レンタカー業 : 業種別のビジネスプランと起業ポイント

ホーム > 業種別のビジネスプランと起業ポイント > レンタカー業

レンタカー業

レンタカー業の事業計画作成代行と開業資金の創業融資を専門家がサポート

レンタカー業の事業を始めるにあたり、物件取得費用や設備などの開業資金や事業資金が必要で創業融資を検討している方向けには日本政策金融公庫や、銀行融資(信用保証協会)向け創業計画書事業計画書作成代行する創業融資フルパックのサービス(成功報酬なしの基本料金のみ)でサポートさせていただき、これから新規事業の立ち上げや出資向け事業計画書を作成されたい方向けには、新規事業の事業計画書の作成代行として、事業計画書の作成サービスで事業計画書作成代行の実績豊富な専門家がサポートしています。

創業融資・事業計画書作成代行サポート料金

また、以下にレンタカー業の事業計画書作成ポイントを紹介しています。

レンタカー業の事業計画書作成のポイント

レンタカー業は、自動車賃貸業とされています。レンタカー会社が所有する自動車を顧客に有償で貸渡す業態になります。

1.レンタカー業界の動向を知る

サービスには時間貸し、リース、カーシェアリングがあります。

レンタカーは不特定多数の顧客に対して自動車を短時間貸し渡すのに対し、リースは1台の自動車を長期間にわたり特定の顧客に貸し出します。

またカーシェアリングはあらかじめ登録した会員だけにレンタカーより短時間(分・時間)の単位で貸し渡す業態になります。

レンタカー業界は、企業規模が大きい広域なレンタカー業者と地域で事業展開する保有台数の少ない中小レンタカー事業者が多く、二極化が進んだ業界となっています。

2.レンタカー業界の課題は

業界の課題としては、保有台数や営業拠点の少ない事業者は車両やサービスに独自性を出していく事が重要になります。

また地域・季節による需要の変動要素が大きく、季節的な稼働率の変化の考慮・対策をする事も重要になります。

年間を通した資金繰り計画が必要になります。

3.レンタカー業界の顧客ニーズを考える

レンタカー利用の主な消費者ニーズとしては、旅行先・出張先で自動車が必要である、他の交通機関より便利・経済的、所有車両とは別の車を利用したい、代車が必要などが挙げられます。

乗用車部門では、環境志向の高まりを受け電気自動車、ハイブリッド車や低燃費者などへのニーズが高まっています。

また高齢社会を迎えるに当たって、バリアフリー時代を迎え、福祉車両のニーズは確実に高まっています。

カーシェアリングでは、特に都心を中心に、若い夫婦世帯を中心にマイカーを持たずしても、買物やちょっとした遠出ができる事と、車の維持コストより大きく抑えて利用できる事もあり、非常にニーズが高まっています。

4.レンタカー業で考えることは

現状では福祉車両の稼働率は低いとされていますが、導入業者は着実に増えている事もあり、他の関連サービスと紐づけて稼働率を向上する事ができれば、他社との差別化にもなりますので、サービスをリリースするに当たって重要視したい点を考慮し、サービスを設計していきます。

また、ガソリンスタンド事業者、自動車整備業、自動車販売業からレンタカー事業を始められるパターンもあります。

現在は、カーシェアリングの事業が拡大していますが、独自の展開では十分にシェアをとる事は可能です。

その事からも、事業を計画するにあたり、必ず、事業上の強み(セールスポイント)を明確にしておきます。

その他にもビジネス向けや個人向け等のコンセプトの決定、店舗の性格に合わせたアプローチ、設備面での対応、関連ビジネスとの融和性、相乗効果なども重要な事として挙げられます。

5.レンタカー業を軌道に乗せて行くことを考える

そしてエリア、地域によっては消費者ニーズも大きく異なる事から、十分考察して事業計画を立てる必要はあります。

見込んでいる顧客が全て会員になるわけではない事と地域のマーケティングを十分に行う事も重要な要素です。

また自家用自動車有償貸渡業許可(レンタカー営業許可)が必要になります。

6.レンタカー業のその他考察ポイント

レンタカー業の起業や独立開業の場合は、起業の動機(創業動機)を明確にしつつ、創業計画を作成する場合はポイントを押さえて事業モデルの構築を検討します。

そしてその後は、必要となる資金を計画する事が必要です。

資金の計画としては、起業のための開業資金として、事業を始めるまでの資金と、事業を開始してから必要となる資金を検討します。

その資金の内訳の大枠が出来上がれば、開業資金を計画するが可能となります。

また個人事業主では生活費も忘れずに計画する事が重要です。

そして必要となる資金が自己資金だけでは不足する事がわかった場合は、起業家の開業資金の資金調達パターンを検討する事となり、日本政策金融公庫や銀行などからの融資等を考える事になります。

計画する事が多岐に渡りますので事前に事業開始のスケジュールに応じて作成し、事業開始後の成功確度を上げられるように事業計画書の作成を進めて行く事が重要となります。

まとめ

1.レンタカー業界の動向を知る。
2.業界の課題を把握しておく。
3.顧客ニーズを考えてみる。
4.差別化、消費者ニーズを考える事もポイントになる。
5.軌道に乗せて行くことも計画していく。
6.事業計画書に必要な要素を把握しておく。

当センターでは、上記の事業計画書作成のポイントやアドバイスを踏まえて創業融資で独立開業資金や起業資金の資金調達や借り入れをするための事業計画書の作成の代行をサポートしています。

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 1000万円程の創業融資を受ける事は可能でしょうか?
④ 開業計画書を考える4つの視点
⑤ 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

当センターの料金表
創業融資サービス 料金 (税別)
 ご相談・打ち合わせ
(全般的なご質問)
無料(1時間)
創業融資フルパック 着手金 50,000円+月支援17,000円
※成功報酬なし
 事業計画書作成
(作成代行)
80,000円
補助金向け事業計画書作成 100,000円~
※成功報酬なし
事業計画書チェックコンサルパック
(起業家・経営者様向け)
2,000円
(事業計画書書き方アドバイス面談1時間)
事業計画書チェックアドバイスパック
(社内ベンチャー企業担当者様向け)
15,000円
(手直し後チェック含めて2回)
面談コンサルパック
(面談のチェック、アドバイス)
15,000円
(2回の面談対策)
創業・起業コンサルティング
(創業のご相談)
17,000円 (30日)
事業の成功者が活用している「創業融資」

レンタカー業の創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

レンタカー業の事業計画書の作成代行

事業推進のための後継者や事業承継における「事業承継融資」

レンタカー業の事業承継サポート

LINEでの無料相談を行っています

LINEによる創業融資の無料相談また、ご質問の他に収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

会社設立もサポート

レンタカー業の会社設立・営業許認可の申請代行

レンタカー業の営業許可の場合は道路運送法等に基づき、運輸局に許可の申請が必要です。

また中古車両を利用する場合は古物商の営業許可も必要になります。

営業許可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く