強み(セールスポイント) : 事業計画書

ホーム > 事業計画書 > 強み(セールスポイント)

強み(セールスポイント)

事業計画書を作成する上で、事業の強みとなるセールスポイントは欠かせない要素です。

そのセールスポイントは事業の継続にとってもポイントになる事も多くあるためです。

初めての事業計画書の作り方

セールスポイントはなぜ重要なのか

事業を作っていく上で、同じ業種であれば、基本的には似たようなビジネスモデルになります。

ただし、顧客からすると、特定のつながり(知り合いや取引先)がなければ、どれを選んでもあまり変わりはなく、結局顧客マターとなってしまい、こちら側から意図的に顧客に選んでもらう事が難しくなります。

そうなってしまうと、仮に上手くいかない場合があったりすると、「顧客に知ってもらえない」「他社の方が知名度や資本力があるからだ」と外部要因(他責)にする事となってしまい、本来セールスポイントを作れていなかった自身の事業モデルの改善になかなか目が向かなくなってしまい、いつまでたっても顧客から選ばれない状況が続いてしまいます。

中にはこういったセールスポイントを意識せずに事業モデルを作ってうまくいく場合もあります。

しかし、それは偶然であり、うまくいく事業モデルは必然的にセールスポイントが存在しています。

それほどセールスポイントは事業を成功させるための要素としても重要となります。

セールスポイントの作り方は

セールスポイントと言われれば一番最初にイメージするのは、その商品やサービスが他にはない、目新しいものを思い浮かべる事も多くありますが、セールスポイントはそれだけではありません。

例えば「激安!」と言うのも価格面で他の競合と比べて安く提供しているのであれば、他が出来ない事としてのセールスポイントになります。

また地域に根ざした店舗であれば、他の地域では行っていても、顧客がその地域でしか商品の購入やサービスの導入をしない前提であれば、その地域内限定のセールスポイントになります。

スーパーなどはこの地域に根ざした強みを押し出しているのでわかりやすい例になります。

以上からどのような顧客をターゲットに考えるのか、その顧客の商品の購入やサービス導入の経緯を見ていくとセールスポイントが作りやすくなります。

また他のセールスポイントの考え方としては、顧客が抱えている課題に対する商品やサービスの提供もあります。

顧客が抱えている課題と言うぐらいですので、顧客がその課題を満たされていない状況=他が提供していない事が言えます。

「いつもこれが不便だと思っていた。こういうのはないのかな?」という具合です。

セールスポイントを考えるに当たってはこのような発想から生まれてくる事も多くありますので、事業を作るに当たっては、この点はしっかりと押さえておいて下さい。

また並行して考える事として、セールスポイントをわかりやすくする事が挙げられます。

顧客に選んでもらうためにセールスポイントを作っているのに対して、こちら側が詳細まで説明しないと理解しづらいセールスポイントであると、顧客に気づかれないまま他社を選んでしまいます。

そのようにセールスポイントの大枠を考える事が出来れば、そのセールスポイントはどれくらいの顧客数や顧客層に受け入れられるのか、どのくらいの期間そのセールスポイントが持続できるのか、競合が現れても問題はないのか、問題があれば次の展開はどのように行っていくのか、などを考えて行くことになります。

事業モデルをどの視点から考えていくのかにもよりますが必ずこのセールスポイントは外さないようにして下さい。

>>次のページ
事業計画書の集客へのアプローチ

 

一緒に読まれている記事ランキング

日本政策金融公庫の融資
期待に応えるサポート内容と明瞭な料金プラン
事業計画の起業の動機
新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
⑤  新規事業の事業計画書の作成代行

よく読まれているまとめ記事

起業する前に知っておきたい21の知識
資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
業種別の創業融資・事業計画書作成代行の専門支援
最近よくある融資や事業計画書作成のご相談内容

事業の成功者が活用している「創業融資」

事業を始めるに当たっては、事業を立ち上げるための資金と事業を開始後の赤字から黒字にするまでの経費や生活費が必要になります。

事業を始めるための資金や黒字にするまでの資金があってこそ事業をより早く軌道に乗せる事が可能となります。

起業・開業時の創業融資

起業や創業期に創業者融資を受けるために事業計画書創業計画書の作成と担当者との面談が必要になります。

新規事業・社内向け事業方針説明の事業計画書

異業種からの新規参入となる新規事業や社内向けの説明・プレゼン資料向けの事業計画書の作成も対応しています。
特に異業種からの参入である新規事業の場合は不明な事も多くありますが経験豊富な事業計画書作成の専門家が対応します。

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

期間限定【特別レポート】「起業直後に成功している経営者の視点」をプレゼント中!ご希望の方は友だち登録から「特別レポート希望」でダウンロードが可能です。

LINEの無料相談

創業融資で資金調達するための事業計画書作成代行、創業計画書の作成コンサル、新規事業立ち上げの事業計画書・企画書作成代行の支援、その他必要な取り組みを行政書士税理士を始めとした融資専門家がサポートします。

男性起業家や女性起業家ならではのビジネスモデル作り、事業プラン、コンセプト設計、事業戦略、開業計画書までの起業支援や創業資金の考え方、わかりづらい起業融資の制度なども含めた創業支援・起業家支援も行っています。

お忙しい男性・女性起業家・経営者の皆様にご相談いただきやすいように平日日中、夜間、土日祝日も事前ご予約にてご面談、お打合せをさせていただいています。

会社設立

株式会社等の法人設立は資本金の決定、定款(電子定款対応)作成、登記等が必要です。

創業融資申請・新規事業に合わせた会社の立ち上げの流れや手続きの代行まで当センターではワンストップでご対応しています。

営業許可・認可

新規事業の営業許可はこれから立ち上げる事業内容に応じて許可・認可の申請が必要になる事もあります。

営業許可・認可申請の手続きの代行もご対応させていただいています。

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

経営革新等支援機関登録の女性税理士とのタイアップを実現!!

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

〒108-0014
東京都港区芝5-20-7 グランメゾン三田904
TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応
google map google mapで場所を確認

創業融資を受ける理由

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く