事業計画書の意味

事業計画書の意味

事業計画書とは、今後の事業プランを展開するための客観的な計画書となり、主に事業の定性面と定量面に分かれます。
事業の定性面においては、事業概要、商品・サービス概要、事業環境、事業戦略等で構成されます。
事業の定量面においては、売上計画や収支・財務計画などが挙げられます。
また新規事業を立ち上げる場合は、頭の中のイメージをアウトプットするためであったり、第三者に説明するための用途に用います。
客観的に見て、誰もがその事業計画の内容を理解できるものとして資料を作成します。

事業計画書を作成する意味は

事業計画書を作成する目的や理由は、自分自身が事業内容や売上・資金の推移を確認する事が大前提としてありますが、第三者に説明するものとして利用される事も多くあります。

第三者に説明する事として、

・融資を受けるために作成する
・事業の協力者や出資者に対して理解してもらうために作成する
・新規事業を進めるに当たって社内向けに作成する
・家族、親、知人などに事業内容を理解してもらうために作成する

などが挙げられます。

事業計画書はどのように作成するのか

事業計画書は、客観的に事業計画の内容が理解できる事とは別に、説明する相手に対して「これなら、事業の継続・発展が期待できる」事を理解できるものである必要があります。

第三者に説明する場合の目的は共通して「安心・信頼」がキーポイントになりますので、途中で事業が継続できないような内容であると、理解・納得をしてもらう事がやはり難しくなります。

そういった事業の継続・発展する可能性がある根拠を事業計画書にアウトプットする必要がありますので、事業モデル内容はもちろんのこと、必要になる情報等も事業計画書にアウトプットしていく事も重要となります。

これから事業計画書を作成していくには、大枠の事業モデルの内容だけではなく、「事業が継続・発展する可能性がある」根拠も併せて考えるように進めて下さい。

事業計画書に必要となる内容は

起業や開業時の融資を受けられる「日本政策金融公庫」が公開している事業計画書(創業計画書)のフォーマットがあります。

項目としては、

・創業の動機
・経営者の略歴
・過去の事業経験
取扱商品・サービス
・セールスポイント
・取引先・取引関係
・従業員
・借入の状況
・必要資金と調達方法(設備資金、運転資金、自己資金、借入内訳等)
・事業の見通し(創業当初、軌道に乗った後、売上高、原価、経費、利益、その計算された根拠等)

などの記載があります。

ただ上記のみですと「事業が継続・発展する可能性」を示す事は難しいですが、こちらの内容を最低限抑えた上で、他にも必要となる情報もアウトプットして事業計画書を作成します。

これから利用する目的に応じて事業計画書の内容を煮詰めていきながら事業計画書作成を進めて行く事が最も重要となります。

>>次のページ
創業融資の制度

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資・事業計画書作成代行サポート料金
③ 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
④ 新創業融資制度と新規開業資金は併用できるのでしょうか?
 開業時は日本政策金融公庫と銀行どちらが融資を受けやすいのでしょうか?

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

よく読まれている業種別の事業計画書の作成ポイント
美容院 エステ・ビューティサロン ネットショップ 整体院・矯正サロン
飲食店 自動車整備業 アパレル・セレクトショップ 建築設計事務所
パン屋・ベーカリーショップ フリースクール 生花店とフラワーショップ 職業・人材紹介業
不動産賃貸仲介業 コインランドリー業 ケーキ屋・洋菓子店 クイックマッサージ・リラクゼーション
建設業・工務店 ホームページ・WEB制作 不動産オーナー・アパート・マンション経営 ペットサロン
事業の成功者が活用している「創業融資」

創業融資サポート

新規事業・多角化経営・事業転換・社内向け事業方針説明の事業計画書

パーソナルトレーニングジムの事業計画書の作成代行

創業融資てづくり専門支援センターの専門家

事業計画書の作成代行は、起業家・経営者様と一緒になって作成することから、「パートナーとしての信頼」が必要だと強く感じており、有資格者の専門家として最低限の信用・信頼はあっても、「上から目線で偉そうにしている」「感じが悪い」などというご心配に対して、そのようなイメージを少しでも払拭いただけるように事業計画書作成代行・創業融資専門家の行政書士、税理士のご紹介をさせていただいています。

当センターの事業計画書・創業融資の専門家のご紹介

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く