまた消費者の動向も知る事も可能となります。

起業のポイントとしては、ターゲットの顧客層にマッチした商品コンセプト、リピートされるような味付け、構成、そのターゲットに合わせた立地条件、店舗の広さ、席数、営業展開、ホームページやSNSの活用、従業員一人当たりの売上高、人件費割合、生産性や回転率等も計画する必要があります。

6.ラーメン屋開業でその他考えておくポイント

そして、ラーメン屋の方向性が固まってくると資金計画も検討します。

事業を開始するためにある程度の資金が必要になってくるため開業するための資金は計画できるものの、事業開始後の資金の見通しがあいまいな事も多くあり、そうなると、事業の継続性にも大きく影響してしまいます。

その事からも事業開始後に必要になる資金も十分に検討し、事業の継続性を高める事が重要なポイントになります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.ラーメン業界を把握する。
2.課題は何なのかを知る。
3.お客様ニーズを深く考えてみる。
4.立地と3年先の事業計画を考える事もポイントになる。
5.軌道に乗せていくために考える視点を持つ。
6.開業するために必要な事を考えてみる。

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 事業計画書の意味
④ 起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは
⑤ 成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
④ 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センター実績

当センターのサービスをご利用になられたクライアント様の実績の一例をご紹介しています。

業種 自己資金 融資額 目的
居酒屋 250万 750万 創業融資
イタリア料理店 300万  600万  創業融資
すし屋 1000万 3300万 店舗移転
設計事務所 移転物件シュミレーション オーナー説明資料
居酒屋 新規開業 両親・家族説明資料
飲食仕入 スタートアップ支援 プレゼン資料
当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
30,000円
(手直し後チェック含めて2回
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

ラーメン屋の事業計画書の作成代行

ラーメン屋の事業承継における株式譲渡や事業譲渡をサポート

ラーメン屋の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご相談に対応します。

「自己資金が少なくても融資はうけられる??」「業種経験が短くても融資はうけられる??」「どれくらいサポートしてくれる??」ど気になる事はLINEでも無料相談をご利用いただけます。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

会社設立や営業許可もサポート

ラーメン屋の会社設立・営業許認可の申請代行

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く