事業計画書を作成する場合は、どこまで資料の準部が必要でしょうか?(東京都武蔵野市)

ホーム > 創業融資・開業資金調達の最新情報 > お客様の声 > 事業計画書を作成する場合は、どこまで資料の準部が必要でしょうか?(東京都武蔵野市)

事業計画書を作成する場合は、どこまで資料の準部が必要でしょうか?(東京都武蔵野市)

ご質問内容 事業計画書を作成する場合、資料が必要でしょうか?

よくご質問いただく内容ですが、事業計画書を作成する場合、その内容の基になるビジネスモデルやビジネスプランなどがわかるものがあって初めて、事業計画書が出来ていくものではありますが、事業計画書の作成を依頼する場合においてもその内容がわかる資料を作成しなければ、事業計画書の作成ができるのかどうかわからない事が多くあります。

特に初めて事業計画書を作成する場合は、どのように進めていけば良いか疑問に思う事も多くあります。

回答 資料がなくても、口頭でお伝えいただければ作成が可能です。

当然、事業計画の根幹となるビジネスモデルやビジネスプランがわかる資料があった方が、事業計画書の作成は進めやすくはなりますが、当センターでは、その資料を作成する手間暇についても軽減できるようにサポートさせていただいています。

特に、ビジネスモデルやビジネスプランが頭の中にある状態であれば、当センターのこれまでの経験やノウハウより、口頭でお伝えいただくだけでも事業計画書を作成する事は可能です。

ご質問内容 どのような内容を伝えれば事業計画書は作成できるのでしょうか?

口頭で良いと言われても、実際事業計画書を作成した事がない場合ですと、どのような内容を伝えれば良いのか見当がつかない事もよくあります。

特に、融資向けの事業計画書や、出資者向けの事業計画書ともなると、どの点から伝えれば良いのかイメージすらわからない事も多々発生します。

回答 事業計画書に必要なご質問は事前にお伝えさせていただきます。

いきなり、質問されても、そのイメージがなければ答える事も難しい事もよくあります。

そのため、事業計画書作成のご依頼後に、こちらから改めてお伺いする情報をお伝えさせていただいています。そのご対応をさせていただくだけでは、ほとんどの事業者様はお答えいただけるのでご安心下さい。

ご質問内容 事業プランの改善やブラッシュアップも対応いただけるのでしょうか?

事業者様自身が考えている事全てが正しく、また事業を推進できるものなのかどうのか判別がつかない場合も当然あります。

特に、初めてその分野で事業を展開する場合は、これまで実際に実施した事がない取り組みも多くあるかと思います。

ただ単に質問に答えるだけで、それが正しいものなのか、よりリアルに考えた場合に現実的な取り組みであるのかにおいても不安になる事も多々あります。

回答 お話を伺いながらブラッシュアップにも対応します。

当センターでは、これまでの経験を基に、同業界の事業者様、類似業界の事業者様の例や取り組みを踏まえて、疑問に感じる点などは、再度検討いただいたり、考え直していただいりする事で、よりリアルで現実的な事業計画へとブラッシュアップしていただく事が可能です。

また、事業全体の矛盾点や、つじつまが合わない点なども一緒になって考えていくため、より精度の高い事業計画につなげていただく事も多くあります。

その事から、皆様の事業がより素晴らしい形で展開いただけるようにサポートをさせていただいています。

>>次のページ
収支計画書の作成だけでも依頼は可能でしょうか?

一緒に読まれている記事ランキング

① 日本政策金融公庫の融資
② 創業融資支援の成功報酬はないのでしょうか?
③ 事業計画書の意味
④ 起業の資金調達をする時に今考える選択肢とは
⑤ 成功確率を引き上げる消費者ニーズの考え方

よく読まれているおすすめのまとめ記事

① 起業する前に知っておきたい21の知識
② 新規事業を成功へと導く立ち上げ時に検討すべき8つの思考
③ 資金調達を計画する時に知っておきたい考え方
④ 事業計画作成において把握しておきたい必要ポイント
⑤ 業界別の創業融資や事業計画書作成のサポート

LINEでの無料相談を行っています

いつでもどこでも簡単にご質問・ご相談ができます!

「融資を受けるには保証人が必要??」「自己資金はどれくらい必要??」「いくらぐらいの融資が受けられる??」ど気になる事はLINEの無料相談をご利用下さい。

また、収支計画書の雛形・テンプレートをご希望の方は友だち登録からダウンロードが可能です。

LINEを使ってご質問やご相談をしていただく方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

0120-3981-52

偉大なる事業の現実化を、事業拡大に効率を。

起業家・経営者のためのレポート通信

起業家・経営者のためのレポート通信 当センター 代表 清田卓也が中小企業経営者向け新聞「日刊ケイザイ」に掲載されました。 拡大して見る
お問い合わせはこちら

東京本社
〒105-0004
東京都港区新橋2-11-10
HULIC&New SHINBASHI 713

大阪支社
〒541-0046
大阪府大阪市中央区平野町3-2-8
淀屋橋MIビル3階

TEL / 0120-3981-52
FAX / 03-4333-7567
営業時間 月~土 9:00~20:00
メール問い合わせ 24時間対応

創業融資てづくり専門支援センターの事務所概要 ABOUT OFFICE
清田卓也

創業融資てづくり専門支援センター長の行政書士清田卓也でございます。 当センターは親切、丁寧、誠実さをモットーに運営しております。 事業計画書の作り方から創業融資まで、起業家・経営者様のほんのちょっとした疑問にもご対応させていただいております。 お気軽にご連絡下さい。

挨拶を音声で聞く