創業の資金調達の方法 : 事業計画書

ホーム > 事業計画書 > 創業の資金調達の方法

創業の資金調達の方法

開業時で必要な資金をある程度の計画が進んでいくと、事業に必要な資金から準備できる資金を差し引くと、不足分が自ずと見えてきます。

ですが不足しているからといって開業・起業を諦めるのではなく、ここで検討するポイントが創業での資金調達の方法です。

創業時の資金調達方法の主なもの

・親や親族等からの借入を検討する

・知り合いの会社社長からの借入を検討する

・親や親族から出資してもらう

・知り合いの会社社長に出資してもらう

・銀行からの借入を検討する

・日本政策金融公庫からの借入を検討する

・助成金・補助金を検討する

・ノンバンク系から借入を検討する

などが挙げられます。

また他の手法でも資金調達する方法はありますが、一般的には上記方法が主だったものになります。

もちろん、無理に借入や出資をしてもらわなければならないという事はありません。

自身の身の丈に合わせて、コツコツと貯金を増やす事や創業時の必要資金額を減らしたりなどを行っていく事も正しい考え方です。

ただ、ビジネスチャンスや起業後の成功は「タイミング」が重要でもあったりまします。

この「タイミング」を見据えた上で事前に計画を立てていれば問題はありませんが、そこまで計画して事業に必要な資金計画が出来ている事はそう多くもないのが現状です。

そのタイミングを逃がさないために行動する事も正しい事でもありますし、また自身の身の丈に合わせた計画も正しいとも言えます。

しかし、起業して成功している経営者の皆様を見ていると共通して、ある程度のリスクを踏まえて動ている方が多くいらっしゃいます。

消費者ニーズを的確に踏まえた上での事業内容・ビジネスモデルが伴っている場合が多くありますので、リスクは一旦置いておいて、ご自身の事業・ビジネスモデルの観点から考えて見る事が重要でもあると感じます。

また消費者ニーズを的確に捉えているからこそ、「タイミング」も見えてくる事もあります。

半年、1年後ではその市場には他が参入しているかもしれません。

必要資金に対して、絶対的に資金が不足しているから資金調達するパターンだけではなく、今のこのタイミングで起業すれば、市場を取り込む事ができて、先駆者メリットを享受できるからこそ、今できる行動を行って資金調達をするという方が圧倒的に多いのも事実であります。

リスクをしっかりと考えた上で適切な資金調達を考えてみて下さい。

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く